「トライアングル」 最終回 決着「大阪ハムレット」 第3巻 森下裕美 著

2009年03月20日

「ありふれた奇跡」 第11回 (最終回)

 まぁ、それぞれうまいぐあいに落ち着いたってことですかね・・・

 加奈(仲間由紀恵)と翔太(加瀬亮)に赤ん坊を預けた若い母親は戻って来なかった。
置いていったバッグには名前も書いてないし、書置きもなし。
あせり始める翔太と対照的に、赤ちゃんに夢中になり嬉しそうな加奈・・
 んで、協力して、ミルクを作ったり育児書を買ってきて読みながら、
一生懸命に赤ちゃんの世話をする二人。
つかの間、パパとママの時間を過ごすのでした。

 警察に届けようとしない加奈を案じて、翔太が藤本(陣内孝則)を呼んだら、
権藤(塩見三省)もついてきちゃいました。
「どんだ目に合ったね。そういう人に赤ちゃんを預けるとは神様も困ったもんだ」と同情目線の権藤と藤本。
 でも、加奈にとっては幸せな時間だったようです。

 そこに赤ちゃんの母親が戻って来ました。
「良かった、絶対あなたは帰ってくるって思ったの」加奈
「一人じゃどうしようもなくて・・・すいませんでした・・」母親
一度は子供を捨てたと、自分を責める母親に「一緒に考えよう。いくらでも道はあるよ」と協力を申し出る権藤と藤本なのでした。

 2人になって、ずっと付き合ってくれた翔太に感謝する加奈。
「いいママだったよ・・」翔太
「終わり。いいパパとママ、終わり」加奈

 ここはちょっと難しいかもしれないですね・・・
子供が欲しくても得られない女性が偶然赤ちゃんのぬくもりと愛らしさに触れて、
幸せを感じるけど、赤ちゃんは母親の元へと帰っていく。
 ここでさらに子供への渇望がエスカレートする場合もあるかもしれない。
でも、加奈はこの一瞬の出会いを神様の贈りものだと感謝して、子供のいない人生を受け入れる事ができた。
つかの間でも、翔太と一緒に親になることができた。
 もういいや・・って思えたのかもしれませんね。

 で、やっとホテルへと向かった二人でしたが、疲れきって眠りこける加奈を
見守り、ソファで眠る翔太なのでした。

 いや〜この2人らしいっていうか・・
ちょっと翔太のシャワーシーンにはドキッとして、見てはいけないものを見たような
気になりましたが・・・( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
 
 一緒に朝日を見つめる二人。
赤ちゃんを預けられた自分は無力だったとつぶやく加奈に
「すぐに警察に届けずに本気であの坊やを大切にした。
無力じゃなかった。俺達無力じゃなかった」と、涙ぐむ加奈を抱きしめる翔太なのでした。

 ┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ
なんか、この事件で2人の絆は深まったようで・・・ここから結婚の意志が固まったってことで・・
 あんなに翔太との結婚に反対して冷たい態度取っていた朋也(岸部一徳)と
桂(戸田恵子)がよく許したな〜って気もするけど・・(´・∀・`) ヘー
ここはひとつ脳内で、「私は翔太さん意外とは絶対に結婚しない!」って家族に宣言した場面を作って、繋いで・・・と・・( ・3・)〜♪

 ちょっと何しに行ったんだかよくわからんけど、律子(キムラ緑子)の元を訪ねる桂・・・
結婚話が具体化してきたから、事前に母親を探りに来たのか?
 桂のきどった仮面をはがそうと、千原せいじのようにズケズケと桂の懐に入り込む律子。
 ん〜〜ちょっとここの場面は芝居がかってたかな〜(ll∀)
まぁ、律子のキャラは独特だからアレだけど、そんなに簡単に女同士って腹割れないと思うよ〜

 そして、父親2人も甘み処で作戦会議。
翔太と加奈の意志は固く、もう邪魔する事もできないようです。
もともと、秘密を共有するほど嗜好も一致する二人、この状況を喜ぶべき事態と捉えることにしたようです。

 んで、「家族に女装のことがバレたらアタフタしない。何を言われても開き直りましょう!」
さらに「女装は隠し事だから楽しい!隠し通しましょう」って事にまとまりました。
「これぐらいの事なきゃ〜人性つまらない!」

 ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
それもまたよし!
 さぁ・・あとは四郎じいちゃん(井川比佐志)だ。

 中断していた仕事の再開が決まり、田崎家も活気が戻りつつあります。
そこに神戸さんが(松重豊)ある提案を・・・

 北海道にいた妻の父親が亡くなったので、家族を東京に呼び1年通して雇って欲しい。
さらに、重夫(風間杜夫)が出て行った部屋に家族で間借りさせて欲しいと頼んだのよ〜
 でも、職人からいきなり家族になりそうな雰囲気に戸惑う四郎は
「この家はアンタのものになっちまう。
(一緒に暮らすうちに)俺を疎ましく思うようになる。
人間ってのはそういうもんだ」と、きっぱり断っちゃったョ・・

 で、四郎が神戸を傷つけたことを知った翔太はついにキレちゃった!( ´゚Д゚`)
「どうしてそう用心するんだ?!」
「人間は怖いからだ」四郎
「神戸さんは他人じゃないだろ?!
用心するから向こうも用心するんだろ?
こっちが信じたからむこうも信じたってことないのかよ?!
用心のしすぎだよ。それじゃずっと一人だ。
誰かに心を開くってことないじゃないか。
神戸さんに謝れよ!ありがとうって言ってこいよ!
何怖がってんだよ!やってみりゃーいいじゃないか!!」

 オオ!!!w(*゜д゜*)w すごいぞ翔太・・・男になったね〜
そんな翔太の変貌ぶりに、四郎じいちゃんも色々考えさせられたようです。
 中城家、田崎家全員(律子は抜き)に集合をかけ、自分の意志を伝えましたわ〜
翔太から言われた言葉が胸に響いたそうな・・・

 「引きこもりの翔太が堂々と胸を張ってね・・・嬉しかった。
それはお嬢さんに会ったせいだ。
いいお嬢さんなんだって手を合わせたかった。ありがとう!」

 結婚の許可がでたようです・・・(*´∇`*;△,
さらに、戦災孤児だった自分の生い立ちを語り「どん底の子供だったから人間が信じられなかった」と話す四郎。
「でも、それはどん底の常識でね、今はどん底じゃない。
どん底じゃない時代にどん底の常識で生きちゃいけないよね。
強気の翔太を見て、用心なんてつまらない、人を好きになれば乗り越えられるんだ・・
用心なんかするな、心配のタネなんて数えるなと言いたい、乗り越えられると」

 これは今の山田太一先生からのメッセージでしょうか〜?
未来に不安を持つあまり、今を無為に過ごしていないか・・今を大切に生きて欲しいってことかな?

 見終わった後に感じたのは身の丈に合った幸せを大切にしてほしいって思いかな・・
子供がもてないということで、いわゆる一般的な「普通の家庭」とは違った道を歩くことになった加奈と翔太ですが、幸せはマニュアルで図れるものではなくて
一人一人、その人に合ったものがあるはず。
 人間は欠けのない「完璧な幸せ」を望みがちで、次々と欲望がわきあがるものかもしれないけど、それを追っている間は、心の平安は訪れないのかも・・・

 さて、藤本さんも「張り合い」を見つけたようで、すっかり立直りました。
「父と娘と孫」とかって言ってたけど・・・
若い妻と息子なんじゃ・・・(´∀`;)はは・・・

 四郎じいちゃんは神戸さん一家と同居することにしたようで、新しい生活がスタート。
 そして、美しく着飾って堂々と街中を歩くシルヴァーナさんと忍さん・・
自信を持ってわが道を行くことにしたようですね〜

 すごく楽しみなドラマって訳じゃなかったけど、わりかし好きなドラマだったかも・・
短くて繰り返しの多い会話には最後までちょっと引っかかってたけど・・・(~д~*;)
今期途中リタイアするドラマも結構合った中、見続けられたのはやっぱり昭和の香りのおかげか・・?
最近珍しくなった(描きづらくなった?)「ホームドラマ」というものを
どんなふうに山田先生が描いてくれるのかにも興味もありました。
 現代にしっくりこない部分もありましたが、それぞれの家族の会話には楽しませてもらいました。
加瀬亮さんに出会えたのも大きな収穫でしたわ〜
言っちゃなんだが、こんないろんな意味で難しい脚本の中で一番自然に存在していたように思います。
 すごい人だったのね・・・次回の作品が楽しみです(o^∇^o)

 見ていた冬の蓮ドラはこれで終わり・・・
終わってみると少なかったなぁ・・・・
ブログランキング
 加瀬さんの悪役も見てみたいわ〜という方、ポチッとな〜♪(* ̄ー ̄)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ありふれた奇跡 最終話  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2009年03月20日 15:04
最終回というのに序盤は何か コントのような展開を見せてくれましたが 終盤からはキッチリ立て直してきました。
2. ありふれた奇跡  [ Akira's VOICE ]   2009年03月20日 16:10
最終回の感想 
3. ありふれた奇跡 第11回(最終回) 家族  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年03月20日 16:20
内容知らない女性・美代(末永遥)に子供を強引に預けられた、加奈(仲間由紀恵)と翔太(加瀬亮)しばらく経ってトイレに行くが、女性はいない。警察に届けようという翔太帰ってくるような気がするという加奈。ふたりは、何とか世話を続けるが、、、やがて、藤本(陣内孝...
4. ありふれた奇跡 最終話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2009年03月20日 16:36
加奈(仲間由紀恵)と翔太(加瀬亮)は、見知らぬ女性から赤ちゃんを預かった。 5分で戻ると言ってトイレに行った女性だが、2時間経っても戻って来ない。 警察に届けようと提案する翔太だが、加奈は赤ちゃんを手放そうとしない。 翔太は加奈に内緒で、藤本(陣内孝則)と...
5. 「ありふれた奇跡」(最終回)感想じゃない  [ ◆笑ったメモ〜実録マンガの素〜 ]   2009年03月20日 16:37
今期ドラマについてテキトーに語る 「ありふれた奇跡」 山田洋二監督作品だから見たいと母が言い出し、見始めたんですが、仲間由紀恵の学...
6. ありふれた奇跡 11  [ しなもにあ ]   2009年03月20日 17:33
ほほぉ・・・なるほど・・・っていうか ふーん・・・終わってしまえばあっけないまぁ 連ドラってそういうものね誰かがどこかで言ってたけどこれって11話かけて男女がホテルに行く話????んーまぁ よかったよなんかみんな急にいい人になっちゃったっぽいけどおじい...
7. 《ありふれた奇跡》★最終話  [ まぁ、お茶でも ]   2009年03月20日 18:13
「5分この子を抱いてててもらえませんか?」若い女の頼みを聞いて、やわらかく、暖かくどっしり年っその物体をそっと確かめるように抱きしめる加奈。しかし、翔太は、赤ん坊預かって、20分も戻ってこない母親に、翔太は、あわてて、いらついていた。 泣く赤ちゃんに、右...
8. ありふれた奇跡vol.11-最終話-  [ ita-windの風速計 ]   2009年03月20日 18:42
■ありふれた奇跡脚本/山田太一演出/田島大輔、谷村政樹http://wwwz.fujitv.co.jp/arifureta-kiseki/index.html第11話--------------------------------------------------------5分間トイレに行くまでの間赤ちゃんを預かっていて欲しい。そう告げられ戸惑ったモノの預...
9. ありふれた奇跡 #11  [ たっくんママのひとりごと ]   2009年03月20日 20:02
奇跡がなかったような気がするのは気のせいですかー・・・[E:coldsweats01] まぁ、丸く収まったといえば、そうなのですが。 それにしても、赤ちゃんを押し付けられた加奈と翔太の奮闘ぶりは、微笑ましいものがありましたわ。 幸せそうな加奈の顔がなんともいえず・・・。 結...
10. ありふれた奇跡 最終話  [ 平成エンタメ研究所 ]   2009年03月20日 21:21
 「私はひとりではない」  ラストの藤本(陣内孝則)のせりふ。  これがこの作品のすべてを物語っていますね。  描かれていたのは真っ正面から自分や他人に向き合えない人達。  加奈(仲間由紀恵)と翔太(加瀬亮)はそれぞれのコンプレックスから自信がなく他人と向き...
11. 「ありふれた奇跡」 最終回  [ キウイの秘密の話 ]   2009年03月20日 23:59
ドラマ「ありふれた奇跡」最終回。赤ちゃんをあずかってほしいと言われた加奈(仲間由紀恵)は、何時間経っても戻って来ない母親を心配するわけでもなく・・・ただただ可愛い赤ちゃんに夢中。あの時の加奈は、このまま母親が戻って来なくても良いって思っていたのかも。結...
12. 『ありふれた奇跡』最終回  [ 悠雅的生活 ]   2009年03月21日 09:52
今夜限りの翔太は・・・
13. ありふれた奇跡 第十一話 最終回  [ 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 ]   2009年03月21日 14:19
2 見知らぬ若い女性から赤ん坊を預かった中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)。5分で戻ると言ったその女性は、20分経っても戻ってこなかった。トイレに女性を探しに行くも女性の姿はなく、その後も慣れないながらもミルクをあげたり、おしめを換えたりと、買いに走った育児...
14. ありふれた奇跡 最終回  [ のほほん便り ]   2009年03月22日 11:31
山田太一ドラマらしい、さわやかなハッピーエンド。ディテールに味わいと余韻、ユーモア ストーリー中盤。悩める加奈(仲間由紀恵)が翔太(加瀬亮)に投げかけた台詞じゃないけれど「ゆっくり分かって欲しい」な心を感じました。 思いがけず、預けられた赤ん坊。短い...
15. 「ありふれた奇跡」最終回☆☆☆☆  [ ドラマでポン! ]   2009年03月23日 01:28
「俺は1人じゃない!」この藤本さんの台詞で、不覚にもブワッと泣いてしまいました(><)彼は家族をまた手に入れたんですね!何も男女の関係でなくていい、”縁”があって、成長を喜んでいい子供がそこにいることの幸せよ。そうでした、元々彼の自殺で始まった話であっ...
16. ありふれた奇跡 第11話(最終回)  [ エリのささやき ]   2009年03月23日 08:26
奇跡はじいちゃんに舞い降りたようです。
17. 「ありふれた奇跡」 最終話  [ ドラマ de りんりん ]   2009年03月25日 20:29
5分で戻ると言って赤ちゃんを預けて行ったお母さん(末永遥さん)…やっぱり、そのまま何処かへ行ってしまったらしく、翔太が一生懸命探すギ..
18. ありふれた奇跡  [ 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) ]   2009年03月29日 23:44
 山田太一脚本のドラマということで、見ることにしてみたのだが、最初のうちは若者2人の話し方に違和感があったりして、面白くなく、挫折しそうに…。  でも、そこを通り越してくると、だんだん面白くなって来て、そのまま最後まで見た…。  自殺しようとしていた藤...
19. 『ありふれた奇跡』 最終回  [ 『映画な日々』 cinema-days ]   2009年04月05日 03:14
第11回(最終回)が終わった。 年間自殺者が3万人を超える 日本の現代社会に向って 山田太一は”人を好きになる”事で 乗り越えられると訴え...

この記事へのコメント

1. Posted by ikasama4   2009年03月20日 15:04
母親が子供を置き去りにしてしまった事に
普通ならば翔太のように警察に任せてしまうかもしれません。

でも、加奈はそれをしなかったのは
母親が戻ってくると信じていたから。

そして本当に母親が戻ってきた時
翔太は奇跡を見たような気分だったんでしょうね。

だから翔太は変わり、その変化を
四郎は喜んだという感じなんでしょうねぇ。

>ここはひとつ脳内で、「私は翔太さん意外とは絶対に結婚しない!」って家族に宣言した場面を作って、繋いで・・・と・・( ・3・)〜♪
私も脳内でその情報を補完しました ̄▽ ̄


今回、翔太を演じる加瀬さんを見てて
ふと雰囲気が北村有起哉さんにも似てるなと思いました。

最近のドラマは若手メインというのが多い中
井川比佐志さんとか年配の方々が活躍する姿が重く響く
連ドラというのもいいですね。

特に井川比佐志さんが最近出てた役は
すぐ死んでしまう展開が多かったので(笑)

ともあれ、静かだけれども
ゆっくりと少しずつ心に響くいい作品でした ̄▽ ̄
2. Posted by mari   2009年03月20日 17:56
このドラマは、主役の二人は、前置きが長くて、ちょっと苦手でした。
でも、昔気質のじいちゃんの、ごり押しと、女装癖のアル父親たちが、なんとも楽しみで見ていました。
3. Posted by きこり→ikasama4さん   2009年03月21日 00:04
>そして本当に母親が戻ってきた時
翔太は奇跡を見たような気分だったんでしょうね。
最初に見た時には加奈って、ちょっと病んでるみたいなところがありましたが、翔太との出会いによって自分を取り戻したのかもしれませんね。
こんなふうにちゃんと人を信じることができる加奈の姿に翔太は惚れ直したんじゃないでしょうか。
>井川比佐志さんとか年配の方々が活躍する姿が重く響く
連ドラというのもいいですね。
ホントにそうですよね。
ドラマは若い人中心、年配の人の役もセリフも限られてる・・そんな中でこのドラマは中年や壮年の人間が堂々と生きている姿を見せてくれたと思います。
>ゆっくりと少しずつ心に響くいい作品でした ̄▽ ̄
終わってみるとそう思います。
味わい深い作品だと思いますわ〜
4. Posted by きこり→mariさん   2009年03月21日 00:08
>このドラマは、主役の二人は、前置きが長くて、ちょっと苦手でした。
確かにね〜
延々と会話は続いてるんだけど、中々進まないっていうか・・・
わざとやってんのか?ってぐらいに遠まわしな会話でしたもんね(笑
私も田崎家の会話やケンカ、ちょっとした雰囲気が好きでしたね〜
あとやっぱり忍さんとシルヴァーナさんがいたことでおもしろさは増しましたよね〜
5. Posted by みんと   2009年03月21日 13:34
今時珍しい空気のドラマでしたよね。
でも、割と普通な日常かと思いきや、朋也と重雄の
女装コンビには笑わせられました(^ー^)
加奈と翔太にはじれったくてイライラさせられましたが、
翔太は随分男をあげましたね〜。
子供はいなくても、幸せな夫婦になりそうです。
養子縁組はとるんでしょうかね??
6. Posted by きこり→みんとさん   2009年03月22日 15:33
>今時珍しい空気のドラマでしたよね。
ほんとに〜
よそのドラマでは感じられない独特の空気っちゅーか・・
慣れるまでは長くかかりそうっていうか・・(汗
>女装コンビには笑わせられました(^ー^)
最終回にお2人のドレスアップした姿が見られて良かったわ〜
とくにこの2人の秘密がバレることもなく・・・
そこが逆におもしろかったかも・・
>翔太は随分男をあげましたね〜。
最初はただの大人しい男かと思ってたけど(笑
一本芯が通った感じでしたよね。
いい夫婦になりそうです。
7. Posted by えいこ   2009年03月23日 13:10
最初はイマイチ地味で花のないドラマだなーって思ってたんですが
最終的に、今期で一番心に残ったかも・・・
と言うのも、私も不妊の時期を味わったことがあるので
加奈の気持ちが痛いほどわかったからです(*>д<*)。
自分に赤ちゃんができないと知って、赤ちゃんなんて
見たくない!!(見ないことで自分を守りたい)という気持ちと
かわいいな〜私もダッコしたい〜〜という強い欲求との間で
揺れ動く気持ち、矛盾してるようだけどそれが本音なんですよね。
加奈の腕の中に赤ちゃんがやってきた時の嬉しそうな顔も
純粋によくわかるって思いました。
ただ、赤ちゃんと過ごす時間が楽しければ楽しいほど
その後「でも私は赤ちゃんができない」って
ブルーになるもんだと思うんですが、かなり平気そうで・・・
そこがリアルじゃないトコなのか加奈が強いのか
ちょっと理解に苦しみました。

翔太の「子供なんていらない」っていう言葉が信じられない気持ちも
すごく共感できたのに、いつの間にかうやむやになったような??

最終回ではみんないい具合に落ち着いて、
素直に良かったねーって思いました♪
8. Posted by きこり→えいこさん   2009年03月23日 18:16
>ただ、赤ちゃんと過ごす時間が楽しければ楽しいほど
その後「でも私は赤ちゃんができない」って
ブルーになるもんだと思うんですが、かなり平気そうで・・・
そうですよね・・
あんなに欲しかった赤ちゃんが腕の中にいる、それをあっさりと戻って来た母親に返せるかな?とも思ったわ・・
加奈はこのできごとで救われたようだけど、よけい赤ちゃんへの思いがつのる女性もいるはず・・・
ちょっとすっきりと解脱しすぎのようにも思ったわ〜
そこが男の人の書いた脚本なのかな・・って気もするけど・・
加奈も翔太も観念的すぎるというか・・頭で考えすぎのようにも思ったなぁ・・
考えるな、感じろ〜!って言いたくなったよ。
藤本のことあんまり好きじゃなかったから、ほっといたけど(笑)ラストに写真を写した場所って、一番最初に藤本がくら〜い顔してた場所なんだね。
それが笑顔で「ひとりじゃない」って言える状況になってるってのが奇跡なのかも・・・
9. Posted by とわ   2009年03月27日 13:26
こんにちは〜。きこりさん。

ありふれた奇跡、当初は見ていたんですが途中から脱落。録画しつづけていたんですが、最終回はそれも脱落。でもどんな最終回を迎えたのか気になっていたんです。記事を読ませてもらっていい結末を迎えたようでホッとしました。翔太と四郎のセリフ、いいですね。この二人からこういうセリフが出てきたのか〜と感動。見ておけばよかったかな
ところで、もうすでに春ドラマの準備をされているんですね。ワクワクしてきますね。春だし〜桜だし〜
10. Posted by きこり→とわさん   2009年03月27日 17:58
こんにちわ〜
>いい結末を迎えたようでホッとしました
そうなんですよ〜
いつまでも平行線のままかと、私も心配してたんですが、何とか落ち着いたようです(笑
頑なだった四郎じいちゃんも心を入れ替えたようだし、忍さんとシルヴァーナさんも趣味を捨てずにすんだようでほっ・・・(笑
終わってみればいいドラマだったかも・・(≡^∇^≡)ニャハハ
>もうすでに春ドラマの準備をされているんですね
なんだか、ドラマがないとやっぱり寂しいですね。
ツタヤに行く回数が増えたかも・・(笑
今のうちに見逃した映画DVDで見ておこうかな・・
今期もとわさんとドラマについて語り合えたら
嬉しいですねぇ・・
どうぞよろしくお願いいたします〜♪
11. Posted by 凛太郎   2009年03月31日 15:45
木曜は飲みに出ていることが多かったので
録画していた5話分を続けてみました
一週間つづだと、イライラ気味の展開でしたが
続けてみると結構面白かったです
流石は山田太一・・とまでは言えないかも知れませんが、やっぱり見応えは有りました
もしかすると山田太一の脚本は、連ドラには不向きかも知れませんね
12. Posted by きこり→凜太郎さん   2009年03月31日 22:12
>一週間つづだと、イライラ気味の展開でしたが
続けてみると結構面白かったです
確かに〜
このドラマは今時のドラマとは違ってゆっくりとした展開だし、会話のテンポも独特で、私もイライラしました〜(笑
特に加奈のかたくなさにはいいかげんにしろーーーってどなりたくなりましたよ〜
でも、終わってみるといいドラマでしたよね。
すごくおもしろくてたまらん!という感じではなかったのですが、ずっと気になるドラマだったというか・・
>もしかすると山田太一の脚本は、連ドラには不向きかも知れませんね
そうですね、2時間ドラマとかの方が脚本が生きたかもしれないな〜と思ったりもして・・( ̄∇ ̄;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「トライアングル」 最終回 決着「大阪ハムレット」 第3巻 森下裕美 著