「トライアングル」 第10回 十字架を背負う者たち「ありふれた奇跡」 第10回

2009年03月11日

プロジェクト・ランウェイ/NYデザイナーズ・バトル シーズン3 VOL.3(DVD)

 VOL.3では、7回〜9回放送分が見られます。
シーズン3のHPはこちら

 第7回オープニング・・・バトル前日、ハイジさんからデザイナー達に
「今までは楽勝だった。今後は厳しいテーマが続きます」とお言葉が・・・
改めて、気を引き締めるデザイナーのみなさん。
 普通にどんどん追い詰めてくね・・・( ゚д゚)

 バトル当日、早朝起こされて車に乗り込み向かった先は・・・ニューアークのリサイクル資源用施設。
にゃんと今回のテーマは「リサイクル資源を使って服をデザイン」ですと!
ひえ〜Σ(*゚д゚*) 
今まで以上に斬新な発想と柔軟性が要求されますな〜
 資材を30分で集めて、その後画材店で備品を購入したあと作業に入ります。
作業日数はたった1日!こりゃ、あせるわよね〜

 大体みなさん紙っぽい素材、新聞紙、雑誌を取りあえず確保してたかな〜
あと袋状になってるものとか、ひも状になってるポリエステルフィルムも多かったな・・
ケインはペットボトルの蓋を一生懸命集めてたけど、結局使わなかったのよね。

 こういう変わった素材を使うにも関わらず、いつもみたいな作り方をしていたのが
ケインとヴィンセント。
ケインはでっかい画用紙をドレスにして、そこに巨大なライムグリーンお花を描いて、影で「クレイジー」と言われてた・・
自分でも「最低!」「カエルが爆発したみたい」とか言ってたけどね・・( ̄m ̄〃)
 
 ヴィンセントも同じくロングドレスを作って、絵を描いてごみを貼り付けて
自画自賛してたけど、見るからに着づらそうで、モデルが着たら破けるんじゃないの〜?とか思ったよ。


プロジェクト・ランウェイ/NYデザイナーズ・バトル シーズン1 DVD-BOXProject Runway: Season One (3pc) [DVD] [Import]


 意外と苦戦してたのがアリソン。
デザイン画通りのものを作ろうとしたら、変な形になっちゃって素材変更。
変更した後も、モデルが大柄だったから、ごわごわな仕上がりになっちゃってたョ。
もともと、服のための素材じゃないんだから、大変だよ・・
フィッティングの時も、みなさん難儀されてたわ〜

 そんな中でも光っていたのがジェフリーとマイケル。
ジェフリーは新聞紙と雑誌でミニドレスを作って、ペイントしてたし、
マイケルも紙っぽいものでドレス作ってたんだけど、全然紙っぽくなかった。
プラスチックをショールにしてるのもおしゃれだったにゃ〜

 優勝したのはマイケル。
連続なんてしゅごいわ〜(o゚Д゚o)
ジェフリーは自分が優勝できると思ってたから、かなりムカついてた。
 脱落したのはアリソンでした。
審査員が「太って見える服を着たい人はいない」って言ってたけど、
これが小柄なモデルだったら、まだ欠点がめだたなかったかもしれないのにね。
アリソンは性格が良さそうだったから、残念・・・

 さて、第8回、今回のテーマは「身近な女性のための服」
モデル達が登場するとデザイナーのみなさんはΣ(゜ロ゜;)Σ(*゚д゚*)(´;ω;`)ウッ…
にゃんとみなさんのお母さんと妹さんたちでした。
辛いバトルで神経をすり減らしているみなさん、涙ぐむ人続出ョ・・
 で、それぞれ、モデルを選ぶんだけど、自分の身内はダメなの・・
言っちゃなんだけど、今回のモデルさんたちはほとんどがラージサイズ・・
戸惑っちゃうよね。

 前回優勝者のマイケルは一番最初にモデルを選べるんだけど、唯一普通サイズのロバートの妹を選べたのはラッキーだったね〜
ここで、運命のいたずらかアンジェラと敵対しているジェフリーがアンジェラの母ダーリーンと組む事に! 
 モデルと話し合いながらデザイン画を30分で仕上げ、1日で完成させる。

 相性が良さそうだったのはケインとマイケルのお母さんパメラ、
ヴィンセントとウーリのお母さんかな〜
 最悪だったのももちろん、ジェフリーとアンジェラのお母さんダーリーン。
服を作ってる途中でダーリーンが色についてティムに愚痴ったもんだから、
「俺をハメる気か?!」ってジェフリーがキレちゃったのさ〜

 一応、ダーリーンの好きな紫は使ってたんだけど、メインが濃いグレーみたいな着たことのない色だったからショックだったんだって・・
でも、ジェフリーも「アンタが気にいらなくても審査員が気にいればいい」とか
「いられても迷惑だ」とかって追い払ってたからな〜
「侮辱された」ってママが泣きついて、アンジェラは怒り心頭ですョ・・

 ジェフリーは嘘のない性格なのかもしれないけどちょっと乱暴すぎるようにも思うわ〜
年配の女性は気遣ってあげなきゃ〜

 一方、クライアントの希望を取り入れたばっかりに失敗してしまったロバート・・
モデルは気にいってくれたけど、また「退屈な作品」と酷評されてたわ〜
ウーリが作ったケインのママのためのプリント柄の服はとってもチャーミングだったし、ママの雰囲気にもぴったりだった。
 アンジェラはフリンジをびらびら付けた相変わらずよくわかんない服を作ってた・・(・_・?)

 今回の優勝は、にゃんとヴィンセント!
脱落はロバートでした。
「もう言い逃れはできない」と言い切ったハイジが怖かったわ〜( ̄Д ̄;;

 さて、第9回、今回のテーマは「世界を飛び回るセレブの服」
で、「そのセレブとは君たち自身のことだ」ティムから発表されましたョ〜
費用は75ドルで1日で仕上げるんだと。

 自分のために作らなきゃならないんだけど、メンズを作ったことがないヴィンセントは苦戦・・
自分の穿いているパンツを脱いで型紙取ってたぞ・・Σ(゚艸゚;)
 そして、「セレブ」のイメージがつかめないアンジェラも困惑してたな〜
生き生きと作業していたのがロックスターを想定して創っていたジェフリー。
創りたいものを創って、認められたら嬉しいよね。

 でも、前回の遺恨から作業しながら言い合いになるアンジェラとジェフリー・・・
お互いに、何か言われたら絶対黙っちゃいないってとこがすごいな・・
毎回思うけど、このバトル、日本人がやってもたいしておもしろいものにならないと思うな〜

 今回ランウェイを歩くのはデザイナー達自身・・・
で、前日にケインがマイケルにウォーキングを習ってたのが笑えた〜柱| ̄m ̄) ウププッ

 審査会当日・・・
ヴィンセントはVネックのTシャツとパンツ、上下とも同じ様な黒・・・
マイケルに「ファーストクラスで配られるパジャマみたい」って言われてたぞ。
ホント、ああいうかっこでコンビニに行く人みたことあるぞ〜

 ケインは創ってる時からティムに「エルヴィスみたいだ」って言われてたんだけど
己を貫いた結果、審査員にも同じ様に言われてた(*^m^)=3
確かにステージ衣装っぽかった・・

 今回は結果発表の前に、服が実際にどうなるか見たいってことで、
にゃんと創った服を着て旅に出てもらうことに・・・
行き先も聞かされず、1時間で荷造りさせられ、空港へ向かったみなさん・・・
ドキドキしながらチェックインすると・・・・
行き先はパリ!おまけにファーストクラスと聞いて、大喜びでテンションうなぎのぼりさ!

 パリに着いたら、車はパーソンズパリ校へ。
ここで審査員のキャサリン・マランドリーノの点数を加算して、結果が発表されるのです。
脱落者はすぐにとんぼ返りさせられるのよ・・・
なんか「アメリカ横断ウルトラクイズ」を思い出しちゃったわ・・・(o゚Д゚o)

 優勝はジェフリー、
脱落者はアンジェラ・・リネンで作ったしわしわのパンツが響いたのかね〜
アンジェラが消えて、ジェフリー大喜び・・(;´д`)
厳しか世界たい・・・
 でも、ますますおもしろくなってきましたわ〜゚+。:.゚(b゚д゚*)☆
ブログランキング
自分もランウェイ歩いてみたいにゃ〜という方、ポチッとな〜(●´艸`)

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:38│Comments(0)TrackBack(0)海外ドラマ他 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「トライアングル」 第10回 十字架を背負う者たち「ありふれた奇跡」 第10回