「トライアングル」 第8回 アリバイすりすりそーやさん

2009年02月26日

[アグリー・ベティ 2」 第18回 (シーズン2 最終回) 明日へのジャンプ

 さて、ジオ(フレディ・ロドリゲス)から真剣交際を申し込まれたベティ(アメリカ・フェレーラ)だったけど、2人の仲は「友達以上」ではあるんだけどよくわからん関係らしい・・

 そして初めて自分の書いた記事が雑誌に載った!ってことでドキドキしながら
ページをめくったベティは、文章が大幅に書き直されてることを知りショック!
 クレア(ジュディス・ライト)に理由を尋ねると、題材は良かったんだけど
文体が無難すぎる・・・って言われちゃったョ。
「無難な道ばかり選んでちゃダメなの。
あえてリスクにも挑戦する姿勢を持たなきゃ・・
仕事のことだけじゃないの、人生だってそうよ」ヒルダ

 「無難」って一番聞きたくない言葉ですよね〜
きっと真面目な文章だったんだろうなぁ・・( ̄‐ ̄*)

 ダニエルは広告獲得プレゼンのため準備に一週間かけたのに、失敗の匂い・・・
すぐにウィルミナがしゃしゃり出て来ましたョ〜
「マデロン、ごめんなさい〜頭にアピールすべきじゃないわ。
やっぱりハートにアピールしなきゃね」
ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は、マデロンが副会長を務める児童福祉団体に、
近日中に行われるチャリティ・ソフトボール大会の売上金を寄付することと、
広告料の30%オフを約束して、「一年間毎号20P」の契約を取り付ける。

 やっぱり鮮やかなお手並み・・・
こういうの見ていたら、ダニエルって編集長の仕事合ってないんじゃ?って気も・・( ̄ω ̄;)
「僕の面子は丸つぶれだ!」と落ち込むダニエルに、ウィルミナと協力しながらやっていくことを提案するベティ。
 んだな・・お互いにギブ&テイクでやってけないんかい?

 高校の時のトラウマから団体競技に関わらないようにしてきたベティだったけど、
ジオの勧めと特訓で、ソフトボール大会の選手登録の決心をする。
で、ついでにローマ旅行に誘われ、勢いで「イエス!」と答えてしまうベティ。

 自信喪失するダニエルの元に、さらに追い討ちをかける事件が・・・
フランスからダニエル(同じ名前を?)という少年がやって来て、
自分はモデルのルーシー・ジェネとダニエルとの子供だと言うのでした。
母親が亡くなり、父親のダニエルに会いに来たんだと・・

 でも、信用しようとしないダニエルはまたもウィルミナの仕組んだ罠なのでは?と彼女に談判しに・・
「僕を甘く見てるんじゃないか?
君は大株主かもしれないが、モードの編集長は僕なんだから。
これが、チェスなら君に勝ち目はない!( ̄´д` ̄)」ダニエル
「ダニエル・・あなたがやってるのはチェッカーじゃないの?」ウィルミナ
「ひっ!(ノ∀ ̄〃)ノ」マーク
「・・・どっちにしろ、君に勝ち目はないよ・・・Σ( ̄ー ̄;)」ダニエル

 ダニエルが出て行くと、この状況にウホウホするウィルミナとマーク。
「神様がチャンスを下さったの!
私たちを救うためにフランス人の少年をおつかわしになったのよ」ウ
「さすが、神様!それに、ビバ、フランス!」マーク

 一応ダニエルとの親子関係をDNA検査で調べるダニエル(ややこしや〜)
だけど、あくまで自分の子供じゃないというスタンスで、小ダニエルのことを置いてけぼりにする大ダニエル。
しょぼんとしている小ダニエルに近づく二つの影・・・・( ´゚д゚`)おお、こわ・・・

 この時、マークがベレー帽かぶってるのに笑っちゃったわ〜
やっぱりアメリカでも、フランスと言えばベレー帽なのか?

 さて、その後、ファッションTVでダニエルの隠し子のダニエルが認知してもらえずに
街でごみを漁ってる姿の映像が流れる。

 「顎のラインがあなたそっくり。私は孫ができて嬉しいわ!あなたも喜ぶべきよ!」とすぐに小ダニエルを受け入れようとするクレア。
でも、アレクシス(レベッカ・ローミン)はマデロンが契約を断るというニュースを持って来て、関係悪化を防ぐためにダニエルを休職処分にしてしまう。

 さて、ベティの方も急に波乱万丈に・・
父親のイグナシオに反対されつつも、ジオとのローマ旅行に行く事にした矢先、
にゃんと、アリゾナからヘンリーが舞い戻って来たのです。
しかも、結婚指輪を差し出しながら、プロポーズ!
 婚約者として、一緒にアリゾナに来てほしいんだと。
もうベティの就職先まで見つけてるさ・・

 てか、遅ぇよ!今更のこのこと・・・(ェ)
チャーリーはどうしたんだ?
アリゾナに来てってことは、同じ街でベティとチャーリーとすごそうってのかい?
( `д´) ダメだよ!そんなの
 イグナシオも「若すぎるし、遠すぎる!」って大反対。

 ベティのいない間、イグナシオ説得に回るヒルダ。
「本当の愛なんて、そうそうあるもんじゃないでしょ?
これだって人を見つけたら、しっかり捕まえなきゃ・・
明日があると思って、のほほんとしてちゃダメなのよ。
場合によってはボアン!と、消えちゃうの・・何も残らない・・・」

 突然訪れたサントスとの別れ・・・
ホント、明日があるってのんびりかまえてちゃ幸せを逃す場合もあるのよね・・・
 で、最近いい感じになっているジャスティンの学校の体育教師トニーの元へと向かいましたわ〜

 でも、実はトニーには別居中の奥さんがいたんだってさ〜〜
「君と本気で付き合いたいから全部話したかった」というトニーたんだったけど、
ヒルダは怒って去っていきましたわ〜

 マスコミにも叩かれ、すっかり意気消沈したダニエルは、小ダニエルが持ってきた手紙に「父親はダニエルだ」と書いてあるのを見て、覚悟を決めたようです。
ベティもそんなダニエルの背中を押してあげます。
「あの子のそばにいてあげてください。
お母さんを亡くしたばかりだし、あなたが頼りなんです」

 ちょっとパワーを回復したダニエルはジオとの旅行のために用意してくれたファーストクラスのチケットをベティに渡すのでした。
ホテルは五つ星ですってよ〜!奥さん!!
 で、今度はベティが相談する番・・・
ヘンリーが戻って来たこと、どうしたらいいのかわからなくて迷ってることを話すのでした。
 「ローマに行ったほうがいい・・君のいないモードは考えられない」と
あくまで自分サイドの答えを告げるダニエル・・・
お父さんになったんだから、いいかげんベティ離れせんといかんよ・・

 アリゾナに行くか、ローマに行くか決められず悩んでるベティの元に
イグナシオがやってくる。
アルバムを開いて、ベティが小さい頃、自分が止めてもプールのジャンプ台から飛び降りた思い出を話すのでした。
「父さんが止めても、お前は自分のやりたいことをやったんだ。
父さんにできるのは、お前を愛する事、そして支える事だ。それしかない。
決めるのはお前なんだよ。人の意見は気にするな。
心の一番奥を見つめて、それから深く息を吸って、ジャンプしろ」イグナシオ

 (´;д;`)さすがイグナシオ父ちゃん・・・いいこと言うわ〜
家族にできることなんて、それしかないですもんね。
でも、それが勇気を与えてくれるんです・・・ガンバ━( ・`Д´・)ノ━!!!

 その頃、ウィルミナは危うくなっていたマデロンとの契約を取り付け、
アレクシスにダニエルを異動させるよう囁いていました。
「ダニエルにまかせたら、モードに未来はないわ」ウ
で、アレクシスもその案を受け入れたようです。

 そして、ファッション界唯一のスポーツイベント、モードVSエルのチャリティ・ソフトボール大会が始まりました。
実況はファッションTVでおなじみのスズキ・セント・ピエール。

 でも、選手として登録したヘンリーとジオとベティが鉢合わせ・・・
修羅場になりそうなところをプレイ・ボールに救われましたわ・・・

 そして、ウィルミナもダニエルに「モードの編集長は私よ!」と宣言。
アレクシスに抗議するダニエルだったんだけど、アレクシスの答えは
「他のポストをあげるから、モードをあきらめなさい」だってよ・・・
クレアは2人の間に立って、何も言えね〜って感じに・・・

 試合はウィルミナの攻めのピッチングでモード優勢に進んでいきます。
んが、途中、ナオミ・キャンベルの打った球を捕ろうとして、ヘンリーとジオとぶつかってしまい、ベティは脳震盪を起こして倒れてしまう。

 で、眠っている間にアリゾナでヘンリーと暮らしている自分とローマでジオとすごしている自分の夢を見るのよね・・・
しまいに2人から「どっちをとるんだ?決めてくれよ!」と責められ、バルコニーからジャンプするベティ・・・
 目が覚めて・・・・「私、決めた!!」

 勝利の打ち上げパーティで浮かれるモード編集部で、自分のデスクの私物を整理しているダニエル・・・
どこへ行くんでしょうね〜?

 そして、やっぱりトニーの元へ向かったヒルダ・・
本当の愛が実るといいわね〜

 さらに・・・大きなスーツケースをひきずりながら、家族に別れを告げ、
スアレス家の扉を開けて、晴れやかな顔で出て行くベティの姿が・・・
通り過ぎる飛行機・・・で終わり!

 って、どっちだよ!!(「 ゚Д゚)「  
も〜また、こういう終わり方〜?!
ベティはどっちに行ったの?アリゾナ?ローマ?
まぁね・・アリゾナに行っちゃったら、モードじゃなくて別の会社になっちゃうからね、ローマか?
それとも、迷った末に一人旅か?
 も〜〜や〜ね〜!

 シーズン2はシーズン1に比べて、脚本がおとなしめというか・・・
スパイシーな会話でにやりって場面は少なかったなぁ・・
どの回も及第点は、いってるのですが特別おもしろい!って回がなかったような・・・
シーズン1の時にあった勢いが失われたようにも思います。
シーズン3では、もっと実験的にいろいろやってくれないかな〜と期待しております。

 ネットで調べたところによると、ヘンリー役のクリストファー・ゴーラムは、このドラマ降板したらしいし、ジオ役のフレディ・ロドリゲスもシーズン3の第1話ぐらいしか出てこないんだって・・・
やっぱり、ベティはニューヨークに留まって、ダニエルのそばにって感じなのかしら?
 一応、シーズン4まで製作は決定しているそうです。
今年の10月ぐらいにはシーズン3のベティに会えるかしらね〜?
 それでは、その時まで・・・バッハッハーイヾ(・´∀`・)o尸
ブログランキング
「シーズン3」も見るよ〜という方、ポチッとなぁ〜ヽ(・´Д`・)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アグリーベティ2 最終回  [ のほほん便り ]   2009年08月24日 12:28
ああ、思えばシーズン1の最終回もそうでしたが、やはり人気がでると、こうなるのが米ドラマの最近のパターンなのでしょうか? 「次のシーズンを見ずにはおられない、やたら気をもたせる」感に、すべてが急展開しまくりで、最終回というより、次シーズンも逃さへんで??っ...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「トライアングル」 第8回 アリバイすりすりそーやさん