[アグリー・ベティ 2」 第17回 ベティの生き方「歌のおにいさん」第4回

2009年02月13日

「ありふれた奇跡」 第6回

 さて、翔太(加瀬亮)への「子供が産めない」発言と
藤本(陣内孝則)の「手を出そうとした」事件の後、加奈は集合をかける。
コレって、例会?
 お互いにキマヅイ同士3人でいっぺんに合って解決してしまおうって感じも・・(*^-_ゝ-)ゞ 
しかも、藤本には翔太が来るって言ってなかったし・・・

 こういうところが加奈の不思議キャラクターだよね〜( ̄〜 ̄;)
翔太との問題に藤本をいれる事ないし、藤本との間にあったことをなんもいちいち翔太に知らせることもないし・・・
何なんだろ・・?
自分の問題をとにかく一緒に考えて欲しいのかな〜?

 加奈が死のうとした原因は前の恋人の子供を妊娠して、中絶したために子供が産めない体になってしまったということでした。
で、翔太の気持は藤本に話してもらって、それを後から藤本から聞きたいというのが加奈の希望だったのよね・・
 って、めんどくさいよ。
こういう微妙な話って、間に人が入ればその人独特のニュアンスも入っちゃうし、
正確には伝わらないと思うけど〜
加奈は悪い方に考えているから、直接聞きたくないって判断になるのかもしれないけどさぁ〜

 すぐに加奈に話そうとする翔太を抑える藤本・・
「ゆっくりだ。時間をおいてってことだ。
のぼせないで、頭冷やして、リアルに受け止めろってことだ」
「自分で加奈さんにいいます。ゆっくり考えて言います」翔太

 話したことで加奈が傷ついているのが痛いほどわかったから、
すぐにでも安心させてあげたかった・・・
結婚とかじゃなくても、子供なんて産めなくてもいいって思う男がいることを教えたかった。
 気づいたら、加奈の家の前に来ていた翔太・・・

 で、静江(八千草薫)に捉まっちゃいましたョ〜
話の流れで静江が「ひ孫」が欲しいとか言い出したもんだから、
翔太は加奈をかばうつもりで「俺、子供持つ気ないですから!」とか言っちゃって、コレが大事に発展。

 帰宅した加奈は翔太を見て逃げ出してしまう。
「気持は変わらない。子供なんかいらない、子供のために結婚したいんじゃない。
子供いなくて、ちっともかまわない。気持は決まっている!」翔太
「私が決まってないの!子供欲しいの・・だからずっと辛くて・・ずっと情けなくて・・
死のうとした時もあって・・・」
「わかるけど・・」
「わかってない!本気で考えて!本気で想像して!」
「俺の気持は変わらない」
「すぐ決めたことはすぐ変わる。どうしてそんなにきっぱり言えるの?!人の気持何だと思ってるの?!」

 まぁねぇ・・・早急に返事をもらっても戸惑うってことはあるわな・・・
でも、じっくり考えても途中で気持の変わることはあるし、
すぐに決めても気持が変わらないこともあるからなぁ・・

 子供を持たない人生を選ぶっていうのはかなり大きな決断だもんね・・・
決めた後も世間は煩いから、感情的に常に揺さぶられるのも覚悟しなきゃならないし・・
私みたいに元々子供嫌いで、なおかつ人から何言われようと関係ないわ〜ってタイプとは違って、加奈は祖母や母の思いとかも重く受け止めて何とか応えたいって思ってるんだろうしなぁ・・

 でも、翔太が加奈をかばうために「子供は欲しくない」と静江に言ったことを
加奈がちゃんとわかってくれて良かったわ。
いつのまにか2人はお互いのことを結構理解しあってるような・・・
メールでも『ゆっくり考えて(返事を)言ってください』と伝える加奈。

 朋也(岸部一徳)は、静江から翔太の発言を聞いて、加奈に一言もの申しに来ましたョ・・
「あんまりいい相手じゃないようだな・・それだけだ」

 何か朋也って、愛情からというより父親の義務で話に来ているみたい・・・
娘には父親の役、妻には夫の役、母親には息子の役・・・
自分はどうしたいのか、何になりたいのか、自分でもわからない感じなのかなぁ・・

 桂(戸田恵子)を神経科に連れていったようですが、無気力の原因は
「朋也への失望」ってことになったらしい。
朋也の態度は「口先だけで」「心がなくて」「形ばかり」なんだって・・・
そういうのもあって吹越さんにいっちゃったんだろうけどさ〜
「形ばかりでも言わないよりいいだろう」ってのもアレだけど・・( ̄∇ ̄;)
気持がないから、形だけでも整えようという朋也なりの思いやりなんだと思うけどね・・
 普通は通じないよね・・・(ll∀)
 
 加奈はその心がない原因を突き止めたい・・・
で、「パパ、女がいる?」
朋也の持っている秘密のせいで父は母や自分に距離を置いている・・と思っている加奈。

 秘密のせいで心がないんじゃなくて、もともと心の中に何もないから朋也は秘密を作ったんじゃないでしょうか・・
秘密を抱えることが苦痛でしかない加奈にとっては理解できないことかもしれませんが。

 ところで、やっぱり山田太一さんの脚本ってやっぱり話し言葉としてかなり難しいのね・・
ベテランの岸部さんですら、妙なリズムになってる時が・・・
( ̄ー ̄?).....??
間があればしっくりくるのかもしれないけど、その間を時間節約のために削っちゃってるのかな〜?
 で、台詞だけが浮いてしまう時が・・・
今のところ、それがしっくり来てるのは、加瀬さんと八千草さんぐらいのような・・・

 田崎家の会話は相変わらず笑えますね〜
香典に入れる金額のことでもめる重夫と四郎(井川比佐志)・・・
「親子っていなきゃいないでいいよね・・・」
翔太の言葉にギョッとする二人・・・(*^m^)=3
「またお前、どうかしてきたか・・?」重夫

 翔太は翔太なりに、子供を持たない人生の理由を見つけようとしているようで・・
でもそれが四郎には母親が男を作って出て行ったりしたことのトラウマなんじゃないかって心配になる。
で、重夫は自分が責められてるようでやりきれない・・・

 改めて、真剣に自分が親になることを想像する翔太・・・
『今まで子供が目に入らなかった。こんなに子供っていたのかって気持・・
急に、この街、子供が増えたって感じ』
 
 『私は騙されない。
どういう訳か、このラッシュの時間に目の前に赤ちゃんがいたりする。
しつこく幸せばかりが見えてしまう。
そんなはずはない。泣き止まない赤ちゃん。寝不足。夫は襲い。自分の仕事の邪魔。
保育園の心配。小児科病院が少ない。お金もかかる。
でも・・・浮かぶのは幸せのイメージ・・・私には手が届かなくなった絆・・』

 で、微妙な親心のサンプルとして幸作さん(重松豊)にズームイン!
子供が描いてくれた絵を自慢したい、話したい、愛情を語りたい・・・
でも、一応、聞いてくれれば話すけど・・・って体を取ってるのがかわいいわ。
あの一枚の絵が幸作さんにとってはお守りみたいになってるのね〜

 さて、田崎家に加奈の父親が突然やってくることになり、四郎は困惑・・・
重夫は別の意味でドキドキ・・・
「始めまして・・」って挨拶しながらも「へっへっへ・・」と変なテンションになっております。
 
 翔太の発言から、結婚話が具体化してきていると思った静江が朋也に頼んだのか、
やんわりと2人の結婚を認めない発言をする朋也だったんだけど、職人差別発言ふうに取られちゃって・・・決裂。
 「どこが違うの?どこが違うのよ、シルヴァーナさん!」って・・・Σ(; ゚Д゚)
忍さん・・・わざと?

 妙にやって来た加奈は藤本の連れてきた権藤(塩見三省)と再会。
これって・・藤本が呼び出したの?
藤本はママ(宮田早苗)を慰めたくて権藤を呼んだみたいなんだけど、
妙にテンション高くて何かイラッとしたわ〜
 人のこと「不幸」とか「災難」とか言って騒いでるけど、「秘密」を共有できて嬉しそうな感じが不快だわ〜
藤本ってホントに妻子喪ったのかな〜?ただ単に、逃げられたんだったりして・・

 翔太に会いに来た母親律子(キムラ緑子)・・・
この人も腹立つわ〜
息子の弁当取り上げるし、金せびるくせに「親子で金のやりとりなんてみっともないしょ」って・・
 山田先生って、こういういやらしい人間描くのうまいよね・・

 翔太が子供を持たないって言った件で重夫から責められたらしい。
「お父ちゃんは全部私のせいだって言うのよ。
あんたが就職してうまくいかなかったのも、子供の頃、私がかわいがらなかったから自信がつかなかったんだって!
(子供が欲しくないっていうのも)親子の良さ知らないから、そんなこと言うんだって!」
 なんか責任の押し付け合いしてるような両親ですが・・・
こんな口調でも翔太のこと一応心配してるのかなぁ・・( ̄‐ ̄*)?
翔太もムキになってる母親の姿が嬉しかったみたいですね。

 いろんな親子のかたちがあって、いろんな夫婦の形もある。
受け入れざるを得ない生き方が幸せには思えないこともあるけど、気づいたら幸せになっていることもある。
加奈が今の自分を少しでも好きになれたらいいんだけど・・・

 このドラマ、結構おもしろくなってきたかも・・・
やっと独特のリズムに慣れてきたかな〜 
ブログランキング
今日もポチッとありがとう・・・<(_ _*)>

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ありふれた奇跡 第6話  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2009年02月13日 17:57
とりあえず 加奈が子供を生めないというのは
2. ありふれた奇跡 第6回 こども  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年02月13日 18:00
内容子供が産めないことを加奈(仲間由紀恵)から告白された翔太(加瀬亮)翌日。藤本(陣内孝則)のところへ、呼び出しを受ける。藤本に立ち会って欲しいと言い、加奈は、産めなくなった理由を話し始める。それを言い残し、部屋を出て行く加奈追いかけるようにでた翔太で...
3. ありふれた奇跡  [ 思いつき才気煥発論 ]   2009年02月13日 18:03
「ありふれた奇跡」あの女装親父同士が、我が子のために戦ってるが・・・親なら当然なんだけど・・・なんか〜変よねw大人というのは、”自分はどうなのだよ?”っていう生き方をしてしまうのかね?誰でもひとつやふたつ人に言えないことはあるかぁ〜いう必要のないことな...
4. 「ひみつのアラシちゃん!(2/12)」と「ありふれた奇跡 第6話」  [ エリのささやき ]   2009年02月13日 20:37
録画失敗が多いから同時に見ちゃった・・けど・・・?
5. ありふれた奇跡 第六話  [ 掃き溜め日記-てれびな日々- ]   2009年02月13日 20:38
中城加奈(仲間由紀恵)から子どもが産めないことを告白された田崎翔太(加瀬亮)は、加奈に呼び出されて藤本誠(陣内孝則)の部屋にやってきた。誠は、「妙」で加奈に手を出そうとして以来の再会に、翔太に自分を殴るよう
6. ありふれた奇跡 第6話 あらすじ  [ テレビドラマあらすじレビューブログ:ドラマニア ]   2009年02月13日 20:43
ありふれた奇跡  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! 中城加奈(仲間由紀恵)から子どもが産めないことを告白された田崎翔太(加瀬...
7. ありふれた奇跡 6  [ しなもにあ ]   2009年02月13日 21:05
波紋だね・・・翔太の言葉がどんどん大きく悪いほうに転がっていく・・・切ないねあそこでああ言われたら(ひ孫が見たいって)ああ言い返す(子供はいらないって)翔太の気持ちもわかる私自身 一人子供はいるけど二人目不妊で結局できずに今に至ります一回できたけど流産...
8. 「ありふれた奇跡」第6話  [ またり、すばるくん。 ]   2009年02月13日 23:11
第六話 
9. ありふれた奇跡 第6話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2009年02月14日 00:07
加奈(仲間由紀恵)から子供が産めないことを告白された翔太(加瀬亮)は、 加奈から呼び出されて藤本(陣内孝則)の部屋を訪れる。 加奈は藤本に立会いを頼んで、自殺しようとした本当の理由を話し始める。 話を終えた加奈は、一人で部屋を出て行った。 藤本は「ゆっく...
10. 《ありふれた奇跡》★05  [ まぁ、お茶でも ]   2009年02月14日 08:26
加奈がずーっと抱えた問題を、親は想像で否定してしまう。 翔太は、ゆっくり考えることができない。周りは、みんな当然のこととして、結婚話が出てくると、お定まりのパターンで話が進む。 当事者の想いを置いてきぼりにして。
11. 「ありふれた奇跡」 第6話  [ ドラマ de りんりん ]   2009年02月14日 16:27
加奈から子どもが産めないと告白された翔太。 後日、翔太は藤本の家へ呼び出されたのですが、藤本もスナック「妙」での一件で、加奈とは少々...
12. ありふれた奇跡vol.6  [ ita-windの風速計 ]   2009年02月14日 17:13
■ありふれた奇跡脚本/山田太一演出/田島大輔、谷村政樹http://wwwz.fujitv.co.jp/arifureta-kiseki/index.html第6話--------------------------------------------------------"私のせいで私は子供を産めない。"そう告げる加奈に起こった過去とは何なのか。加奈からの...
13. 『ありふれた奇跡』第六話memo  [ つれづれなる・・・日記? ]   2009年02月14日 22:30
子供にこだわっただけの話?
14. 「ありふれた奇跡」6 ☆☆☆  [ ドラマでポン! ]   2009年02月15日 00:31
……そういうことだったのね。現在の可奈さんの生真面目さが(仲間ちゃん自身のイメージとも重なって)、婚前交渉で妊娠して外国でサクッと堕胎する様な娘さんに見えないので戸惑いはあるんだけど、「自分自身のせい」という今までの言葉の通りではあって、納得。(レイプ...
15. ありふれた奇跡・第6話  [ 山吹色きなこ庵・きままにコラム ]   2009年02月15日 22:23
加奈(仲間由紀恵)は藤本(陣内孝則)に立ち会ってもらって翔太(加瀬亮)に子供が産

この記事へのコメント

1. Posted by みんと   2009年02月13日 20:38
どいつここいつも、面倒くさい人達だらけなドラマです。
何かというと、集まるの好きですよね〜。
死のうとしたことある人の会?だから、悩みを共有したいの
でしょうか。
加奈も素直に翔太の優しさを受け止められるようになれれば
いいのですが…。
2. Posted by Rocco   2009年02月14日 00:51
5 こんにちは〜!
以前歌おに、にコメントさせていただいたものです♪
私もこのドラマ結構おもしろくなってきました!最初は会話が独特のテンポとゆうか、こう聞かれて普通こう答える?ってゆう受け答えが多くて、なんか変な感じで見てましたが回を重ねる事になじんで来ました。
確かに加奈の行動には??と感じる部分もありますが、みなさんのコメントを読み、そうゆう考えもあるんだなーっと勉強しながら見ています。
今回は加奈の傷の正体がわかって複雑な気分でいます。子供を産めないだけでもショックなのに、その原因が他の誰でもなく自分にあるなんて…後悔してもしきれないですよね。
特に最後のメールの内容「私は騙されない〜」の部分は印象に残りました。
翔太と加奈、そして藤本がどうゆう答えを出すのか?楽しみです!!
3. Posted by きこり→みんとさん   2009年02月14日 08:39
>何かというと、集まるの好きですよね〜。
そうですよね〜
やっぱり「死のうとした人の会」会員だから、全員で話合わなきゃだめなのかしら〜?
いちいちめんどくさいですよね。
加奈って自分が思うとおりの反応を相手がしないと
満足しないのでは〜?って気も・・・
>加奈も素直に翔太の優しさを受け止められるようになれれば
いいのですが…。
そうですよね・・
まだ人を試しているようなところがあるし・・
それだけ臆病になっているんでしょうが、翔太が気の毒な感じもしますわ・・
藤本のキャラが相変わらず好きになれません・・
4. Posted by きこり→Roccoさん   2009年02月14日 08:54
コメントありがとうございます。
>最初は会話が独特のテンポとゆうか、こう聞かれて普通こう答える?ってゆう受け答えが多くて、なんか変な感じで見てましたが
ホントにそうですよね。
見ていると、俳優さんもかなり苦しんでいるのが
伝わってくるような・・・独特の台詞まわしと間ですもんね。
今の人の会話ではないんですよね。
そういう会話をする人ってことでキャラを伝えようとしているのか、「・・・」の部分を視聴者に自由に感じて欲しいのかわかりませんが。
>特に最後のメールの内容「私は騙されない〜」の部分は印象に残りました。
加奈は中絶した自分を責め続けているんでしょうね。
だからそんな幸せから遠い自分でいなければならないし、でも、手に入れられない幸せだからこそ
焦がれるし、否定せずにはいられない。
複雑な気持ちですよね・・・
翔太たち三人がどんな結論を出すのか私も見守りたいと思います。
5. Posted by ikasama4   2009年02月14日 14:44
子供をもたない事と子供をもてない事

これが翔太と加奈の価値観に大きな差を
生んでいるみたいですね。

そう考えると翔太の行動もいささか軽率だったのかもしれません。
結果、思いっきり誤解されてますしね。

ああいう不器用な翔太はそんなに嫌いじゃないですが
「生きる希望」を「加奈」に見出したみたいで
それがために自分をどんどん悪い方に追い詰めてるようで。

それを考えると加奈って悪女タイプかもしれません(笑)

>山田先生って、こういういやらしい人間描くのうまいよね・・
ですねぇ。
こういう何か泥臭いというか
ごく普通の生活の中に見せる人間模様と
今の時代を不器用に生きる人の見せ方との
絡ませ方とかはホント上手いですね。

一方で台詞回しは
古めかしいというか文学的というか

この辺りがこのドラマの良さを隠している
部分でしょうね( ̄▽ ̄)
6. Posted by きこり→ikasama4 さん   2009年02月14日 20:37
>子供をもたない事と子供をもてない事
これが翔太と加奈の価値観に大きな差を
生んでいるみたいですね。
そうですよね、産まない人生を選んだのではなくそうなってしまった加奈と加奈のためにそういう人生を選ぼうとしている翔太とでは、かなり大きな差が
あるんでしょうね。
それを加奈が受け入れるのはかなり難しいのかもしれませんが、翔太のためにも受け入れてもらえませんかねぇ・・
>一方で台詞回しは
古めかしいというか文学的というか
そっか〜なるほど〜
文学的ってぴったりくると思います。
純文学みたいな?
それをむりやり演じてるみたいに見えるのかな〜
私はやっとそれがおもしろく感じてきたのですが、
乗り切れない人はずっとアレかもしれないですね。
7. Posted by 凛太郎   2009年02月16日 18:22
確かに独特の雰囲気のあるドラマですね。
山田太一脚本のドラマは、古くは「岸辺のアルバム」から見ていましたが、うちの奥さんは「台詞まわしが嫌いで見たくない」と言っています。
劇的な展開は無いと思いますが、これからジワジワ魅せてくれるのだと期待はしています。
今夜はどうしても「ボイス」を見る気にはなれないので、TVタックルを見ようと思ってます。
8. Posted by きこり→凜太郎さん   2009年02月17日 16:19
>うちの奥さんは「台詞まわしが嫌いで見たくない」と言っています。
わかりますよ〜
独特ですもの・・・でも「ふぞろいの林檎」の時はそんな気にならなかったんだけど・・
「岸辺のアルバム」もそんな印象なかったのですが・・
今、ドラマとして台詞をのせる場合に違和感を感じるってことなんでしょうか・・・
演じる俳優さんもかなり大変そうなのが見ていても
伝わってきますよね。
>これからジワジワ魅せてくれるのだと期待はしています。
オリジナリティのある脚本だから、最終的にこの2家族にどういうオチをつけてくれるのか楽しみです。
「ヴォイス」は、私もかなり飽きてきています・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[アグリー・ベティ 2」 第17回 ベティの生き方「歌のおにいさん」第4回