「フルハウス」 第8話 恋の予感に大パニック  「流星の絆」第8回

2008年12月06日

「フルハウス」 第9話 マジな男の宣戦布告 

 さて、男として告白したミニョク(キム・ソンス)だったんだけど、
ジウン(ソン・ヘギョ)は『友達になって下さい』的に捉えたようで・・・
「あなたのこと、好きになります。
面白い話もしてあげるわ。ひとりで食べたくない時や病気になった時や
寂しい時、いつでも付き合ってあげます」と応えるのでした。

 ジウンが帰って来るのを今か今かと家の前で待っていたヨンジェ(Rain(ピ))・・・
車が見えて、慌てて家の中へ入って、寝たフリ。
で、何をした何を話した?とジウンを問い詰めるヨンジェ。
素直にミニョクに言われた事を話すジウン・・・
それを聞いて、ヨンジェ、水を吹いてましたね・・(^Д^)
 部屋でひとりになって、ジウンが取られるんじゃないかって、悶々としています。

 一方、広い部屋に帰って来たミ二ョクは寂しそう・・・
ホントに友達いないのかしら・・・
ハードな仕事をしてるのに何かかわいそうな感じね。

 次の日、雑誌撮影現場にやって来たミニョクに
「ジウンは兄貴の知っている女と違う。
何が目的か知らないが、もてあそぶな」とキッチリ話すヨンジェ。
「ヘウォンにしか興味ないと思っていたが、違うんだな。
いいか、俺は遊びのつもりはない。だから弁明などしない。謝るつもりもない。
卑怯なマネはしてないからな。
忠告しておく、しっかり地に足をつけろ。もう一つ、俺に隙を見せるな」ミニョク
 あらあら、男らしいじゃあ〜りませんか・・
いつもと違うミニョク兄貴の態度に真剣に対策を練るヨンジェなのでした。
ブログランキング
ポチッとしていただけると有り難いです ((_ _((-д- )ペコリ


 まずジウンに、兄貴は遊び人だから優しくされてもその気になるな!と警告。
でも、「私達の友情を疑うの?」と怒られてしまう。
やっぱり、ジウンわかってなかったわ・・・(;´∀`)
 その後、ミニョクを家に招待して二人の仲良しぶりを見せつける作戦を・・・

 急に、そんな事言われても料理のできないジウンは困り果て・・・
ヨンジェの実家に助けを求めるの。
でも、義母さん(ソヌ・ウンスク)と義父さん(チャン・ヨン)は留守。
暇をもてあましていた祖母ちゃんは、料理も作れないのにチャプチェの作り方を教えてやると呼びつけるのでした。

 祖母ちゃん、いいわ〜憎めないキャラよね〜
何か知らんけど、昔お嬢様だったらしくて料理はいっさいした事がなかったんだって・・
肉を手に取るのも嫌そうだったもんね・・・
でも、どこかで調べたのかメモを見ながら、「そんなことも知らないのかい?!」と、
ジウンに料理の指示を出してましたよ〜( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 できあがったチャプチェは脂っこくてマズくて食べられたもんじゃない・・
祖母ちゃんはジウンにバレないように電話で嫁(ヨンジェの母)に作り方を聞くんだけど、
その間に、ジウンが祖母ちゃんのレシピメモを発見。
「作れないくせにどうして知ったかぶりなんか・・」ジウン
「あら、大変・・血圧が・・」布団に横になったお祖母様は
「チャプチェを作った事がないせいでバカにされるとは・・
チュプチェごときでよくも恥をかかせたわね!」すねちゃいましたョ〜

 ジウンは一生懸命謝ってるのに、聞いてくれないお祖母ちゃん・・・
ついにジウンも泣き出しちゃいました。
「なぜ私をいじめるんですか?
私は家族のみんなが好き。でも、祖母さんは私を・・・ゥヮ──。゚(。pдq。)゚。──ン!!」ジウン
 あせって「クマ三匹」を歌ってジウンをなぐさめるお祖母ちゃん・・
その姿に、帰って来た義母と義父もびっくりョ・・
何だか、ジウンがみんなを幸せにしてくれてるような・・( ̄ー ̄)b

 結局、実家からカルビをもらってきちゃいました。
ミニョクを迎えたヨンジェは、ジウンに密着して新婚をアピール・・
ニコニコとひとりテンション高く「ハニー!」と呼ぶヨンジェに、
目で『やめなさいよ!』と注意するジウンの指示も聞いちゃいない・・
 何かドン引きしているジウンの姿が笑えたわ〜
そして、ジウンを蹴っ飛ばして予定通り気持ち悪いフリをさせるヨンジェ・・
「妊娠だ!俺もついにパパだ!!」

 ショックだったのか、早々に帰っていくミニョク・・・
「これで思い知っただろ(ー) フフ」ヨンジェ
妊娠したと嘘をついたことを責めるジウン。
「なぜ今、嘘をつくの?」
「つきたいからさ!」ヨンジェ
「私を取られたくないのね」
「うるさい!早く片付けろ!」ヨンジェ
「本当に変な人!イカれてる!」ジウン

 部屋でしてやったり!とにんまり笑っているヨンジェ・・
ベッドの上で足をバタバタやって・・すんごい嬉しそうだわ〜
も〜〜おこちゃまねぇ・・ニャハハ(*^▽^*)
すがすがしい気持ちで朝を迎えたヨンジェは、ジウンを外食に誘うのでした。

 一方、ミニョクはジウンへの高まる思いに苦しんでいるようよ・・
いつものようにシノプシスを持ってきたジウンに、冷たく対応してるわ〜

 ヘウォンは、ミニョクへの誕生日プレゼントを渡すために会いに行き、
やっと決別の言葉を告げることができるんだけど、寂しくなって、またヨンジェに電話をするのさ〜
こういうところが、ダメなのよ〜!
ひとりで寂しさに耐えろよ!( ̄曲 ̄)

 指定されたレストランでひとりで何も食べずにずっと待っているジウン・・
なのにヨンジェはバーでヘウォンのさびしんぼう話を聞いてあげたわ〜
ジウンの影響か「ファイト!」って励ましてるし・・

 二人の様子を監視していたドンウクは「二人の様子が変だ。お前が現場を押さえろ!」ってジウンに電話するんだけど、「私はここで待ってる!」と切るの・・
ヘウォンと会っていていつまでも現れないヨンジェを待つのはせつないわ・・・
(ノ△・。)
ヨンジェさんはきっと来てくれる、信じて待っているのね・・
 閉店まで待っていたけれど、ヨンジェは来なかった。
 
 ジウンとの約束もすっかり忘れて、「ひとりになりたくない」というヘウォンの
願いを聞いて、部屋で眠る姿を見守っているヨンジェ。
(ェ)お姫様かよ・・・

 泣きながらビビンバを食べるジウン・・・
。゚(゚´Д`゚)゚。ひどいよ、ヨンジェ・・
悲しみと怒りで眠れないジウン・・・
結婚指輪を見つめたり・・・そして、家の前で自転車に乗ったりして・・・
も〜!ヨンジェよ、ジウンを離したくないくせにジウンを大事にしないなんて・・
矛盾してるぞ!
 
 結局、ヨンジェは朝帰り。
「いつもそうね。やりたい放題ね。バカにしてるわ。なぜ私を待たせるの?!」ジウン
「いつまでも待たずに帰れよ、バカだな・・」ヨンジェ
「バカなのはヨンジェさんでしょ!告白もできないで。ヘウォンさんのこと好きなんでしょ?!
なのに言い出せない、バカね・・」ジウン
 これにムカッときたヨンジェと言い合いになり、とうとうこんな言葉が・・・
「お前は俺にとって何でもない奴なんだ」ヨンジェ
「ええ、わかってる。あなたも私にとって何でもない人よ」ジウン

 部屋でひとり荒れるヨンジェ・・・
泣きながら「どうして私を苦しめるの」と訴えるジウンに罪の意識を感じてるはずなのに、素直になれない。
ますます高飛車な態度になっちゃうのよね・・・

 いつのまにかジウンが家からいなくなっている。
彼女の部屋へ行って旅行鞄をあるのを確認して、ほっとするんだけど、
雨が降ってきて、心配になり近所を探し回るヨンジェ・・

 その頃、ジウンは公園でひとり、ヨンジェとの出会いとこれまでの日々を思いだしていたのよ・・
激しくなってくる雨に、電話ボックスで雨宿りしたいてジウンは、ミニョクに電話するのでした。
 寂しそうに雨を見ながら待っているジウンを見て、ミニョクもジウンへの思いを再確認したみたいですね・・・
ジウンが涙を流しながら眠っているのを見て、守ってあげたいと思ったのかな・・
「本当に悩むよ・・・君をどうすればいい?」

 ヨンジェにジウンがいることを電話で伝えると
「言っておく。もう決めたよ。俺はジウンさんのことをお前から奪う」だってョ・・

 う〜む・・最初は自信満々でヤナ奴・・としか思わなかったんだけど
ミニョクもジウンを幸せにしてくれるかも・・と思ったりして・・・
何か一人暮らしで寂しそうだしね・・

 しかし、ホント、結婚してても、たいして関係ないのかしら?
日本人より倫理的に浮気とか不倫とかに厳しいかと思っていたのに、
自分の思いの方を大切にするのかなぁ・・?
 
 決定的な言葉でジウンを傷つけてしまったヨンジェ・・
関係を修復できるのかしら〜?
ジウンの心は決まってるんだから、ヨンジェが素直になってくれればうまくいくのにねぇ・・・ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. フルハウス(RAIN[ピ]/ソン・ヘギョ)第9話  [ 華流→韓流・・・次は何処? ]   2008年12月07日 22:42
待ちに待った、第9話です。ジウンがどんどん切なくなって行きますね。いつものように(?)しっかりネタバレ&長いです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「フルハウス」 第8話 恋の予感に大パニック  「流星の絆」第8回