「イノセント・ラヴ」第2回「チーム・バチスタの栄光」第3回

2008年10月28日

韓国ドラマ「このろくでなしの愛」 (ディレクターズ・カット版) 第10話

 ポック(Rain(ピ))の言葉に涙を流すウンソク(シン・ミナ)・・・
「歌ってくれたんだ・・兄ちゃんがね・・・カン・ミングだ。
チャ・ウンソクを心の底から愛していた兄ちゃんだ。
「忘れたかった」と言っていた男だ。
生まれ変わっても俺を愛すだと?
安い餅の味に飽きたら、吐いて捨てて、キム・ジュンソンの所へ戻るくせに。
俺とのことなどなかったことにして、忘れてしまうんだろ!
兄ちゃんと同じようにな!

それがあんたの愛なのか?
ひどい仕打ちだな・・
両親に代わって俺を育ててくれた苦労の多い人生さ。
あんたに会い、初めて幸せになれたんだ。
よくも裏切ったな!思い知ったろ・・・裏切られた気分はどうだ?
兄ちゃんが流した涙をあんたも味わえ」言い捨てていくポック・・・

 衝撃でくずおれていくウンソク・・
そして、影から聞いていたダジョン(キム・サラン)も・・・
 ジュンソン(イ・ギウ)も、ポックとミングとの事を調べさせた報告を聞いていた。
で、ポックがウンソクに近づいたのは復讐のためだと気づいたんだね・・・

 起き上がって歩こうとするけど、歩き出せないウンソクに近寄るダジョン。
恐喝したことを謝って、
「ポックを許してあげて、お願いします。
ポックにとって、お兄さんは父親であり、母親なの。大切な存在なのよ。
(土下座して)この通り、許してあげて下さい。
罰は私が受けるわ、唾をかけてもいい。
それでもダメなら、私の事を気がすむまで殴っていいわ・・」
このろくでなしの愛 (ディレクターズ・カット版) DVD-BOX 1このろくでなしの愛 (ディレクターズ・カット版) DVD-BOX 2



 ふらふらと歩き出し、ポックのいる病室に入ろうとするウンソクを止めるダジョン。
「ミングに会ったら辛くなるだけよ。このまま帰った方がいいわ。
ミングとウンソクさんの縁は、もう切れたと思って」

 う〜む・・ダジョンがジェラシーメラメラですね・・・
ポックの代わりに謝ったのは、自分はポックと深い繋がりがあってそうできる立場にいるというアピールだし、病室に入れせなかったのはポックとウンソクとの糸を断ち切りたかったんだろうね・・・

 病院をでて、幽霊のように歩いていくウンソクの目の前に剥がされて、捨てられた自分のポスターが・・
そんな様子を離れて見ているジュンソン・・・

 一人で酒の瓶をどんどん開けているポックに話しかけるダジョン。
「復讐が成功して嬉しくないの?
彼女は震えて真っ青になっていたわ・・かわいそうなぐらい打ちのめされていた。
今のあんたの顔も同じぐらい真っ青よ・・」

 ポックがどんなに傷ついているか・・・ダジョンには手に取るようにわかっていた。
そして、傷つくポックの姿に傷つくダジョン・・・
ポックが苦しんでいる理由もわかるから・・

 そして、ウンソクは・・またラーメンを2杯も食べたのでしょうか?
店の外に出て、吐いていたら、背中をさすってくれる人がいて、はっ!と振り返るけど・・
店のおばちゃんだったよ・・・
 あの人はもういない・・・耐えられず泣き続けるウンソク。

 一人になったポックの耳には、ウンソクの泣き声が聞こえ・・・思わず耳をふさぐのでした。

 さて、ポックの戻って来た家では、ダジョンが大張り切り。
朝からすごいご馳走・・
「ポック、子供を作ろうね。ミスクみたいなバカじゃなくて、ポックにそっくりな息子がいいな」
 何か・・・ダジョンの言動がせつないっス・・・

 ふらふらと自宅に戻ったウンソクを迎える家族。
チェギョン(継母)は心配した!と大げさに騒ぎながら
「あの男とは何の関係もないわよね?
ジュンソンさんの所へ・・・
許してもらえるまで一緒に謝るのよ!脅されたと言えばいいわ。
だって、そうでしょ、あんな虫けらみたいな男」

「虫けらじゃない!!」大声で叫ぶウンソク
「ジュンソンさんと同じ人間よ!
ミングに何をしたの?!何をしたのよ!!ミングの事も見下してたでしょ!!」
「ウンソク・・どうしちゃったの?」おろおろするチェギョン
「あの人・・・ミングの弟よ。
復讐なのよ・・・私に近づいたのは復讐なのよ・・・自業自得だわ」ウンソク

 ここに至って、この継母にひどい事を言われ追払われたから、ミングは自分の元を
去ったのだ・・と、気づいたウンソク。
遅かったよお・・・( ノД`)シクシク…

 でも、お父さんの態度が救いだったわ・・
「ジュンソンとは合わないと思ってたんだ、最初からな・・
合わないことはわかってたのに、親のエゴで欲張りすぎてしまった・・
あのボディガードはジュンソンよりいい奴か?ミングと同じぐらい?
金は心配いらないよ、屋台でもやればいい。父さんは大丈夫だ・・」

 元の生活に戻ったポックは、ベランダから見つめていた。
剥がして、破られ、捨てられるウンソクのポスターを・・・
 そして、以前ミングの携帯から電話した時のウンソクの態度と、
ダジョンが兄の通帳から入院費を払ったという言葉を思い出し・・・・
ミスクとダジョンを問い詰めるのでした。

 「あれはチャ・ウンソクのお金よ。彼女から脅し取ったお金なのよ。
お兄さんとの写真を使ったの。
マスコミに売るわよって。
あんただって、彼女を貶めたでしょ・・私がした事なんて大した罪じゃないわ」
怖い顔になってるポックによくそんなこと言えるねぇ・・
怒りでテーブルを蹴っ飛ばすポック・・ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ

 やっと、ウンソクがミングの事を忘れたがっていた理由がわかったポック・・
その頃、ウンソクはスーツケース1つで家を出ようとしていた。
ぬいぐるみのペルーを置いて。
 
 ミングの携帯に留守電を残すウンソク。
「私よ・・ウンソクよ、久しぶりね。
ごめんね、信じてあげられなくて・・誤解していたわ。
待てなくてごめん・・もう少し待っていたら・・・・本当にごめんね」

 自分の過ちに気づいたポックは、兄の携帯に残っていた留守番電話の記録をやっと聞く。
そこには、ミングを愛するウンソクの思いが詰まっていた。
彼女はずっとミングを愛し続けていたのだ・・・・
彼女の心を知って、涙を流すポック・・・・

。゚ヾ(´A`)ノ゚。ゥワァーン 遅いよぉ・・・
ウンソクを街中、探し回るポック・・・携帯も切ってるから連絡がつかない・・
何かその後、ウンソクが屋上に立っていたから自殺か?と、ヒヤヒヤしたよ・
全15話って、わかってるんだけどねぇ・・

 ウンソクはミングのそばにいました・・・
変わり果てた姿に、すがって泣くウンソク。
「ミング!どうして?!どうしてなの・・・ごめんね・・」
その姿を、見たポックは安堵の涙を流す。
ウンソクが生きていたこと・・変わらず兄を愛していること・・
そして、自分もウンソクを愛していること・・いろんな思いが混じりあった涙?

 それから、ウンソクはミングの病室へ通うようになるの・・
これって、ポックがいない時を見計らって来てるのかな?

 ポックの元にジュンソンが訪ねて来る。
「思い通りになったのに、浮かない顔だな・・こうなる事を望んでたんだろ?もっと喜べよ」
「ウンソクさんを頼みます。このままじゃダメになる」ポック
「謝りに来たんだ。お兄さんの件は僕にも責任がある。
彼女が望んでもいないのに、勝手に婚約を発表して。
でも、君に横取りされたから、これでおあいこだ」ジュンソン
「彼女は兄の病室にいます・・連れて帰ってくれ、頼む。俺が間違っていた」ポック
「彼女とはもう何の関係もない。彼女を本当に愛してしまったんだな・・・」ジュンソン
「・・・・・」ポック

 何か憑き物が落ちたようなジュンソン・・・
傷ついた彼女を見て、これ以上追い込んではいけないと思ったのかしら・・

 雨の中、傘もささずに震えながら歩いているウンソクに傘を差し掛けるポック。
「風邪か?顔色が悪い・・」
何も答ずふらふらと歩いていくウンソクは安ホテルの中へ・・・
気になったポックが部屋に入ってみると、ウンソクが倒れてるよ!
「ペルー・・・・」つぶやくウンソク
「お前のことを誤解していた。
自分の過ちにやっと気づいたよ。
俺が間違っていた、ごめんよ、本当にごめん・・許してくれ・・
もう二度と会わないよ。俺たち兄弟を忘れてくれ・・・
兄ちゃんも俺も、お前とは会わない・・」ウンソクを抱きしめるポック

 そんな〜そばについていてあげてよ〜
何もかも失ったウンソクにはポックが必要なのよ〜

 その言葉の通り、兄を別の病院へ移すポック。
移動先を聞いても、口止めされてるので病院の人も教えてくれない・・・
ポックの家(ダジョンの家だけど・・)の近くで待っていて、
「ミングはどこ?」と尋ねるウンソクを無視して通り過ぎるポック・・・

 待っていたら、そこにミングとダジョンが・・・
もちろん、ウンソクに教える気なし。
「縁は切れたと言ったはずよ、忘れなさいよ。
この際だからはっきり言うけど、このままじゃ誰とも結婚できないわよ!
新しい男をみつけな!」ダジョン
「お願いよ・・・どこなの?」必死に頼むウンソク
「世間から非難され、見放されて、罰は十分受けたわよね。
一度捨てた男を振り返らないで!甘いわよ!
考えてみて、愛は義務じゃないのよ、でしょ?もう二度と現われないで!」ダジョン

 Σ(|li゜Д゜ノ)ノ キツ〜〜
で、ミスクもダジョンもウンソクは帰ったとかポックに言うんだけど、もちろんずっと待ち続けていました。
真夜中に罪の意識を感じて、ポックの耳元に「帰ったなんて嘘だ。まだいるかも・・」と囁くミング。

 ( ゚皿゚) おせぇよ!!
で、寒風吹きすさぶ中、階段の上に坐って、ぐったりしているウンソクを抱えてくるポック。
「彼女を泊めてやってくれ」ダジョンに頼むのでした。

 う〜ん・・・どうなっちゃうんでしょうね〜
やっと誤解も解けて、邪魔なジュンソンもいなくなったのに・・・
今度はダジョンにいろいろされるのか?
 ところで、ウンソクがミングに話しかけてると何か、目に意識が戻って来た感じでしたよね?
もしかして復活?そして2人でウンソクを奪い合うのか・・・?
 ハッピ・エンドになって欲しいんだけど・・・・
ラストどっちかが死んだらやだな〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「イノセント・ラヴ」第2回「チーム・バチスタの栄光」第3回