「上海タイフーン」最終回 ありがとう上海「SCANDAL 」第1回

2008年10月19日

韓国ドラマ「このろくでなしの愛」 (ディレクターズ・カット版) 第1話・第2話

 いや〜おもしろかったですよ〜
RAIN(ピ)さんって、初めてじっくり拝見したのですが、
ワイルドとはこの人のためにある言葉かって感じですね。
この作品のRain(ピ)さん演じるカン・ボックは「獣」ですョ!
激しくて熱い心を隠したケモノ・・・そして愛を求めている・・

 ケンカっぱやくて問題ばかり起こしているカン・ボック(Rain(ピ))は、
ヤクザの父親の事で揉めて大怪我をしたのをきっかけに兄カン・ミング(キム・ヨンジェ)(「魔王」のソクジンだ〜!)から縁を切られてしまう。
そのまま兄が姿を消して10年・・・
 ボックは格闘技選手をやりながら、自分のためにヤケドを負って自分を愛し続けている取立て屋のダジョン(キム・サラン)と一緒に生きていた。

 ボックの試合の場面はすごい迫力でしたよ〜
あのでかい体で打つ、飛ぶ、蹴る、生きることに執着のなさそうな男の狂気・・
絶望してるが故の強さ・・・
でも、この戦いに勝てば優勝という事を試合の途中で知って、わざと負けるボック・・
「チャンプが嫌なら何故戦う?お前の目標は何だ?」勝った相手選手も呆れる・・

 元恋人が投身自殺しても(すぐに飛び込んで助けるけどね)、すがって来ても動じない。
ダジョンにだけには誠実であろうとするボック・・
それは愛ではないとわかっていても、彼女を支える事がボックの支えになっているのかもしれない。
このろくでなしの愛 (ディレクターズ・カット版) DVD-BOX 1このろくでなしの愛 (ディレクターズ・カット版) DVD-BOX 2

 ダジョンもボックが罪の意識で傍にいてくれることはわかっている。
それでも、彼が好きだから気づかないふりをしている。

 チャ・ウンソク(シン・ミナ)は、韓国の新進女優。
ドラマにCM、大活躍のスターだが、2年前に姿を消した恋人カン・ミング(ボックの兄)の事を思い続けていた。
 彼の留守番電話に切ない思いを訴えたり、彼のおばあちゃん(多分?)の所で連絡待っていたりする。
カン・ミングが戻って来てくれる事を一途に願っているウンソク・・・

 シン・ミナちゃんがかわいいのよ〜
「魔王」とは、また違った魅力を見せてくれます。
本当は気さくで普通の女の子なのに、がんばって女優をしている・・そんな女性です。
 実はミングは離れても、そっと影から彼女を見守っていたのよね。
でも、その事に気づかないウンソク・・

 で、CM完成披露パーティ(多分)でウンソクはキム・ジュンソン(イ・ギウ)という大企業の御曹司と知り合う。
って、ウンソクは酔っ払ってから憶えていないんだけどね・・
で、一人になって酔って倒れている所彼女を介抱しているジュンソンとのツーショットがネットで「セクハラ映像」として流れてしまうのよ。

 大統領選挙に出ようとしていたジュンソンの父親は息子のスキャンダルに大激怒。
困ったジュンソンはこの大騒動をごまかすためにウンソクに相談もしないで、
婚約を発表してしまうの。
 恋人がいるとはっきり断るウンソクなんだけど、ジュンソンは相手にしない。

 いや〜このジュンソン・・鼻持ちならない男ですョ・・・
インテリでおしゃれさんなんですが、ウンソクに拒絶されて、逆にこのじゃじゃ馬を従わせてやろうって闘志が湧くる奴さ・・・
ウンソクは「私達は愛し合ってない!」と、あくまで結婚する気ないのをアピールするのに
「愛がそんなに重要か?」と応えてたわ〜

 で、ウンソクのお母さんパク・チャギョン(ユ・ヘリ)は後妻なんだけど、
ステージママっぽいところもあって、どうやらミングがウンソクの元を離れたのも、このチャギョンがミングに何か言ったぽいのよね〜
しかも、勝手に新聞紙上で婚約歓迎のコメントを発表して、何とかこの玉の輿結婚を実現させようとしているようで・・・
 演じているユ・ヘリさん・・かなりコミカルで思いきってやってくれてるのが見てて気持ちがいいですよ〜

 さて、ボックは友達のおかげで兄ミングと再会する。
最初は素直になれなくて荒れるボックだったが、笑顔で兄と向き合うことができた。
でも、その直後・・・・
ウンソク婚約のニュースを見た兄は屋上から飛び降りてしまう・・・
コレ、飛び降り自殺というよりも、目の前にあったでかいモニターに写っていたウンソクに近づいて行って、落ちちゃったという感じ。

 病院に運ばれたミングは命は助かるが植物状態になってしまう。
悲しみを表面に出さないポックの心をダジョンだけは理解していた。
「ボックは泣いている・・血の涙を流している・・」と。

 で、兄とウンソクが恋人同士であり、兄が自殺しようとしたのはウンソクの婚約のせいだと知ったポックはボディーガードになって彼女に接近するのでした。
 ウンソクはミングの事故も彼が植物状態になった事も知らないんですョ・・

 このボディーガードに雇われるくだりは、オイオイ!ってツッコミたくなりましたが、まぁ、いいでしょう。
ジュンソンが雇ったボディガートの男にスパーリングを頼まれたボックは、
彼をボコボコにして、代わりにボディーガードに雇ってもらったのか、成り代わったのか・・
ちょっとわかんなかったけどね。

 ジュンソンとの約束(勝手に一族との食事の場をセッティング)から
ばっくれて映画館にいたウンソクの前に突然現われたボディーガードのボック・・のところで2話終了!

 スーツにメガネをかけているRain(ピ)様に萌え〜!!
さっ、ツタヤに続きを借りに行こ〜っと・・・・ダッシュ!−=≡ヘ(* - -)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「上海タイフーン」最終回 ありがとう上海「SCANDAL 」第1回