「ブラッディ・マンデイ」第2回韓国ドラマ「このろくでなしの愛」 (ディレクターズ・カット版) 第1話・第2話

2008年10月19日

「上海タイフーン」最終回 ありがとう上海

 う〜ん・・・まさに夢物語って感じでしょうか・・・
陳さん問題はあれっきり大丈夫だったの?
「上海から出て行け!」とか言ってたから、徹底的に邪魔をしそうだと思ったんだけど・・
陳のお仲間もいたしねぇ・・・そんな簡単に許してもらえるもんなの?

 さて美鈴(木村多恵)達は立ち上げたブランド「チェリードラゴン」の売り込みを始めるけど、上海中のデパートを回っても「値段が高い」「デザイナーがおばさん」ってことで、無名のブランドを引き受けてくれるところはない・・・
「この服を手に取ってくれさえすれば、上海の若い子は買ってくれるって!」美鈴
香(松下由樹)と麻里(MEGUMI)の士気も下がってきちゃったョ・・

 で、美鈴は、人に頼らずに自分たちで売ることに方針変更。
作業場を自分たちで改装して店舗にすることに・・
で、先週気持ちを確認し合った曹飛(ピーター・ホー)には
「ビジネスパートナーとして助けて欲しい。
男と女である前にまず人間として認めて欲しい」と話す。

 (; ̄ー ̄)...? 結局どうしたいんだ?何か、頭で考えすぎなんじゃ・・

 さて、曹飛の部屋が荒らされ、金庫からお金が持ち出される。
元秘書のところへ行き、「カネを返せ!」とすごむんだけど、ボコボコにされちゃう曹飛。
どうやら、この前の集会で立てついた事に腹を立てた陳が仕組んだことらしい。
見せしめか?
「上海から出て行け」と憎らしい顔で言い放つ陳・・・

 店をオープンしたけど、客が全然来なくてがっくりの美鈴・・
HPも開いたし、香達は町中でちらし配りもしている・・・
いったいどうしたら「チェリードラゴン」の服を知ってもらえるのか・・・

 迷う気持ちを抱えて曹飛の元へ・・
でも、距離感がつかめず、挙動不審になっちゃう美鈴・・・
「何を遠慮している?お互いの気持ちはわかっているのに」曹飛
「怖いの・・私はもう遊びの恋愛はしたくない。
付き合うなら、ちゃんと将来の事を考えたい。
でも、好きになった人は中国人でその人の事を良く知らない・・・」美鈴
「心配いらない。僕は真剣に君の事を考えてる」
曹飛の言葉に安心する美鈴。

 何だかなぁ・・言葉さえもらえば安心なのか?

 父が店にやって来て、初めてのお客として服を買っていく。
「がんばっているんだな、父さんにはわかる・・
お前は自分の人生をしっかりと生きようとしている。
客が来なくても、めげるな。
諦めさえしなければきっと何かが起こる、そういう街だ、上海は。
お前も自分を信じろ」雅彦(古谷一行)
「お父さん、ありがとう!」

 んで、思い切って勝負に出る事にした美鈴・・
「決めた!上海コレクションに出る!」
工場に新作の40点を急いで作るよう頼み、準備を進める美鈴。
曹飛にコネを作ってもらって、エントリー決定。
 モデルとして出演するりんちゃん(林丹丹)は、父親に見に来て欲しいと手紙を書く。
美鈴も「私の選んだ生き方を見て欲しい」と両親を招待する。

 曹飛は美鈴を自分の実家へと連れて行く。
暖かく迎えてくれる曹飛の両親、両親は曹飛が送っているお金を村に寄付しているらしい・・
「上海で失敗したら、ここに帰ってくるかもしれない。考え直すならいまだ」という曹飛に
「来て良かった」と答える美鈴なのでした。

 さて、ついにショー当日・・・なんだけど、工場長からSOSの電話が・・
陳のさしがねで、工員が全員隣の工場へ移ると訴えてるそうな・・
ショーは香達にまかせて、工場へと向かう美鈴。
 「残業代と今後5年間の給料は保証する」という金銭面と
「これからずっと一緒に仕事をしていきたいんです!私は皆さんに恩返しがしたいんです!私を信じて下さい!」情に訴える両方の作戦を・・・
さらに曹飛と結婚して中国で生きていくことをアピールして、工員達を説得するのでした。

 何か・・私がひねくれてるのかしら・・・
曹飛と結婚って言う必要あるの?コレ、言わないと説得無理だった?

 同じ頃、順調に進んでいたショーだったけど、
りんちゃんが舞台からお父さんの姿を見つけて泣き崩れた事から、ショーは中断。
曹飛が舞台に上がって説明を・・・
で、曹飛も美鈴との結婚をショーを見に来たお客さんに話していましたよ〜

 服を見に着たお客さんがこういう事で納得するのかなぁ〜?と思っちゃったけど・・
会場からは拍手が・・・で、ショーは再開して、大成功をおさめる。

 で、2011年になってますよ〜
「チェリードラゴン」は「上海コレクション」以来大躍進を遂げ、工場も増やそうかって勢い、
デザイナーの麻里も順調に作品を産み続け、香も家族を呼び寄せたのかわからんけど充実した生活を送ってる感じ・・・
 で、美鈴と曹飛は、日本に里帰り。
列車の中から、娘と3人で富士山を見つめながら幸せをかみしめるのでした。

 って・・・なぁ・・・見終わって、何だかなぁ・・って感じかなぁ・・・
脚本なのかなぁ・・?
いい役者さんが勢ぞろいで魅力的な上海の人々もいたのに、生かしきれてなかったような・・
 何より主役の美鈴というキャラクターが曹飛という男が惚れぬくほどの魅力的な女性に思えなかった。
父親と和解してから、秘めていた情熱が出てきたりしたんだけど、勢いで動いてるような所も感じられて、失敗したらまた元の美鈴に逆戻りするんじゃ・・?って思ったり・・・
 本当に「上海ドリーム」掴めたのかな〜?と手放しで喜べないものが・・・

 まぁ、いいや・・木村多恵さんは健闘されてましたし、松下由樹さんやNEGUMIさんも印象的でしたわ・・
「ジャッジ供廚亡待しよ〜〜"o(-_-;*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「上海タイフーン」第6話(最終話)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮) ]   2008年10月19日 15:01
「諦めさえしなければきっと何かが起こる。」 第6話(最終話)『ありがとう上海』
2. NHK土曜ドラマ 上海タイフーン 第6話(最終回)全力疾走!  [ レベル999のマニアな講義 ]   2008年10月19日 16:08
『ありがとう上海』内容ついに、新ブランド設立のめどが立ちはじめた。ブランド名も『チェリードラゴン』と決まり、上海のデパートに売る込みをかける美鈴(木村多江)香(松下由樹)であったが、無名ブランドが相手にされるわけもない状態。。。悩んだあげく、香の提案で...
3. 上海タイフーンvol.6-最終話-  [ ita-windの風速計 ]   2008年10月19日 17:10
■上海タイフーン脚本/福田靖http://www.nhk.or.jp/dodra/typhoon/index.html第6話ありがとう上海--------------------------------------------------------明日から上海中のデパートを回って売り込みだ。美鈴は曹飛の前でそう意気込む。そんな彼女の姿を目の前にして、...
4. 《上海タイフーン》☆最終話  [ まぁ、お茶でも ]   2008年10月20日 05:05
「明日から上海中のデパートを廻って、売り込みだ。」 美鈴と香は、精力的に回り始めたが、どうもかんばしくない。 「オバサンがモデルやってもねぇ」と、あまりにもストレートに言われ、上海中のデパートから相手にされなかった。

この記事へのコメント

1. Posted by sannkeneko   2008年10月19日 15:17
お疲れ様でした〜色々な意味で(苦笑)。

>って・・・なぁ・・・見終わって、何だかなぁ・・って感じかなぁ・・・
・・・何でしょうねえ、物足りないというか宙ぶらりんというか・・・。

曹飛が美鈴に惹かれきっかけとか、
実はキーパーソンだったシャープでクールな麻里とか、
ストーリーもキャラクターも消化不良で。

>曹飛と結婚って言う必要あるの?コレ、言わないと説得無理だった?
これはメチャクチャ違和感がありました。
美鈴の上海感に対しての中国人の日本人感なのでしょうけれど、
公私混同もいいところだし。
俳優陣は良かったのにねぇ・・・。

私も「ジャッジ供廚亡待です。
来週です、来週♪
2. Posted by きこり→sannkenekoさん   2008年10月19日 20:51
>お疲れ様でした〜色々な意味で(苦笑)。
何だかね〜見終わっても充実感のないドラマは寂しい・・・
途中から何となく予感はしてたんですが・・
>・・・何でしょうねえ、物足りないというか宙ぶらりんというか・・・。
ホントですョ・・
何もかも消化不良で、どこかで見たようなっていうか・・
スカスカ感が・・(涙
>これはメチャクチャ違和感がありました。
何か変でしたよね〜?
じゃあ、結婚しなかったら工員のみんなは受け入れてくれないのかって話ですよね。
もっと普通に説得して欲しかった・・
何かズレてるような・・・
>私も「ジャッジ供廚亡待です。
ですよね〜(;-_-) =3
「ジャッジ供廚和臂翩廚任靴腓Α!
楽しみです。
3. Posted by ice   2008年10月21日 20:51
こんばんは〜きこりさん〜^^
最終話はもう〜〜〜なんだか〜〜?で、
バタバタと納めていった感じ
本当にスカスカでしたね。
私なんかはストーリー展開はもうどうでもよくなちゃって
俳優さんウォッチのみの最終話でしたよ^^;
曹飛さんの体型ウォッチとかね(笑)
NEGUMIさんと古谷一行さんが同じシーンのカラミだ〜〜とか(笑)
「ジャッジ供廚燭里靴澆任垢諭亜

4. Posted by きこり→iceさん   2008年10月21日 21:48
>最終話はもう〜〜〜なんだか〜〜?で、
バタバタと納めていった感じ
なんだかね〜途中から、アレ、このドラマってそれほどのもんじゃないのかな?って予感はあったんですが(笑)最終回を迎えてみたら、やっぱりかい?って感じで・・・(悲
脚本がアレだったんですかねぇ・・
わざわざ上海まで行ったのに・・
これが「上海ドリーム」なの〜?
>曹飛さんの体型ウォッチとかね(笑)
がっちりしてらっしゃいますよね〜(笑
でも、娘は曹飛の顔見て「こわ〜い!」って言ってたけど・・(笑
>NEGUMIさんと古谷一行さんが同じシーンのカラミだ〜〜とか(笑)
私も、この頃はもう結婚決まってたのかな〜?とか思いながら見てましたよ〜
「ジャッジ供廚亡待しましょう!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ブラッディ・マンデイ」第2回韓国ドラマ「このろくでなしの愛」 (ディレクターズ・カット版) 第1話・第2話