秋の日のそーやさん韓国ドラマ「復活」全24話

2008年10月01日

「アグリー・ベティ 2」第1回 悲しみを越えて

 さて、「ベティの燃える恋」というメロドラマ(ソープオペラって言うんですか?)から始った「アグリー・ベティ2」。
「1」では毎回、昼メロっぽいドラマを誰かかれかが見ている場面がありましたよね・・
今シーズンはベティが昼メロの主役なのか?

 さて、「シーズン1」の最終回での状況と第一回の様子を書きますと・・
「シーズン2」のHPはこちら。登場人物を確認してみてね。

 ビザ取得のためにメキシコに渡った父イグナシオは許可が下りなくてアメリカに戻れないため、ベティ達とは離れ離れで暮らすことになったのよね・・
で、ベティ(アメリカ・フェレーラ)は、父親のために弁護士と会って話をつけようとしてるんだけど、ベティがあまりにも忙しいため、遅刻して弁護士とは会えずじまいで、話は進んでないんだわ・・・

 ヨリを戻して、結婚することになった姉のヒルダとサントスだったんだけど、
コンビニ強盗に巻き込まれ、撃たれて亡くなってしまったの・・・
ヒルダはサントスの死を受け入れることができずに一人部屋にこもり、
彼との思い出にふける毎日・・・

 そして、いつまでも女性になった自分を認めようとしない父ブラッドフォードに憎しみを抱くようになったアレクシスはブラッドフォード暗殺計画を指示する。
 さらに、兄に対するコンプレックスがこじれ、アレクシス(レベッカ・ローミン)との関係にも悩むダニエル(エリック・メビウス)は、薬に逃避・・・
で、ラリったままアレクシスの元に行って倒れてしまう。
 そんなダニエルを病院に運ぼうと車を走らせたアレクシスは、父親の車に乗って(暗殺計画でブレーキを壊したから)事故に合ってしまうのよ〜

 で、ダニエルは足の骨折で車椅子状態なんだけど、アレクシスは昏睡状態でICUに入ったまま・・・
ダニエルは罪の意識から、アレクシスに近づく事ができず、ガラス越しにアレクシスを見つめる日々だった。

 そうそう、衣装保管室の奥の隠し部屋の中から出生証明書と写真が発見され、
アマンダ(ベッキー・ニュートン)はフェイ・サマーズの子供であることが
わかったのよね・・・
オープニングではその悩みからストレスでキャンディを食べまくり太っちまったアマンダが登場。
 コレ、太りすぎだろ・・・妊娠中ではなかったよね〜?

 で、様々な手段と陰謀を駆使して、ブラッドフォードの婚約者になったウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)なんだけど・・・脱獄した元妻クレアの存在が気になっているのよね。
結婚式までは安心できません・・・

 そしてベティですよ・・・
やっとヘンリーへの愛に素直になろうと思った矢先に、田舎からやって来たヘンリーの恋人チャーリーが妊娠したって言い出して、彼をアリゾナに連れ帰っちゃったのよね・・・
 でも、行きつけの歯医者さんからチャーリーが別の男性とも付き合っていた情報を聞いたベティは、もしかしたらヘンリーの子供ではないかも・・と思い始めるんだけど、
連絡も取れず悶々とすごしていましたとさ・・・

 第一回は、最終回から三週間後ということになってますよ〜
ベティは病院のダニエルを見舞い、指示をもらって、ウィルミナに伝えるんだけど、
まるっきり無視して自分のやりたいようにやってるウィルミナ・・
 でも、「モード」の権利はクレアが持っているので安心できない。
「ブラッドフォードとの結婚式までは、クレアを近づけないようにしないと・・
あの酔っ払い(クレアはアルコール依存症)・・お酒で釣れば出てくるかもね・・」ウィルミナ

 ダニエルの留守を守ろうと忙しく働くベティを気遣うクリスティーナ・・
でも・・
「ヘンリーの事なんか考えてる暇ないの!
サントスのこともあるし、編集長にアレクシス、メキシコにいる父さんの事、
恋の悩みなんか抱えてる場合じゃないのよ!」
強がるもんだから、雑誌宣伝用ディスプレイに激突して目を負傷・・
メガネの上に黒い眼帯をかけるはめに・・・

 さて、自分の出生が気になって仕事が手に付かないアマンダはマーク(マイケル・ユーリー)を伴って実家へと向かうの・・
 で、家に入ると・・・・
ネットで知り合った夫婦と一緒に、ガウン姿で2階から降りてくるパパとママ・・・
( ´゚Д゚`)あれま・・
何でも・・四人でテニスをしていたら、いきなりスプリンクラーが回りだして・・
服をかわかしてる最中なんだと・・(ェ)

 中々本当の事が聞けないアマンダの代わりにマークがズバッと聞いてくれましたよ〜
「アマンダの本当の母親はフェイ・サマーズだって出生証明書に!」
何でも、パパがフェイの会計士をしていた関係で子供のいなかったアマンダの両親が彼女を引き取ったらしい。
父親の名前はわからないんだって・・・

 モードに戻って・・エレベーターの中でぼやくアマンダ・・
「これまで生きてきた人生がボワン・・消えちゃった・・・全部いっぺんに白紙・・
私は誰なの?」
「フェイ・サマーズの娘よ」マーク
「冗談としか思えない!
フェイは何回も受付を通ったけど、私を見もしなかったのよ!」アマンダ

 そこにブラッドフォードが乗り込んでくる。
物思いにふけりながら口をゆがめるアマンダの隣で同じように口を曲げるブラッドフォード・・
さらに、耳を触ってブーーーっとため息をつく2人・・・
 その様子を見ていたマークは

 マークのアドバイスで、ブラッドフォードが父親かどうかDNA鑑定するために唾や血を採取しようとするんだけど失敗ばかりのアマンダ・・
そこでマーク登場・・
ウィルミナがブラッドフォードの耳毛に不満を持っているようなので2人のために切らせて欲しいと申し出るのでした。
で、耳毛ゲット!
 「こういう仕事は大人の女じゃないと!」マーク

 ヘンリーからは「君を思ってる」というカードと共に花束が届いていた(アマンダが渡さなかったから枯れてた)けど、複雑な思いのベティ・・

 「モード」の最新号ではウィルミナの企画で自然災害から生き延びた女性のイメージで撮影が始る。
実際に災害に合った女性達をファッショナブルに装わせて再生を感じさせるというアレなのかもしらんけど・・・無神経な感じも・・・
 疲れも手伝ってベティはキレてしまう。
「ここじゃ人の心の中なんてどうでもいいの!
外見のことばっかり気にしてるんだから。
このコンシーラーを使ったって、この人が家を失ったっていう事実は変わらないの!
それに、このアイライナー、コレを使っても愛する人は戻ってこないでしょ!
この女性たちは全てを失ったのよ!
彼女達を救うにはこんなスタイリングジェルだけじゃ足りないんだから!!」

 出たよ、懐かしいベティ節が・・・
確かにその通り・・・・まぁ、撮影隊の皆様もわかっていたとは思うんですが・・
ウィルミナには逆らえんしね・・・
で、一気に撮影隊のテンション

 さて、学校の講座が気に入らなくて飛び出したジャスティンはモードの編集部にもぐりこんでいましたよ〜
ファッションページのスタイリングが中々決まらなくてイライラしているウィルミナに
服の影からアドバイスするジャスティン・・
 「私にだけ見えるの?それとも本当にファッションの妖精がいるの?!」ウィルミナ
 でも、ジャスティンの的確なアドバイスで、いい感じに決まったのを見て・・
「才能あるわ・・」ウィルミナ

 そして脱獄して逃亡中のクレアから、ついにウィルミナに連絡が・・・
「主人から手を引けばモードはあなたのもの。
ウィルミナ・スレーター編集長!・・・・もうよだれたらしてるぅ?
書類を揃えてくれば、その場でサインするわ」クレア
 ウィルミナを呼び出すクレアなのでした。

 ポテトをヤケ食いしているベティの元に、話を聞いたダニエルがやってくる。
ヘンリーの事が忘れられないというベティにダニエルは「お葬式に行こう」と誘うのでした。
 で、公園に穴を掘って(ベティがね)、ヘンリーとの思い出の品を埋めさせるのさ〜

 コレ、一気に燃やしちゃえばいいのにね〜
ひとつひとつの思い出を語りながら、穴に置いていって埋葬するベティ・・
(時間かかりすぎて、ダニエル寝てるだろうが〜!)
「新しくやり直せそうです!」
「僕もやりなおさないと・・・
実はね、黙っていた事があるんだ。
何故あんな事故が起きたか、何故アレクシスがあんな目に・・・
僕はラリってた。アレクシスは病院に車を飛ばしたんだ・・
僕のせいで・・・一生かかってもこの罪の意識は乗り越えられない。
でも、こっちは乗り越えられる・・・」薬を穴の中に捨てるダニエル
「さよならヘンリー・・・」ベティ
 お葬式無事終了・・

 さて、クレアとの待ち合わせ場所にやってきたウィルミナ・・・
と、思ったら実は変装したマーク。
で、クレア側も修道女に変装したお仲間だったよ・・・
クレアは彼女にウィルミナを殺させて、その間にブラッドフォードと話し合おうとしたのかしら〜?
 で、社長室に行ってみれば・・
 
「私があなたの誘いに乗ると思った?
あなたが子供たちから「モード」を取り上げるわけないわ。
別にいいの。
もうすぐ私は全てを手に入れるんだもの。あなたのご主人もね・・・
 あら〜、一人で喋ってたわぁ〜ごめんなさ〜い、どうぞ坐ってちょうだい。
お飲み物でもお作りしましょうか〜?
ただし、早めに飲んだ方がいいわよ。
もうすぐ警察が来るから。
そう、あと3分で」ウィルミナ
「1分で十分」ウィルミナを殴って、グラスのお酒を一気に飲んでにんまりするクレア・・

 さすが、この2人好敵手だわね〜
ただ、クレアの方がお嬢さんなせいか、今回は1本取られそうになったけど・・

 で、修道女に投げ飛ばされ負傷して帰還したマーク・・
「もう二度と「サウンド・オブ・ミュージック」なんか見られない!!」
「クレアは手を引きそうにない・・・それに強力な助っ人が・・・用心しないと」ウィルミナ
 障害があればあるほど燃え上がるウィルミナなのでした。

 やっとヘンリーへの思いに区切りをつけたベティは、イグナシオや父親のいない寂しさに耐えているジャスティンのために「モード」の研修生として働けるよう頼んでくれました。
 ジャスティンは「シーズン1」でもウィルミナやマークとの絡みがいい場面だったのよね〜
これは楽しみですョ〜
 ところで、声変わりのお年頃のジャスティンに合わせたのか声優さんが変わりましたね。
徐々に慣れるとは思うけど、何か変な感じ・・・普通の男の子っぽいな・・・
 
 そして、悲しみからサントスの幻影と過ごしていたヒルダが、やっと彼の死を受け入れたようです。
「もう、あの人はいない・・」ベティの胸で泣き崩れるのでした・・

 んで〜、やっと忘れる事にしたのにヘンリーが戻ってきやがったよ・・・
も〜タイミング悪いわ!

 さらに、さらに・・・勇気を出してICUの中に入り、アレクシスに話しかけたダニエル・・
その声に反応したのかアレクシスが目を覚ましましたよ〜!
でも・・「俺だよ・・アレックスだ」
あちゃーーー!女性に変わった後の記憶失ってるのか?ややこしや〜!!

 始りましたね〜「シーズン2」も波乱の展開・・ますます楽しみですわ〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アグリーベティ2  [ のほほん便り ]   2009年08月18日 09:59
残念ながら、集中放送が始まってたのを知らなくて、序盤を見逃してしまったのですが、(メキシコの顛末は、どうなったんだ??!) あいかわらず、一流ファッション誌「MODE」の編集部をめぐるドタバタ、下町・クィーンにある(東京でいえば柴又か?)ベティ家族と周辺のド...

この記事へのコメント

1. Posted by くま   2008年10月01日 21:17
5 きこりさん、お久しぶりです!以前シーズン1の記事にコメントさせてもらった者です。
やーっとシーズン2始まりましたね!^^複数の問題が同時進行していく、見ていて飽きないアグリーベティがまた始まり、昨日もまた一気に引き込まれてしまいました。はじめにサントスが元気な姿でヒルダとラブラブしてたので、「あ、なんだよかった〜!」と思っていたらあの終わり方!!ドラマを見てもらい泣きしたのは久しぶりです(/_;)現実を受け止められず引きこもっていたヒルダの姿が生々しくもあり、痛々しかったですね。心にずしーんときました。マーク&アマンダの迷(笑)コンビも健在で二人のやり取り、やっぱり最高ですね(*^-^*)
さまざまな問題が山積みだけどテンポ良く進むこのドラマ、今後の展開にますます目が離せないですね!シーズン1の再放送も始まるようですね!嬉しいー!
2. Posted by きこり→くまさん   2008年10月02日 12:22
くまさん、お久しぶりです!!
コメントありがとうございます。
いや〜意外と早く始りましたよね。
私来年まで待たなきゃならないのかな〜?と思いましたもの・・(笑
>はじめにサントスが元気な姿でヒルダとラブラブしてたので
私も、アレ?生きてたのか?とか思っちゃいましたよ・・・
2人の会話が甘〜い感じで・・それだけにラストに暗い部屋に一人でいるヒルダの悲しみがドドッときました。
>マーク&アマンダの迷(笑)コンビも健在で
この2人の辛らつな会話が好きです。
ウィルミナとクレアのギリギリのところで交わす危険な会話もいいですよね〜
アマンダがブラッドフォードの娘となったら、ダニエルの立場もますます難しくなりそうで・・・
ベティの気が休まる暇もありませんね。
来週も楽しみデス〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秋の日のそーやさん韓国ドラマ「復活」全24話