「あんどーなつ」第6回「ゴンゾウ」第7回

2008年08月13日

「シバトラ」第6回

 「憎いよ、小次郎さんや係長と同じぐらい君のことが憎い。
多分その思いは一生消えないと思う。
けど、それ以上に僕をかばってくれた父の思いに応えたかった。
憎しみからは何も生まれない。
だから僕は何があっても人を信じようと思った。
いつも味方でいてくれた父のように・・」竹虎
「だったら、俺が信じてくれって言ったら、信じるのか?」落合
「信じるよ」竹虎
「ふはははははは、ふはははははは〜〜!!ははははっはっ!お前全然変わってないな!
そういう所がムカつくんだよ!」落合
 鉄パイプで向かってきた落合にエア刀でズッパリ切りつける虎ちゃん・・・
「次はないからね」竹虎

 虎ちゃんの一刀が腐りきった落合の心の風穴になるといいんだが・・・
しっかし、落合(橋爪遼)どうしようもないほどねじれた男だったわ・・
また出てくるよね・・
 
 さて、振り返ってみましょうかね・・・
「また誰か殺されたくなければ、これ以上俺の邪魔をするな」
落合から小次郎(藤木直人)のところに電話があったのよね・・
 その頃、竹虎(小池徹平)はさくら(真矢みき)に高校時代の落合との出会いについて話していた。
同じく両親が離婚して、マイナスオーラに包まれていた二人は親しくなって、やさぐれてたんだけど、刑事である父親と出会って更正しようとしていた矢先に起こった事件だったそうな・・・
 で、行方不明になった生島透子の捜査は潜入ではなく、堂々と捜査するんだって・・
新庄(宮川大輔)とペアでね・・

 虎ちゃんの事を心配する小次郎は
「もう落合には関るな」と、捜査からはずれるように竹虎に言うんだけど、
それを受け入れる虎ちゃんじゃなかったよ・・
「他にもひどい目に合ってる子がいるかもしれないんです。
それを見過ごす訳にはいきません」

 竹虎と新庄は透子と一緒のスイミングスクールに通っていた後輩の水原咲(垣内彩未)
の元へ行くんだけど、無神経捜査の新庄と気配り操作の竹虎で足並みが揃わない。
いや〜この新庄のイメージが宮川さんにすんごい合っていて、最近宮川さんを見ると
と〜っても嫌〜な気持ちになるんですけど・・・

 さくらから呼び出された小次郎は、透子からの電話の音声が入ったCD-Rを渡される。
白豚(塚地武雅)に解析して欲しいそうな・・・
さくらの態度から、落合に何らかの報復手段に出ようとしていることに気づく小次郎。
 そして、捜査から降りようとしない竹虎にいらだちを募らせるのでした。
「あいつは根っからの悪人だ」小次郎
「そんな人はいません!誰だって身近に信頼できる人間がいれば」竹虎
「甘ぇんだよ!信じれば誰でも救えると思うな!
世の中にはおめぇの理屈が通じねぇ相手もいる。
もう俺は誰も傷つく姿をみたくねぇんだよ」小次郎

 落合の事件に関わるようになってから、感情的になる二人を心配しながら見守ってきた美月(大後寿々花)。
「どうして、ユリさんは落合を追い詰めたあの埠頭に行ったんだろう・・」
「それは僕のせいなんだ・・」竹虎

 落合の銃弾を受けてから、死神の手が見えるようになった竹虎は
竹虎の父親の仇を討ちに行くと言って出た小次郎の背後に「死神の手」が見えたと
ユリに教えちゃったのよね・・
で、小次郎を守ろうとして、埠頭に行ったと思われ・・・
「ユリさんを死なせた原因は僕にもある。
だからこそ、小次郎さんには前を向いて歩いてもらいたいんだ」竹虎
「みんなあの事件を背負っているんだね・・・」美月

 一見、豪胆に見える小次郎がすごく繊細で傷つきやすい心を抱えており、
クリーミィフェイスの虎ちゃんだけど、芯にゆるぎない強さを持っている。
で、とっても変幻自在・・・
という訳で、竹虎は高校生に化けて、咲と会うためスイミングスクールに入るのよね。

 その頃、小次郎は落合の叔父であるヤクザ事務所を訪ねて、
「落合にこの街から消えるように言ってくれませんか?思い出したくないんです、あの事件のことは・・」と頼むんだけど、そこに落合が現われる。
「あの事件を忘れることなんてできませんよ。
あなたが暴走したせいで、最愛の彼女が死んじゃったんですから。
はっきり言って、俺も被害者なんですよ。
撃つ気もない奴撃っちゃったわけだし・・・
 普通、銃もった奴につっこんだりします?
しかもあっさり死んじゃって・・・彼女、ホントは死にたがってたんじゃないですか?
だとしたら迷惑な話ですよ」

 コレには耐えていた小次郎もキレたよ・・
で、飛びかかろうとしたら、組員達にボコボコにされちゃった・・・
 竹虎は咲から、今晩メイド喫茶で落合と店長が会うという情報を得る。
その情報を傍受した白豚は小次郎へこちょこちょ・・
小次郎のただならぬ様子が心配になった美月は「落合のこと虎ちゃんにまかせようよ」
「関係ないだろ!」小次郎
「関係あるよ!私にとってここは大切な場所なの。
みんなかけがえのない家族なの!
これ以上みんなの悲しい顔を見たくない。お願い、行かないで!」と頼むんだけど・・
行っちゃったョ・・・

 でも、メイド喫茶には店長しかいなかった・・
そこに竹虎も到着。
妻子を楯に脅されていた店長は全て自分がやったことだと言い張って、落合をかばうのでした。
そんな彼の爪を剥いで、落合の居場所を白状させようとする小次郎。
(゚Д゚屮)屮 こえええよぉ!

 このまま小次郎を行かせてはいけないと判断した虎ちゃんは力づくでも止めようと、
ついに小次郎VS竹虎のガチンコ勝負が実現。
でも、素手の小次郎に棒で対抗ってズルいんじゃ?と思ったんだけど、小次郎の勝ち〜
気絶した竹虎を美月にまかせて、落合のいる埠頭へと向かうのでした。

 その頃、落合は埠頭にさくらを呼び出して、透子を無事に帰す代わりに自分を逃がすよう交渉中。
しかし、さくらは落合を自分で成敗する道を選ぼうと、銃を向けるのでした。
「さすが県警の狂犬・・」落合
 一足先について、自分が落合を殺る気満々の小次郎も銃で蹴散らしちゃったョ
 
 燃え盛る復讐の炎を消火できるのは虎ちゃんだけ!
「止めてください!彼を撃っても何の解決にもなりません!」
「ここに来る前私決めたの。
この男に少しでも自分の罪を償う意志が見えたら、8年前の事件は自分の中で踏ん切りをつける、
でも、もし、反省のかけらも見られなかったら、その時は自らの手で彼に裁きを下す。
そう決めたの。
この男はユリの死を無駄にした、だから撃つ!」さくら
「ユリさんの死が無駄になるかどうかはあなたにかかってるんじゃないですか?
あなたが誰かを傷つければ誰かが悲しむんです。
復讐に終りはない、その悲しみを繰り返さないことが彼女の死を無駄にしないってことなんじゃないですか?」竹虎
 再び、銃口を落合に向けるさくらだったけど、結局復讐の道は選ばなかった。

 う〜む・・何か「魔王」を思い出しちゃいましたョ・・
復讐は新たな悲しみを生むだけ、深い悲しみを知っているさくら達だからこそ別の道を選ぶことができた。

 迎えに来た美月と白豚に「帰るか?俺達の家に」と言った小次郎・・・
この四人はお互いがかけがえのない存在になりつつあるみたいです。

 さて、今回は珍しく大活躍だった白豚・・
監禁場所ではスタンガンを駆使して、見張りをやっつけてましたね・・
でもミュージカル仕立ての台本を創って望んだ環とのデートは
環の「いちご苦手なの〜」でオワリ!だから、若い子は止めなって・・

 しっかし、ご苦労様と言いながら、虎ちゃんのお口に覚せい剤入りの飴を放り込むなんて、さくらさん、ドSにもほどがあるわ〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

環(南明奈)が来たときのシミュレーションをする美月(大後寿々花)。「わーおいしそう。環感激。」
2. シバトラ−童顔刑事・柴田竹虎− 第6話 復讐  [ レベル999のマニアな講義 ]   2008年08月13日 17:24
『復讐…涙あふれる最終対決』内容由梨亜の証言により、メイド喫茶にて行われている犯罪に落合建夫(橋爪遼)が関わっていることが判明する。落合は、竹虎の父の殺しただけでなく、さくら(真矢みき)の妹・ゆり(原田佳奈)も殺した犯人。落合と竹虎との関わりを聞いたさ...
3. シバトラ??童顔刑事・柴田竹虎?? 第六話「復讐…涙あふれる最終対決」  [ 掃き溜め日記-てれびな日々- ]   2008年08月13日 18:48
柴田竹虎(小池徹平)は、千葉さくら(真矢みき)からメイド喫茶で働く小中学生に売春を斡旋していた落合建夫(橋爪遼)について聞かれる。落合は、竹虎の父とさくらの妹・ゆり(原田佳奈)を殺した犯人。竹虎の同級生でもあ
4. シバトラ 第6回 感想  [ ぐ〜たらにっき ]   2008年08月13日 19:36
『復讐…涙あふれる最終対決』
5. 「シバトラ-童顔刑事・柴田竹虎-」第6話  [ 日々“是”精進! ]   2008年08月13日 19:37
第6話竹虎はさくらから、失踪中の透子と最後に話した人物が落合だと知らされた。落合は竹虎の父とさくらの妹のゆりを殺した犯人だが、竹虎の同級生でもあった。竹虎は、透子の事件の再調査のために新庄と組んでメイド喫茶へ向かう。同じころ、小次郎が白豚や美月と古着店...
6. シバトラ 第6話「復讐・・涙あふれる最終対決」  [ Happy☆Lucky ]   2008年08月13日 21:30
第6話「復讐・・涙あふれる最終対決」
7. ホモ・レズ・ぴったんこ(シバトラ#6、学校じゃ教えられない!#5)  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2008年08月14日 00:11
『シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜』ミュージカル調の台本まで書き、室生美月@大後寿々花に婦警のコスプレまでさせて、鮎川環@“アッキーナ”南明奈を花火に誘ってキスしようと計画していた白豚@塚地武雅だったが、あえなく玉砕(爆)生活安全課少年係の童顔刑事・柴田竹....
8. シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜 第6話  [ 日々緩々。 ]   2008年08月14日 13:43
落合はシバトラの友人だったんですねぇ… 境遇が似ている二人だったけど、そのうちにソリが合わなくなって… 新庄と共に捜査することになの..
9. 「シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜」第6話  [ fool's aspirin ]   2008年08月14日 15:08
ついに落合と直接対決! 復讐心を露にするさくらと小次郎だが、 竹虎はあくまでも信じる心を貫こうとするのだが…。 今から帰省するので、今回は簡潔に! 明日以降、更新やTB送信が滞ると思いますが、 日曜までぼちぼちでいきます。ご了承くださいませ。 シバト...
10. シバトラ#6  [ Sweetパラダイス ]   2008年08月14日 19:07
少女売春の黒幕が竹虎の父とさくらの妹・ゆりを殺した犯人・落合と判明竹虎は先輩・新庄と、落合が絡む失踪事件を調査することに。小次郎に落合から連絡が入る『また誰かを殺されたくなければこれ以上、俺の邪魔をするなと』慌てて飛び出す小次郎落ち合いは竹虎の友達なの...
11. 「シバトラ」第6話  [ 華流→韓流・・・次は何処? ]   2008年08月15日 18:06
落合の性格、根っからの悪党のようですね。竹虎の信念に触れても、直らないような気が・・・・・・
12. シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~ 第6話 復讐…涙あふれる最終対決  [ アニメ日和 ]   2008年08月16日 00:36
さくらは竹虎にゆりの話をし、落合の情報を提供するよう求める。
13. 「シバトラ 〜童顔刑事・柴田竹虎〜」(第6話:「復讐…涙あふれる最終対決」)  [ 鉄火丼のつれづれ日記 ]   2008年08月16日 01:58
8月12日に放送された「シバトラ」(第6話)は、前回から続く「生島透子失踪事件の真相をつかめ!」というミッションの続きである。終わってみると、生島透子(志田奈々子)は無事に救出されたものの、あの落合(橋爪 遼)をを捕まえる事ができなかったので、鉄火丼は心残り...

この記事へのコメント

1. Posted by オディール   2008年08月13日 16:42
事件は解決しましたが、落合は最後まで引っ張るんでしょうかね?
2. Posted by みのむし   2008年08月13日 20:53
次は覚せい剤の潜入捜査になりそうですね。
落合もまだまだでてくるんでしょうなぁ〜。
しぶといやつめ・・・
3. Posted by きこり→オディールさん   2008年08月14日 07:55
>落合は最後まで引っ張るんでしょうかね?
そうでしょうね・・逃げちゃったから。
さすがに最終回までには決着がつくと思うんですが・・
4. Posted by きこり→みのむしさん   2008年08月14日 07:59
>次は覚せい剤の潜入捜査になりそうですね。
そうですよね、覚せい剤と言えば、潜入ですもんね・・(笑
よく昔のドラマだと潜入して薬漬けにされた刑事が
地下室に自分で閉じこもって、薬を抜くって場面があったけど・・虎ちゃんは大丈夫かな〜?
>落合もまだまだでてくるんでしょうなぁ〜。
この役者さん、なかなか憎憎しいオーラだしてますよね。
このしぶとさというか悪党らしさは中々見られないわ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「あんどーなつ」第6回「ゴンゾウ」第7回