「シバトラ」第3回「四つの嘘」第3回

2008年07月24日

「ゴンゾウ」第4回

 いや〜いきなり「おめでたです」、
んで、出産シーンが始まったから、番組間違えたかと思いましたが・・
天野もなみさん(前田亜季)の人生を振り返ってたんですね。
2度の流産の後、待って、待ってやっと授かった娘、
大切に愛して育てた天使のような娘・・
その子がヴァイオリンに出会って、音大に入って、東京へ・・・
そして、初めてのヴァイオリンコンサートを見に行くはずだったのに・・・
 霊安室で娘と対面するはめになるとは・・・

 事件発生から1週間、
しかし、容疑者の手がかりは鶴ちゃん(本仮屋ユイカ)の足を引きずっていただけ。
で、天野もなみ周りの捜査を強化することになり黒木(内野聖陽)と岸(菅原大吉)は
もなみの男性関係を両親から聞き出すよう佐久間(筒井道隆)から指示される。

 父孝作(秋野太作)と母光恵(浅利香津代)への尋問では、
「人に恨まれるような子ではない」
「交際している男性がいたら紹介するはず」と黒木の思った通りの答え・・
「いいお嬢さんだったんですね・・」黒木
「私達にとっては天使でした・・」孝作

 遺品の整理もできず、ただ呆然と娘がいた部屋に坐り続ける両親・・・
ショックのため「これは夢だ」と思い込もうとする母親・・
| ̄ω ̄、|グスン・・
うちも一人娘ですからねぇ・・夫なんてコレ見ながら感情移入しまくりでしたョ・・

 孝作が嬉しそうに語ったもなみのエピソード・・
妻光恵が自分に贈ってくれた手作りのネクタイ、
初めてのコンサートにはコレを着けて来て欲しいと言っていた。
そして、自分もいつか本当に好きな人ができたら手作りのネクタイを贈ると・・

 まなみの最期の様子を教えてほしいと鶴ちゃんを訪ねる孝作。
「コンサート、ご両親に来てもらうことを楽しみにしていました。
それと、音楽は人を救えると・・」鶴

 「黒木さん、刑事は人を救えるのかな?死んだ人は戻ってこないのに・・」鶴
「バカ!事件を解決することがご両親を救うことになる。ほんの少しだけどな・・」黒木

 「男性関係はないと思います」と佐久間に報告する黒木
「黒木さん、しっかりしてくださいよ・・
死んだ娘を汚したくない両親の言葉を鵜呑みにしてどうするんです?」佐久間
「両親に打ち明けられない男性関係だってあるだろう!」氏家(矢島健一)
「天野もなみには俺も実際に一度会ってますが、同じく清純な印象を受けました」黒木
「かんべんしてくださいよ・・子供の使いじゃないんですから!
東京で一人暮らしをする24歳の女だ。後ろめたい男性関係のひとつやふたつないはずがない」佐久間
「ない女性もいる!男関係は捨てた方がいい!」

 黒木の考えを無視してさらに両親と話を詰めるよう命じる佐久間・・
「両親は憔悴している。特に母親はまだ娘の死を受け入れられてない」黒木
「だからなんです?」佐久間
「酷だ」黒木
「酷?( ∇)ハハハハハ」佐久間
「何が可笑しい?」黒木
「オイ、のび太!捜査に情を持ち込むな!私は昔何度も何度も言われましたよ。
黒木警部、アナタに!!
(飴ちゃんを黒木の口から奪って)大変な宗旨替えだ。
食べものの好みはいいが、考え方まで甘くなってもらっちゃ困る。
天野もなみの男関係をあぶりだせ!」佐久間

 いや〜佐久マー君(@まこさん)恨み帳でもつけてるんですかね〜
しかも毎回「のび太」ってのを強調するよね〜
こうやって、昔言われた事をチクチクと責めずにはいられないほど、二人は強烈な関係だったんですね。

 んで、インコに「佐久間、なまいき!」と教え込もうとする黒木。
「女によっぽどひどい目にあったんだな・・だから女というものを信じることができないんだ、佐久間は!」
って・・そこに理沙(大塚寧々)が・・・
 奈央よ!じゃなくて理沙よ!どんだけマー君を傷つけたのかい?!

 そして寺田のとっつあん(綿引勝彦)は、退院してそっと一人病院を去り、
所長に「休職届」を出すのでした。
「あなたみたいな刑事になりたかった・・」所長
「所長にまで登りつめた方が何を言います」寺田
「警察で出世したがる奴なんて、現場で挫折したのをごまかしたいだけですよ・・」所長

 んで、署から出た寺田を日比野(高橋一生)が待ち構えていた。
「誰にも何も言わないなんて流行らないでスョ・・」日比野
「決まらないな・・俺は。特捜本部に入れ!話は通しといた」寺田
「寺さん、俺にそんな資格ないです!
寺さんが引退するのだって、俺のせいじゃないですか?!」日比野
「ああ!!お前のせいだよ!
お前をかばって刺されたせいで、俺は腰抜けになっちまった・・お前のせいだよ!
だから、責任取って、俺の代わりを務めろ!」寺さん
 寺さんの後姿をしゃくりあげながら見詰める高橋君・・情けない風情が似合うぞ!

 あぁ・・寺さんと日比野の刑事劇場、けっこう好きなのに・・・
次回からは黒木との「刑事珍道中」か〜

 さて、もなみの「天使の証明」のため、音大時代の友人に聞き込みした黒木たち(日比野も合流)は、もなみがキャバクラでバイトをしており、そこで知り合った
悪質な投資コンサルタント柿沼(遠藤憲一)(現在逃亡中)の情婦の一人であることを知る。
 「たいした天使だ」佐久間

 柿沼の顧客は極星会というヤクザ系がほとんどであることが判明。
さらに、糖尿病を患っていた柿沼は足を引きずってる可能性もある。
全てを失ってヤケになった柿沼がもなみを襲ったのか?
「柿沼仁を重要参考人として取り調べる。総力を上げて見つけ出せ!極星会より先にな」佐久間

 もなみ情報にショックを受ける黒木・・
さらに、柿沼の存在を自ら両親に確認するという佐久間に同行する黒木たち。
もなみと柿沼の関係を伝え、勝手に柿沼との関係を証明するものがないか捜し始める佐久間。
「やめてくれ、触らないでくれ!私達の娘はそんな子じゃない」孝作
「・・・このドレス、ご両親が買い与えたものですか?このコートは?
駆け出しのヴァイオリニストが買える代物ではありません。
ご両親でもないとすれば、誰が買い与えたんでしょうか?」佐久間
「知りません!」孝作
「この腕時計は?このピアスは?このネックレスは?この指輪は?!」佐久間
「佐久間!」黒木
「私達は何も知らないんだ・・」孝作
「佐久間!もういいだろ。この人たちは何も知らない」黒木
「確認できればそれでいいです」佐久間

 まるで黒木を苦しめようとしているように、冷酷に両親に事実を突きつける佐久間・・
でも、この姿が過去の黒木そのものだったんでしょうね・・
そして、その時は、佐久間が被害者の家族のために心を痛めていた・・
立場がまるっきり逆だったはず。

 怒りが噴出す黒木・・・
「黒ちゃん、柿沼見つけ出そう・・」岸

 そして、柿沼の妹妙子(舟木幸)の元へ。
妙子の住居の周りは柿沼を待ち構える極星会のやくざがうろうろしており、
まともな生活を送れない状態になっていた。
 ずっと一方的にメールを送り続けているという妙子・・
「怒りをぶちまけるんです、早く出てきて、ヤクザに捕まって死んでくれって・・」
自分の携帯番号をメールに載せるよう頼む黒木。

 被害者の家族の悲しみ、加害者の肉親の苦しみ・・愛憎・・
その姿を目の当たりにした黒木の心に、また刑事としての新たな使命感が生まれたような気がしましたが・・

 孝作が置いていったもなみの小さい頃のDVDを見る鶴と黒木。
「救うことになってるんですか?事件を解決すること。
ご両親を救うことになるって黒木さん言ってたけど、救うことになってるのかなぁ・・
捜査を進めれば進めるほど、真実を暴けば暴くほどご両親を苦しめてる。
もなみさんを貶めてる・・真実って残酷ですね」鶴
「知らなくていいことも世の中にあんのかもなぁ・・」黒木

 夜中、黒木は柿沼からの電話を受ける。
「情婦じゃない。お前らバカだ、大きな間違いをしてる。
天野もなみは俺の情婦なんかじゃない。
あの子は、金で男に抱かれるような子じゃない。
あの子はな、ホントに天使みたいな子で」柿沼
「無事なのか?」黒木
「俺なんか相手にする訳がない。俺なんか追ってないで真犯人を捕まえろ」柿沼
「わかったから!警察で話せ!柿沼!」黒木
「わかった・・いくらでも話す。これから出頭するよ」柿沼

 柿沼が電話をかけてきた場所は極星会の奴らがうろうろしていた妙子のアパートの近く。
危険を察知した黒木達がすぐに駆けつけたが、柿沼は刺された後だった。
「頼むから、まなみ殺した奴、捕まえてくれ・・聞こえてきた・・もなみのバイオリン・・」

 「しとめましたよ!出てきたら幹部のポストよろしくお願いします!」
その側で、嬉しそうに電話で報告するチンピラÅ・・
って、懐かしのテロリストパク・ソヒさんじゃないですか〜!
相変らずの荒みっぷり・・いい感じっス!
手を差し出して「早くぅ!早くぅ!へっ!早く!」とおねだりする奴を殴り続ける黒木。
 ビビリながら止める日比野。

 ふと見ると、息絶えた柿沼のポッケにはもなみが贈ったと思われる手作りのネクタイが・・
「黒ちゃん・・」岸
「こいつの言った通りだ、情婦じゃなかった・・情婦じゃなかったんだ!ああああーー!」黒木

 「柿沼は危険を顧みず、我々にもなみさんの真実を伝えようとしました。
柿沼の所持品はこのネクタイと、現金482円。それから・・もなみさんの手紙です。
もなみさんはご両親が思ってた通りのお嬢さんでした」黒木
手紙には柿沼への純粋な愛情が綴られていた。
泣き続ける妻を抱きしめる孝作・・・

 この事実を伝えずにはいられなかった黒木。
もはや彼は事件を解決すればいいという刑事ではなくなっている。
刑事の仕事を「救い」にするべく動いている。

 そして、屋上の佐久間と理沙再び・・デスョ。
「今回はゴンゾウに学んだんじゃない?親子の情愛ってものはあなたが考えているよりも・・
彼の何が気にいらないの?!何故叩きのめしたいの?」理沙
「誰だって心に傷のひとつやふたつはある。この仕事してればなおさらだ。
だがみんながんばってる、歯をくいしばってがんばってんだ。
勝手にドロップアウトして備品係としてのうのうと過ごすなんて俺は認めない」佐久間
 そしてマー君に新事実判明!
自宅には美人の奥さんは居らず、車椅子で要介護の母親が待ち構えてましたよ・・
「やっと帰ったか!薄情息子!」

 何やら親子間に軋轢を抱えてるふうの佐久間・・・
親子関係にクールなのは、母親に原因があるのか?
そして、黒木の悪夢に出てきた人形の「この世界に愛はあるの?」は?
う〜む・・まだまだ謎がゴロゴロ出てきそうだね・・・
飽きない!このドラマ飽きないぞ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「ゴンゾウ伝説の刑事」第4話  [ 日々“是”精進! ]   2008年07月24日 12:44
【送料無料選択可!】Who-08-/小谷美紗子第4話もなみが射殺された事件は、犯人は当初からもなみを狙っていた可能性が高まった。佐久間はもなみの周辺の捜査を強化し、黒木らに男性関係を洗い出すよう命じる。黒木らは上京していたもなみの両親に話を聞くが、2人とも、も...
2. ゴンゾウ4 おいのび太捜査に情を持ち込むな!  [ ぱるぷんて海の家 ]   2008年07月24日 13:04
第一話のモナみ殺人事件だけで最後まで引っぱるのでしょうかこのドラマ。ジョシデカでも第二第三の殺人で守備範囲を広げてキタのにぃなぁ。 そー云えば脚本家氏は 「人ひとりが殺されるということの重大性」がテーマ とか云ってたけど・・・。 でもそんな高尚な命題....
3. ゴンゾウ〜伝説の刑事 第4話:天使の証明  [ あるがまま・・・ ]   2008年07月24日 13:23
薄情息子!?Σ(- -ノ)ノ エェ!? 美人妻は?(´д`三´д`三 ´д`) どこっどこなの!? お母さん@有馬稲子の介護に嫌気がさして出ていったの?それともガセ??? どっちにしろ、今現在妻が不在って事は、理沙先生と復縁の可能性もありか{/eq_1/} てか、仕事では冷血な...
4. ゴンゾウ〜伝説の刑事 第4話 天使の証明  [ レベル999のマニアな講義 ]   2008年07月24日 18:38
『天使の証明』内容すでに事件から1週間。。。捜査に、ほとんど進展はない佐久間は、岸・黒木組にもなみの男性関係を洗い出せと命じる。黒木は両親に話を聞き、いないという話をそのまま伝える。が、、そんなわけはないと、佐久間は断言。再度の捜査を命じる佐久間。黒木...
5. 「ゴンゾウ〜伝説の刑事」第4話  [ fool's aspirin ]   2008年07月24日 18:45
ベンチプレスでトレーニング中に持ち上げられなくなって、 女子みたいな悲鳴を上げる黒木。 相変わらずダメオーラ全開! 今回もなみが「天使」であると信じて奔走するが…。 JUGEMテーマ:エンターテイメント
6. ゴンゾウ 伝説の刑事 第4話  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2008年07月24日 21:58
ある電気店を営む年配の夫婦に子供が授かった。 二度流産した末に授かった子 その子は女の子だった。
7. ゴンゾウ・第4話「天使の素顔」  [ 山吹色きなこ庵・きままにコラム ]   2008年07月24日 23:02
なんと!毎回、佐久間の印象が変わる・・・。 私の中では修正につぐ修正ですよ。。。
8. ゴンゾウ 第4話  [ 日々緩々。 ]   2008年07月24日 23:11
片付けようにも、もなみの部屋、持ち物に触れられないという両親… 冒頭、もなみの幼少の頃からの映像と言い、手作りネクタイのエピソード??.
9. 【ドラマ】ゴンゾウ 第04話「天使の証明」の感想。  [ いーじすの前途洋洋。 ]   2008年07月25日 03:52
ゴンゾウ 第04話 「天使の証明」 評価: ── 俺のせいみたいなもんだ・・・ 喋るのを封じてたあんたの口をオレが無理やり開かせた・...
10. 《ゴンゾウ??伝説の刑事》#04  [ まぁ、お茶でも ]   2008年07月25日 04:50
もなみの両親が上京してきた。娘のアパートを引き払いに来ていたが、どこから手をつけていいのか呆然としていた。 もなみの異性関係を洗いなおせと佐久間に言われて黒木は、鬱憤を鳥に当たることで晴らしていた。
11. ゴンゾウ〜伝説の刑事 第四話「天使の証明」  [ 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 ]   2008年07月25日 20:19
7月8日 事件発生から間もなく一週間たつが、一向に新しい情報は 入ってこなかった。そこで、もなみ(前田亜季)の男性関係を 洗いなおすことになった捜査本部。 黒木(内野聖陽)と岸(菅原大吉)は、もなみの自宅に向かい彼女 の両親の孝作(秋野太作)と光恵(浅利香津代)に....
12. 生田斗真 前田亜季  [ YourFileHostエロ動画で抜く! ]   2008年08月15日 13:12
高瀬七海 小麦色に日焼けしていた半年前のサイパンから再開すれば早くもイメチェン、髪も短く肌も白くなった七海ちゃん。 動画ダウンロード ■ゴンゾウ〜伝説の刑事(6) ■ゴンゾウ…好きな場面! ■まほろば ■日本ドラマを気にされている皆様方へ ゴンゾウ ...

この記事へのコメント

1. Posted by まこ   2008年07月24日 13:55
そそ!いつもと違うオープニングの雰囲気に
「うわっ!録画予約に失敗か」と
めっちゃ焦りましたわ〜
両親に愛されたほんまもんの天使だったもなみさん。
そりゃ鶴ちゃんが妬みたくなったのも
わかる気がするわ〜(笑)。

そしてマーくんの家庭事情!そりゃやさぐれちゃうのも
無理ないか〜と・・・
ただ・・・美人妻なぞ存在しない事を理沙が知ったら・・・
やばっ!マーくんを守る会を復活せねばっ!!!(笑)
2. Posted by オディール   2008年07月24日 17:16
佐久間の家庭環境が少し明かされましたね。
黒木と佐久間はある意味同じなのかな?
3. Posted by きこり→まこさん   2008年07月24日 18:00
>「うわっ!録画予約に失敗か」と
めっちゃ焦りましたわ〜
んだよね〜!!
私もチャンネル変えたり、いろいろしたけど、
ヴァイオリンが出てきて、やっとほっとしたわ〜
>そりゃ鶴ちゃんが妬みたくなったのも
わかる気がするわ〜(笑)。
そうそう、余りにも前向きで正論を吐かれちゃね・・(←鬼?)
まさか、ここまでじっくり天野さんの人生と家族の関わりが描かれると思わなかったからびっくり!
でも、今回、マー君の家族も登場!
ホント、噂の美人妻はどこ行ったんだろう?
知らないとは思うけど、何気に二人きりの場面が恒例化してきてる理沙さん・・
こりゃ、やはり「マー君を守る会」再び旗揚げしなきゃダメかも!
4. Posted by きこり→オディールさん   2008年07月24日 18:05
>黒木と佐久間はある意味同じなのかな?
そうかもしれませんね。
過去の佐久間と現在の黒木がだぶって見えるように、
現在の佐久間は過去の黒木だった・・・
何が原因でこうなってしまったのか・・・
それが明かされるのはまだまだ見たいですね。
5. Posted by えいこ   2008年07月24日 18:10
私も「ゴンゾウの時間に、違うのが写ってる!!」って
最初焦りましたよ〜〜!(*´∀`*)
このドラマ、派手さはないけど惹きつけられますね。

<ショックのため「これは夢だ」と思い込もうとする母親・・

三浦綾子の『氷点』の、わが子を失った母親とカブッて見えました。
人間って弱いですもの、こういう時は現実逃避したほうが
楽ですよね・・・
私ゃ完全にもなみのお母さん目線で見ちゃってましたよ〜。

それにしても、内野聖陽サンがどんどん素敵に見えますvv
オチャラけているようで、実に繊細な心を持ち
いろんなことに悩み苦しみながら
それでも前向きに捜査しようとする姿に萌え〜〜(笑)!!
・・・あっ、宗像コーチだったことは忘れたいです(笑)。
6. Posted by 夕来   2008年07月24日 18:43
あのチンピラ、SPに出てた人かぁ。
エンケンさんもいい味出してたね。
今回も事件に親子の情愛のええ話を絡めてるのが秀逸だ〜。
そして佐久マーくんや黒木やヘタレ日比野に萌えまくる私!
本庁のエースのはずのマーくんのマンションが地味なのとか、
暗闇からいきなり老母とか、
もうなんかいろいろてんこ盛りですごいっす!(<興奮
美人妻伝説はどうなったのか気になるぞ。
あの悪夢の人形は黒木のトラウマと関係あるのかな〜。
7. Posted by きこり→えいこさん   2008年07月24日 19:42
>このドラマ、派手さはないけど惹きつけられますね。
そうなの〜!いい感じに地味だよね(笑
そして、私もどんどん内野さんのことが気になる存在に・・・?!
でも魔王様ほどじゃないけどね・・(笑
>私ゃ完全にもなみのお母さん目線で見ちゃってましたよ〜。
私も〜佐久間から柿沼の情婦だとか言われて、夫婦であんたのせいよ!とか言いあってるのがリアルだった・・
でも、やっぱり天使だってわかって良かったョ・・
これからこの老夫婦が生きていくのに、もなみが情婦だったかそうだったかでは全然違うもんね・・・
>あっ、宗像コーチだったことは忘れたいです(笑)。
いや、あれも内野さんの歴史の1ページだから!(笑
8. Posted by 陽子しゃん   2008年07月24日 19:48
きこりさん、こんばんは
地震こわかったね。
震度4って結構な揺れ。
そーやちゃんもびっくりでしたね。
新潟は震度2だったけど、
私。。。熟睡して何も気がつかなかったの。
9. Posted by きこり→夕来さん   2008年07月24日 20:03
>エンケンさんもいい味出してたね。
エンケンさんはいいよね〜!
いつもきっちり仕事を見せてくれるわ〜
>そして佐久マーくんや黒木やヘタレ日比野に萌えまくる私!
高橋一生君って、ヘタレキャラやり続けてるような・・
やっぱり需要があるからなんだろうね(笑
寺さんの愛情に涙をこらえる姿が良かったわ〜!
>本庁のエースのはずのマーくんのマンションが地味なのとか
私も、意外と普通だな〜給料安いのかな?とか思っちゃった(笑
で、お母さんの前ではこれまた普通の息子っぽかったのが萌えたわ〜
10. Posted by きこり→陽子しゃんさん   2008年07月24日 20:06
>そーやちゃんもびっくりでしたね。
なんかね、いつも震度3ぐらいだとそーやも
のんびりしてるんだけど、昨夜は外に出ようと襖カリカリかっちゃいてたも〜
やっぱり怖かったのかな?(笑
>私。。。熟睡して何も気がつかなかったの。
な〜にぃ〜?!
柱| ̄m ̄) ウププッ
いやいや、2程度なら私も布団から出ないし
気づかないと思うわ〜(笑
このところ地震が続いてるからやだよね〜
11. Posted by ikasama4   2008年07月24日 23:07
個人的には見た目で
遠藤さんがヤクザのボスに見えてしまう今日この頃(; ̄∀ ̄)ゞ

なんか佐久間が黒木を恨む理由が分かってきましたねぇ。
刑事のイロハを教えてくれた師匠ともいうべき人が
職場放棄のような形をとってのんびり暮らしてるのが
気に入らないみたいですね。

その気持ちは分からんでもないですね。

こういうのを見ると
自分がした事はいずれ自分にかえってくるみたいです(苦笑)

それにしても事件の謎を解くよりも
事件を追う刑事の内面にこんなにも焦点を
当てているのは珍しいし

何より黒木がみんなのキャラを
かなり引き立ててくれてる気がしますね。

>刑事の仕事を「救い」にするべく動いている。
その一方で自分が封印しようとした「闇」が
出てきているようで。
それが一体どのようなものなのか気になります。

とはいえ人物描写がキッチリ描かれているので
少々引っ張ってもそれが気にならないです。

とりあえず今回は
黒木の勘が外れなくて良かったです(笑)
12. Posted by つっぺ   2008年07月24日 23:10
>あぁ・・寺さんと日比野の刑事劇場、けっこう好きなのに・・・
寺田さん、もう出てこないんですかね〜??
ステレオタイプの愛すべき刑事さんて感じで
すごく和ませてもらってたので寂しいです〜´・ω・

マー君の新事実にはビックリでした〜!!
美人の奥さん…あのマンションの暗い部屋のどこにいるんだ?と思って
目を凝らして探しちゃいましたよ^^;
黒木に対する妬み?の感情はこの辺のプライベート事情も
影響してるんでしょうかねぇ…
ホント、飽きの来ない旨みあるドラマですわ〜♪
13. Posted by mari   2008年07月25日 04:34
来週は、ゴンゾウがすっきりおひげを落とすようですが、うちのさんは、舞台出身だから、前に見に行った時にすごい萌え〜でした。
14. Posted by きこり→ikasama4さん   2008年07月25日 06:40
>職場放棄のような形をとってのんびり暮らしてるのが
気に入らないみたいですね。
お前も戦えっ!ってことですかね〜(笑
一人、戦線からはずれて高見の見物をしてるように
思ってるんでしょうか・・
これは確かにズルイ・・と思うかもしれません(笑
>その一方で自分が封印しようとした「闇」が
出てきているようで。
黒木もその闇と戦っているんですが・・・
いったいどんなものなのか・・とりあえずあのお人形さんはコワイです・・
あと、掴もうとした手から下に落ちていく男の人の映像もありましたよね。
>とはいえ人物描写がキッチリ描かれているので
少々引っ張ってもそれが気にならないです。
そうなんですよ、むしろ気持ちがいいっていうか・・
おもしろい創り方だし、脚本がうまいな〜と思います。今回ちょっと佐久間をギャフンと言わせることができた良かった〜
15. Posted by hanabon   2008年07月25日 11:46
初めまして。
「ごんぞう」は私も今のクールで一番好きなドラマです。
内野さんて、ほんとにいい役者さんですね。
この記事も、とても上手に書かれていますね。
ドラマの良さがよく伝わってきます!
16. Posted by きこり→つっぺさん   2008年07月25日 13:21
>寺田さん、もう出てこないんですかね〜??
どうなんでしょうか〜
孫と一緒に歩いてるところを日比野とすれ違うとか
の場面ありそうですが・・・(笑
寺さんは刑事らしい昔ながらの刑事って感じですよね。
>あのマンションの暗い部屋のどこにいるんだ?と思って
目を凝らして探しちゃいましたよ^^;
ホントですよね〜(笑
どんなかわいい奥さんが出てくるかと思って目を皿のようにしていたのに、出てきたのは・・
私生活も仕事もハードな佐久間にしてみれば、楽して生きてるような黒木が憎らしいんですかね・・
愛情の裏返しのような気もしますが、この二人には最期まで憎まれ口を効きあう関係でいてほしいような・・・
17. Posted by きこり→mariさん   2008年07月25日 13:40
>来週は、ゴンゾウがすっきりおひげを落とすようですが
ええええ〜?!
お髭のゴンゾウさん、けっこう好きでしたのに〜!
何で剃っちゃうんだろ?
mariさん、舞台で内野さんを見たことがあるのですね〜
羨ましい!
舞台だとまた違った雰囲気なんでしょうね〜
18. Posted by きこり→hanabonさん   2008年07月25日 13:44
コメントありがとうございます。
>内野さんて、ほんとにいい役者さんですね。
ホントですよね〜
私、大河ドラマは未見なので、「エースをねらえ!」ぐらいしか見てないんですが(笑
コメディっぽい場面も自然で、すごくおもしろい役者さんですよね。
今回、筒井さんとの絡みもあって、すごく新鮮な思いでこのドラマを見ています。
すごく丁寧に事件に関わる刑事側の思いも描いているので、回を重ねるごとに情が移っていきますよね。
徐々に再生していくゴンゾウの明日が楽しみです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「シバトラ」第3回「四つの嘘」第3回