「無理な恋愛」第10回「ホカベン」第9回

2008年06月11日

ナンシー関さんのこと

 ナンシー関さんが亡くなって、もう6年が過ぎたそうだ・・
彼女の死亡が伝えられた時の衝撃は今でも憶えている。
もうナンシーさんのコラムは読めないんだ・・ハンコも見られない・・
つまらないなぁ・・・これからどうやってTVを見たらいいんだ?
何で死んじゃったのかなぁ・・

 ナンシーさんのすごさを今さら私なんかが書いてもアレだけど・・
彼女は天才だった。テレビを見る天才。
 TVというものは、かなり正直にその人物を映し出してくれるものだと思うが、
ナンシーさんは画面に映った情報から、その奥にちらりと見えるものを見逃さず、
分析し、拡大して、わかりやすく表現してくれた。
テレビを見てて感じる何かもやもやした奥歯にものがはさまったような・・
でもどう表現したらいいのかわからないものを、いつもナンシーさんがすっきりさせてくれたもんだった・・・

 「なに様のつもり」シリーズ(「何をいまさら」「何の因果で」「何もそこまで」など)はもちろん、TV消灯時間シリーズのTVコラムは90年代の著書だが、今読んでも納得のおもしろさがある。
 そして、対談シリーズ(「無差別級」「超弩級」など)では
どちらかというとぬるい会話を続けてるようなのに、いつのまにか
相手の真実の姿がくっきりと浮かび上がるというナンシーマジックを見せてくれた。

 あとナンシーさんには大月隆寛や町山広美さんらを相方にして、硬軟様々な現象を語り合う本もあるんだけど、私が一番好きなのはリリー・フランキーを相方にした
「リリーとナンシーの小さなスナック」。
 常にリリーさんのナンシーへの深い尊敬が感じられるし(姉のように慕ってるというか)
ナンシーさんもバカな息子を「しょうがないね」って迎えるような優しさがあるんだよね。
この二人は考え方が似ているのかなぁ・・
でも、オカマ二人の会話みたいなんだけどね・・・かなり深いんだけど・・

 彼女のコラムを読んで学んだことは、ものを書くときは対象への愛がなきゃ書かない方がいいってことと、書き始めたら最後まで自分で責任を持ってしめるってことかな・・
今さらながらに、彼女の偉大さが偲ばれる6月11日でした。合掌・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「ナンシー関・大ハンコ展」  [ みょうがの芯 ]   2008年06月11日 19:21
39歳の若さでこの世を去ったナンシー関。 世界初の消しゴム版画家であり、凄まじいイTVウォッチャーであり、名コラムニストとして名を馳せた人物です。 展示ブースの中には、消しゴム版画の原版であるハンコ計5,000個強が全個集合! 5,000個ですよ!! 小さいの...
2. ブレなかった視線 〜ナンシー関 大ハンコ展〜  [ 椿的濃縮タマシイ ]   2008年06月16日 18:28
ナンシー関が、39歳で急逝してもう6年になる、ワケですが。 あのニュースのときは大ショックだったなぁ・・・。2年後にきた中島らものおっちゃんの死と同じ、いやもしかしたらそれ以上のショックだったんだよなぁ。 で、ナンシーは、今年七回忌。 この「七回忌」にちなんだ意...

この記事へのコメント

1. Posted by 芯   2008年06月11日 19:19
こんばんはです。

こちらで意見が合うとは、大変嬉しいです

でも、北海道からではちょっと難しいですね。残念です!

ナンシーさんの時代を切ったコメントや文章には、本当に頭が下がります。

没後6年の彼女の7回忌に、有志でこの企画をしたそうです。
全部の消しゴムのリストを作り、その後インクをキレイに落とすと言う大変な作業をしたとか。

大ハンコ展を見て、改めてナンシーさんの才能に感服しましたよ!

ps.ドラマの方も細々ですが続いています。また、よろしくお願いします。

2. Posted by きこり→芯さん   2008年06月11日 21:09
>こちらで意見が合うとは、大変嬉しいです
こちらこそ嬉しいです。
ナンシー関さんの記事を書いてらっしゃるなんて・・
>ナンシーさんの時代を切ったコメントや文章には、本当に頭が下がります。
ホントですよね・・
ナンシーさんの独特のものの見方に何度目からウロコが落ちたか・・・
でも、人を切り捨てるような文章ではなかった・・
クールなので、一見辛らつにも取れる文章でしたが
相手を生かす内容でしたよね。
>ps.ドラマの方も細々ですが続いています。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
3. Posted by うどん   2008年06月11日 22:36
図書館で何冊か置いてるのは知っていますが、読んではないんです。借りて読んでみます。
4. Posted by きこり→うどんさん   2008年06月12日 06:52
>読んではないんです。借りて読んでみます。
かなりの著作の量かとは思いますが、
ハンコの画を見てるだけでも、感じるものが
ありますよ〜
描かれた本人も気づいていないであろう姿が
刻まれてるようにも思えます。
ナンシーさんにハンコを彫ってもらって、コラムに書いてもらうことは芸能人にとってひとつの到達点でしたからね・・
5. Posted by まこ   2008年06月12日 10:48
ナンシーさんの事は、あまり詳しくは知らないんだけど
似顔絵の横のコメントには、クスッと笑わせて頂いてましたわ〜。
新しい人がどんどん出てきたりと入れ替わりの激しい
テレビの世界。
ナンシーさんが生きてたら、この人の事はなんて
コメントしてくれるんだろうと、今でも思ってしまいまふ…
6. Posted by きこり→まこさん   2008年06月12日 15:19
>似顔絵の横のコメントには、クスッと笑わせて頂いてましたわ〜。
いや〜端的に現してるよね〜
描かれた人の本質をつくような言葉を添えてたもんね・・
で、笑わせてくれる、ただ、へ〜って納得するんじゃなくて笑わせてくれるから、それで浄化しちゃうっていうか・・
>新しい人がどんどん出てきたりと入れ替わりの激しい
テレビの世界。
辛酸なめ子さんが後継者みたいなことを書いてる文もあったけど、ちょって違うんだよね〜
基本のスタンスが違うっていうか・・
ナンシーさんが生きてらしたら、斬って欲しいことがいろいろあるよね・・
7. Posted by ヨーコ   2008年06月13日 07:47
私も大好きだったよ、ナンシー関さん。ナンシーさんが亡くなってから、えのきどいちろう(字が思い出せない・・・)も見なくなったなぁ。エッセイが面白くて、ついつい本を買っちゃう人って、私の中ではナンシーさんとオーケンとリリーさんなの。淋しいなぁ。もぉ6年も経つんだね(泣。
8. Posted by きこり→ヨーコさん   2008年06月13日 10:44
ナンシーさんのハンコはもちろんのこと
文章はホント味わいがあったよね・・
誰にもマネのできない独特の世界だったもんね・・・
腹がたったり、馬鹿らしいような現象も、ナンシーさんの筆を通すと、すごくおもしろいものになったもんね。
私もナンシーさんの本はほとんど持ってるよ。
オーケンは一時、変になっちゃってから、心が離れちゃった・・(笑
リリーさんは、いろんな面でいい位置にいるよね(笑
私、リリーさんの顔も好きなの〜
9. Posted by ツバッキー   2008年06月16日 18:32
はじめまして。
私は、最終日の前日という微妙な日に行きました。

すごい人の多さにびっくりしました。
おっしゃる通り、天才ですよね。ほんと、もやもやするもとをスパーンと解明してくれるような(笑)愛がなきゃだめっていの、よくわかります。
まさに私の思ってることだ・・。

10. Posted by きこり→ツバッキーさん   2008年06月16日 21:21
>私は、最終日の前日という微妙な日に行きました。
あぁ・・・心の底から羨ましいです。
でも、ツバッキーさんの記事によるとすごい混み様だったみたいですね。
ナンシーさんが彫ったハンコをじかに見られるなんて最高ですよ〜
有志の方たちのがんばりのおかげですよね。
ナンシーさんはみんなの姉御だったんだろうなぁ・・なんて想像したりします。
>ほんと、もやもやするもとをスパーンと解明してくれるような
そうなんですよ〜
すっきりさせてくれるだけじゃなくて、分析して理解させてくれるっていうか・・読めば読むほどもっとナンシーさんの考えが知りたいって気持ちになる文章でした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「無理な恋愛」第10回「ホカベン」第9回