「バンビーノ」第三回「帰ってきた時効警察」第四回

2007年05月05日

「松本喜三郎一家物語〜おじいさんの台所〜」

 さて、このドラマはいろんな人が様々な思いを抱えながら見ていたのではないでしょうか・・

 うちの夫も珍しく一緒に最後まで見ていました。
夫の父は現在75歳、3年前に義母が亡くなってからずっと一人で暮しています。
でも、この義父、この年代の男性にしては珍しく掃除・洗濯・料理と何でもできる人間なんで、
一人になってもそういう面では困らなかったようです。
 困るとしたら、うちの夫の方かも・・・
そんなに甘やかしてるつもりはないけど・・
しょっちゅうどこに何があるかさがしてるし・・
危機意識が甘いからな〜泥棒に入られたり鍋焦がしたりしそうだよな〜

 さて、ドラマの主人公は喜三郎おじいさん・・80歳にして妻に先立たれました。
それまでは家の事は全て妻にまかせっきり・・
この年代の男性としては当たり前のことかもしれません。
子供たちは一人暮らしになる父親の今後を心配します。

 長女暁子(高橋恵子)は夫が会社社長をしているためかなり裕福な暮らしをしている。
悩みは長男安司(田中圭)がニートだということぐらい。

 次女陽子(かたせ梨乃)はダンサーになるためにスペインに渡っていたため
久しぶりの再会だった。仏前で踊りを披露するとさっさとスペインへ帰ってしまった。

 三女夕子(安田成美)は独身で編集者。

 四女末子(牧瀬里穂)既婚、有紗(福田麻由子)という中学生の娘がいる。
お金に困っているらようで、父を引き取ると言った長女の言葉を受けて
両親の家を売ってそのお金をみんなで分けようと持ちかける。
 娘が四人もいたら、必ず一人はこういう金に困ってるのが出てくるのよね〜
何だか牧瀬さん「汚れた舌」以来、不幸な役が続いていて・・ちょっとせつないわぁ・・
まぁ、他の兄弟が末子の提案を跳ね除けたから良かったけどさ・・ 
おじいさんの台所―父・83歳からのひとり暮らし特訓
おじいさんの台所 二年目
おじいさんの台所の死―ひとり暮らし7年間



 さて、お葬式も済んで・・・
長女暁子が夫が自宅の敷地内に父親用の家を建ててくれるから
一緒に住もうと提案するが、喜三郎(三國連太郎)は
「1年間がんばってみてどうにもならなかったら・・」と言って一人暮らしを始め
る。

 妻との思い出のある家を離れる気になれないおじいさん。
それに、急に知らない場所で馴染みのないものに囲まれて生活なんて、
やっぱりどう考えてもしんどいよね・・
それでやることもなくなって、逆にボケる場合もあるし・・・
 思考能力もあって健康なうちは私もやっぱり自分の家に居たいと思うだろうなぁ・・

 暁子はお米のとぎ方もわからない父のために家政婦と食事の宅配を手配する。
何とその金額、1ヶ月¥345,000!
どんだけ金持ちなんだ〜?!
 
 でも、家の中に人が入ることの煩わしさとプラスチック容器のお弁当に
嫌気がさした喜三郎は断ってしまう。
ヘタながらも自分で食事を作って、おじいさんの一人暮らしが始まったが
「オレオレ詐欺」に引っかかりそうになったり、鍋を焦がしてボヤ騒ぎを起こしたりして娘達を心配させる。

 いや〜80歳だからね!
普通に健康で生活してるだけでもすごいよ!
それを一から家事をやるなんて、神業と言ってもおおげさじゃないと思うよ。

 ところで、こういうホームドラマにはよく近所の物見高いおばさんキャラというものが登場するが、今回は隣家で同じく一人暮らしをする初老の婦人として
由紀さおりが出てくる。
 健康法は歌らしくて、いつも歌声が聞こえてくる。
最終的に老人ホームに入るのが嫌で、喜三郎に一緒にくらしませんか?と
プロポーズするんだけど、きっぱりと断られてしまう。

 三女の夕子は父の今後の事を考えて、家中に注意書き(「甘いものは一日1回」とか「お酒を飲んだら風呂には入らないこと」などを貼りまくる。
そして、ご飯の炊き方、掃除機の使い方、洗濯機の使い方、
ゴミの分別と捨てる場所などの指導をする。
そして、ボケ防止に今日あった事を必ず書くようにとノートを置いていく。

 一人暮らしをして寂しいのは・・
「雪が降ったね」とか「コレ美味しいね」とか「暑い」とか「涼しい」とか
一見どうでもいいような会話ができなくなることじゃないのかな?
でも、コレって毎日の生活の句読点みたいなもんで、
なくなるとどんどん心に動きがなくなっていっちゃうんじゃないのかな?
 モノを書くのは自分との会話だけど、一日の出来事を思い出しながら
確認もできるから、実際にいい習慣だと思うなぁ。

 そうやってくらしている間に少しづつ月日は流れて・・
『母さんと別れてから季節に敏感になったよ・・』
一人になると、自分で季節感ってものを演出しないと矢のように月日が流れていってしまう・・・季節を感じることは生きてる感覚の確認なのかも・・

 それでも、生きているといろんなことがある。
末子が夫がリストラに合って愛人と一緒に暮しており、
自分も深夜のコンビニ弁当を作って働いているがお金に困っていると喜三郎のところへやってくる。
 最初は「お金を貸して」って言ってたんだけどすぐに「私が相続する分頂戴!」に。
通帳と判子を渡す喜三郎。

 娘が困ってるって泣いてりゃ、そりゃお金渡すさね〜
そして、娘婿に会いに行って「別れるんなら早く別れて欲しい。出直すんなら早いほうがいい」と頼みに行くんだよね・・

 ここが男親なのかな・・冷静な喜三郎が気持ちよかった。
女親だと娘側に立って感情的になりがちかもしれないけど、
「夫婦のことはお互いだから」と、娘側に立ちながらもお婿さんの気持ちも考えてるのが良かったな・・

 大根の切り方から忙しい中様子をちょこちょこ見に来てくれていた夕子と大喧嘩になってしまった喜三郎。
ケンカの時に投げつけたりんごの名前を使って夕子にFAXを送る喜三郎がかわいかったですね〜
 ユーモアがあるってのはすごいこと。心に余裕があるってことなのかな?

 初盆も終わって・・・
『また一人ぼっちだ・・高校野球も終わったし、プレーオフと日本シリーズだけが楽しみだ』

 秋・・台風が来る。
松本家の庭には子供が生まれた時に桜を植えていたらしく、子供達の数だけ桜の木が立っている。
台風の雨風から守るため、孫の安司や懇意にしている魚屋の正夫(山口智充)と
木にしがみついて守るってのはちょっとアレだったけど、
その様子を見て夕子は父親の自分たち娘への愛情を再確認するわけやね・・

 夕子の同級生で喜三郎の近所で魚屋をやっている正夫役でぐっさんが
出てたわけだけど、ちょっとした拍子にな〜んかモノマネおっぱじめるんじゃないかってヒヤヒヤしたぞ・・
 でも、近所にこうやって何かっていうと手伝ってくれる人がいると
いいよね・・お酒を飲む相手にもなってくれるし。

 でも、この頃には自分で天ぷらもつくれるし、いろいろためして旨い味噌汁も
作れるようになってるんだよね。大したもんだ・・

 初めての一人での年越し・・
『人間はみんな一人だ。
母さん、死ぬ時、苦しかったかい?怖かったかい?
でも、こうして生きていることも同じくらい辛くて苦しいよ』

 そして、一周忌。
喜三郎は集まった娘達にまた一年一人でがんばると宣言して、
鬼軍曹の夕子に「もう一年自分を鍛えて下さい!」と頭を下げるのでした。

 う〜ん・・何と言っても喜三郎役の三國連太郎さんがすばらしかったですね。
おじいさんの喜び・悲しみ・驚き・怒りなどのいろんな表情がユーモアと共に伝わってきて
見てるうちに喜三郎さんが大好きになってしまいました。
80歳になっても人間は成長できるんだなという希望も感じさせてくれました。

 夕子訳の安田成美さんも印象的でした。
男まさりではっきりさっぱりした性格がいいですね〜
父親のことを思って、ついつい口うるさく言ってしまってケンカにもなるんだけど
愛情からっていうのがちゃんと伝わってきました。

 このドラマシリーズ化なるのかな?
子供に対するのと同じで、老いた親を見守るっていうのもけっこう苦しいっていうか・・
でも、意志がしっかりして健康な間は尊重するべきなんだろうなぁ・・・
 夕子と正夫の今後も気になるところだし、おじいさんの四季をもっと見守りたい気持ちになりましたね〜いいドラマでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 人気テレビドラマ視聴率ランキング 「5月第1週」  [ テレビドラマ☆キラリ!ランキングで観る人気ドラマ ]   2007年05月15日 05:03
5月第1週の人気ドラマ視聴率ランキングは、ベストランキング3に大きな順位の変動がありました。第1位は、連続テレビ小説「どんど晴れ」、視聴率20.3%、2位には視聴率18.3%で大河ドラマ「風林火山」が続きます。前回第3位のプロポーズ大作戦が大きく順位を落とし、今回の...

この記事へのコメント

1. Posted by nanapu   2007年05月06日 13:13
いやぁ・・ちょっと見たかったなぁ・・・・
老人が一人で暮らすのは本当に大変です。近くに色々あればいいけど足が弱れば買い物も困るからね。健康でまわりにたくさんの仲間や助っ人は必須です。我が家の親たちは回りじゅう年寄りだらけで、、やっぱさ若い人とのつながりも必要だよね。
2. Posted by きこり→nanapuさん   2007年05月07日 06:15
このおじいさんは特別だと思うけどね〜
普通は中々80歳過ぎてからいろいろ憶える意欲ってないもんね・・
それと健康で普通に歩き回ってるってのも
すごいよね・・義母は60代で寝たきりだったから。
>健康でまわりにたくさんの仲間や助っ人は必須です
ホントにそうだよね。家族だけじゃなくて
家族以外のご近所さんの関わりがあったらすごくいいいな〜と思ったよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「バンビーノ」第三回「帰ってきた時効警察」第四回