「のだめカンタービレ」第九回「嫌われ松子の一生」第十回

2006年12月14日

「14才の母」第十回

 未希(志田未来)の子供は仮死状態で生まれる。
そこで登場したのが、友情出演の反町先生ですよ〜
いや〜、何か演技してるって感じですな〜

 子供は反町先生のおかげで危険な状態を脱するが未熟児で生まれたため
新生児集中治療室に入ることになる。
 一方、未希は手術は無事終ったが、出血性ショックで意識が戻らない。

 智志(三浦春馬)に未希に会ってほしいと頼みに行った忠彦(生瀬勝久)
だったが、壊れてしまった静香(室井滋)の世話で大変な智志は
「俺が会いにいったってどうなる訳でもないだろ!」

 まあねぇ・・会いに行く方も行く方って感じだけどねぇ・・
でも、学校にも行かず、静香の世話にあけくれるはめになった智志。
夜逃げしたけど、子供の転校手続きとったら、そこから居場所がバレるって
よく聞く話だもんね・・
 でも、まだ今の状態を受け入れる事ができない静香は
元秘書の言う事も聞かない。


 学校では、また遠藤(山口紗弥加)が問い詰められていた。
「未希の赤ちゃん助かったんですか?!」メグ
「隠せないよ。
みんなどんな勉強より知りたいんだもの。
子供を生むってどういうことなのか、市ノ瀬の赤ちゃんがこれからどうなっていくのか?」柳本

 みんな女性ですからね。
いつかは赤ちゃんを産むかもしれない性をもってますからね。
人事じゃないですよ〜

 病院へ智志がやってくる。
でも、未希の状態を見てショックを受ける。
「すいません・・僕が・・・僕、子供なんて死んで欲しいって思っていました。
だから、きっとこんなことに・・(ぶるぶる・・)」→逃げ

 ついに本音を言ったわね、桐ちゃん。
やっぱり経験が浅いと想像力も働かないのでしょうか。
現実を突きつけられてみて初めて、感じることができるものなのね・・
 しかし・・・失礼ながら・・・やっぱりこの子には難しい演技だったね〜

 忠彦に捕まった智志。
「今の僕じゃ会えない・・死んだも同然だから・・」智志
「じゃあ、せめて子供に会ってくれないか」
忠彦も粘るね〜
 でも、子供を直視できない・・・
そしたら、反町先生いいこと言ったよ。
「何もしなくていいんですよ。
したくたって、男には何もできないけどね・・」

 産むことによって母親になっていく女性と違って
男はね〜頭で一生懸命考えて父親になっていくしかないでしょ・・
あとは一緒に生活をしていくうちに父親になっていくでしょうよ。
でも、また逃げる智志。

 今度は波多野(北村一輝)に捕まる智志。
「15で父親になった感想を聞かせてくれよ」→逃げ

 波多野ちゃん、ずっと病院で記事を書いていたんだね。
書かずにはいられないほど、感じるものがあったのかしら?

 でも、家に帰って静香に子供の事を話す智志。
「裸におむつして、一生懸命生きていた。
ママもやりなおそうよ!もう逃げ回るの止めよう!
全部なくなったっていいじゃないか!生きてるんだからいいじゃないか!
 俺、中学を出たら働く。それで、子供にお金を送りたい。
どんなに逃げたって、あの子は俺の子なんだよ!!」

 なんか・・俺になっちゃったね。
大人の階段一段登っちゃいましたか?
でも、仕事の相談で何故か波多野の所へ行っちゃう智志。
やっぱ甘いわ〜

 ところで、桐ちゃんの声を聞いたからか、未希が目を覚ます。
何はともあれ良かったね〜
 で、こちらも、智志の言葉に目が覚めたのかやっと起き出した静香。
病院へ来て、加奈子にお祝いを渡す。
 未希に書かせた誓約書を破り捨て
「どんなにそりが合わなくっても、これであなたと私は他人じゃいられなくなったって訳ね」

 まずは、ここから始めようとした訳ですね。
憑き物が落ちたんでしょうか。
智志の言葉で、父親のいない子を産んだ過去の心の傷が癒されたのかもしれませんね。

 さて、元気になった未希はやっと子供に会いに行く。
「不思議と子供には母親がわかっている」という反町先生の言葉に子供に
手を差し出す未希。
その手を握り返してくる赤ちゃんの力。
「ありがとう・・」未希

 生きようとする力の前にはその言葉しかないですよね。

 さて、今回は子供が誕生するのはけっこう大変な事なんだよって話でしたが・・
最終回ではその赤ちゃんが?
 もし、赤ちゃんが死んでしまうって設定なんだったら、ちょっと反則だな〜
いろんな場合があるとは思いますが、一緒に生きていく姿こそ見たかったんで・・
まあ・・・最終的なジャッジは最終回を見てからですが・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:05│Comments(14)TrackBack(27)「14才の母」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 14才の母 第10話:もう一度笑って…  [ あるがまま・・・ ]   2006年12月14日 15:26
名前・・・けんいち・・・は却下だな(⌒▽⌒;) 女の子でしたね〜。生まれちゃいましたね〜。大変な出産でしたね〜。1648g・・・ 生まれた瞬間の赤ちゃんはお人形だとしても、ICUで保育器に入ってた未熟児は 本物の赤ちゃんでしたよね???こういうのの撮影って、どうなって...
2. 14才の母 第10話 〜志田未来 14才の母になる〜  [ くつろぎ日記 ]   2006年12月14日 15:37
僕、こどもなんて死んで欲しいと思っていました。責任取りたいなんてかっこいいこと言 ったけど・・
3. 「14才の母」の話10  [ のらさんのうだうだ日和 ]   2006年12月14日 15:58
「14才の母 愛するために 生まれてきた」 [OFFICIAL SITE] 第十話・「もう一度笑って…」(視聴率21.1%、平均視聴率18.17%)医師「赤ちゃん出ますよ!」的場春子(高畑淳子)「生きてる。気道確保!」的場の手の中の赤ん坊は人形なのかな?ちょっとスプラッタ...
4. 14才の母 第10話「もう一度、笑って・・」  [ Happy☆Lucky ]   2006年12月14日 16:01
14才の母 第10話「もう一度、笑って・・」
5. 14才の母:第10話  [ 日常の穴 ]   2006年12月14日 16:31
未熟児として産まれた子供と、14才で出産した母。 どちらにも死の危険が迫りながら、無事に落ち着いた。 智志は、未希に会って勇気付けるのかと思ったが、自分を責めて帰ってしまった。 しかし智志は、赤ん坊の姿を見て小さな命の生きる力を感じることに。 それで、少...
6. 14才の母 第10回 感想  [ ぐ〜たらにっき ]   2006年12月14日 16:40
『もう一度笑って…』
7. 14才の母・第10話  [ めざせ生活向上! ]   2006年12月14日 16:45
14才の母・第10話。 桐ちゃん母は復活ですかね。息子の言葉に動かされたのか、未希の母と和解。 しかし、「それじゃ」と言い残した後、電光石火のように消えた模様。ε=ε=┏( ・∀!
8. 『14才の母』 第10話 「もう一度笑って…」  [ 老舗ワタクシ本舗 ]   2006年12月14日 17:10
帝王切開による出産を終えた未希(志田未来)は出血が止まらず、 危険な状態に陥っていた。 意識の戻らない未希の姿を見て、加奈子(田中美佐子)はただただ 動揺するばかりだが、医師たちは「今は待つしかない」と 言うことしか出来なかった。 一方、未希の赤ちゃんも危険...
9. 14才の母 第10話 「もう一度笑って…」  [ テレビお気楽日記 ]   2006年12月14日 17:13
無事生まれる赤ちゃん。しかし、女の子だった。春子先生(高畑淳子)に騙された。健一・・・。しかし仮死状態になってしまう。未希(志田未来)は出血性ショックで意識不明なのね・・・。
10. 日本テレビ「14才の母」第10話:もう一度笑って…  [ 伊達でございます! ]   2006年12月14日 17:34
志田未来の演技に引き込まれる一方で、小さなエピソードと、それらの集合体としての物語の全体像としてのつながりが、今ひとつしっくり来ていないように感じます。
11. 14才の母(10)  [ ドラ☆カフェ ]   2006年12月14日 18:58
「もう一度笑って・・・」
12. 「14歳の母」第10話(愛する子供に会うために生死との境を彷徨った先にみた対面)  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年12月14日 20:14
3 13日ドラマ「14歳の母」第10話を視聴した。第10話は未希が帝王切開で出産したものの意識が戻らず、赤ちゃんの容態も危ないエピソードが描かれていた。
13. 14才の母 10話〜もう一度笑って…〜  [ アンナdiary ]   2006年12月14日 21:00
面白くなかった。 あっ、面白いとか面白くないとかじゃないか(失礼) 未希が目を覚ました時 何だ起きちゃった。。。と思ったの(苦笑) なんだか後半になってきてから、つまんなくなってきた。 視聴者の反響を考慮しながらストーリーを 変えていってるように感じてし...
14. 「14才の母」第10回  [ 気ままにいきましょう! ]   2006年12月14日 21:35
『もう一度笑って…』
15. 『14才の母』 第10回 「もう一度笑って…」 メモ  [ つれづれなる・・・日記? ]   2006年12月14日 22:05
表現は悪いですが、やっぱり数字って大切だわね。 これ、1話延ばしてなかったら、どこをどう切ったのか・・・ それに若干の不安も・・・。
16. 【14才の母】第10話  [ 見取り八段・実0段 ]   2006年12月14日 22:18
その日、少女は母になった。1648g未熟児。この子はすごいんですよ。この位の赤ちゃんだと人工呼吸が必要な子もいますが、自分でしっかり呼吸ができる。新生児ICUの先生の言葉とケースの中で一生懸命動く子供の姿に感動しなかった人はいないと思う。出産には、1人1人のド...
17. 14才の母 第10話  [ 塩ひとつまみ ]   2006年12月14日 22:25
仮死状態の未熟児を出産した未希の目が覚めず、うろたえる両親。 赤ちゃんの状態が安定して面会ができることになった時 忠彦は― 未希のことが心配で、今はそれどころじゃない 加奈子は― 生まれた子に会いたい(会わなき
18. 14才の母  [ 渡る世間は愚痴ばかり ]   2006年12月14日 23:13
訂正の訂正です(苦笑)
19. ・日テレ「14才の母」第10話感想  [ たまちゃんのドラマページ ]   2006年12月14日 23:16
2006年12月13日(水)、日本テレビで「14才の母 」第10話「もう一度笑って…」が放送されました。第10話も、簡単独り言をアップします!志田ちゃんの事務所の先輩、反町隆史さんを、医者として出すのは、かっこよすぎ(笑)。 ◇帝王切開で出産した未希(志田....
20. 《14才の母》 第10話  [ まぁ、お茶でも ]   2006年12月15日 01:09
難産の末に、帝王切開で生まれたのは、1648gの赤ちゃんだった。新生児室に移され、初めてのミルクを飲んだ。出血性のショックでまだ意識が戻らない未希に、周りは焦りの色が濃かった。
21. 14才の母 ついに対面(人´∀`).☆.。.:*・゚  [ zenの日記 ]   2006年12月15日 02:07
前回未希が子供を産む所で画面がバグって(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ ってなわけでついに今回赤ちゃんが生まれるはずです(笑) 今までのお話はこんな感じ(^^) 一話14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜 二話14才の母 妊娠×家族=エライコッチャヽ(´Д`...
22. ヨーイドン(14才の母#10)  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2006年12月15日 06:55
Hi! Everybody!みなさんごきげんいかがですかぁ?自己満足の『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』方式(何 もあと1曲となりました。予告編と雑誌の予告で、ストーリーを予想して候補曲を考えておくんですが、当てがハズレると一から探し直し(爆)まぁ誰も気にも留めてな...
23. 「長い夢を見ていた。生まれてくる夢を」と志田未来は言った。  [ キッドのブログinココログ ]   2006年12月15日 14:12
「あなたに会うために生まれてきた・・・ありがとう」でも良かったのだが、すべてがフ
24. 14才の母 第10話  [ ドラマの話をしてみよう ]   2006年12月15日 20:36
未希(志田未来)も赤ちゃんも無事だったかぁ〜♪ とりあえずは一安心というところですね。 (そうも言ってはいられないけど・・・) ようやく出産を終えたんですが、未希は危険な状態に陥ってしまいます。 赤ちゃんも危険な状態でした。 その頃、忠彦(生瀬勝久...
25. 14才の母 10  [ Simple*Life ]   2006年12月16日 10:29
うう。火曜日と水曜日ってあっという間に過ぎますよね??。 なのでいつも感想が書けずじまい。 見てます。見てますけどぉ??。要領が悪すぎるのか? なんなのか書けない。 さて、とうとう出産した未希ですが、子供は仮死状態だわ。 未希も昏睡状態だわ。大変です。 ...
26. 14才の母・第10話  [ あずスタ ]   2006年12月17日 01:52
前回第9話のラストを見て
27. ドラマ「14才の母」第10話  [ 描いた漫画を公開します!(日記&犬) ]   2006年12月18日 16:21
ドラマ「14才の母」第10話、今までで一番良い話だったと思います!

この記事へのコメント

1. Posted by まこ   2006年12月14日 15:57
不覚にも、ブサ顔でヘタレな桐ちゃん見て
泣きそうになってしまいました〜
あの母親の庇護の元でお坊ちゃん生活してた桐ちゃんなので、今更ではありますがあれがいっぱいいっぱい。あんたは少しづつ成長してくれればいいのよ〜と寛大デス(笑)。

それに比べて未希ったら!!!加奈子を振りほどき
一人で赤ちゃんに対面しに行くんだもんな〜。
どこまでこの子は強いんだと感心してしまいますわ〜
2. Posted by めいまま   2006年12月14日 17:21
えぇー!?今更まだ言うか?とちょっと興醒めでしたよ〜。
死んだ方がいいと思っていたなんて、それ、(前半)3話くらいで終わってて欲しい会話でした^^;
もう生まれているのに、なんと残酷な演出なの?
何だか、疲れながら見ていて、感想もどうしようかな…ってもう10話なのに、思っちゃいました。^^;
きこりさんの仰るとおり、ジャッジは来週でって感じですね、しかし、今度は赤ちゃんの危機!?
まぁ反町さんが”満を持して”出て来たことだし、大丈夫だと思うんですけどね。(苦笑)
3. Posted by ミマム   2006年12月14日 22:26
今回の放送、最初の何分かは「これは医療ドラマ?」と思うくらい、役者さんの熱が入っていたような…と思ったら、熱い男・反町がいたんですね(笑)
彼はやっぱり最終回にも出てくるんでしょうかね〜。
ジャッジは私も来週に…だけど、このドラマ、大事なことを伝え忘れたままになっちゃうのかしら?(^^;)
4. Posted by ikasama4   2006年12月14日 23:16
こんばんはです。

なんか最終回を前にして
一ノ瀬家、桐野家
そして学校の面々の気持ちがひとつになって
丸く収まった感がありますねぇ。


後は子供が無事かどうかで
煽っていくのかぁ(; ̄Д ̄)

全てはまぁ最終回を見てからという事なんでしょうね。
5. Posted by mari   2006年12月15日 00:43
最後までくすぶり続けておしまいなんでしょか?
正論吐いていた静香まで手紙を残して消えて、
シニカルな波多野が、転向したら、もう向かう所
敵無しですね。
6. Posted by きこり→まこさん   2006年12月15日 15:52
>あんたは少しづつ成長してくれればいいのよ〜と寛大デス(笑)。
そうだね〜
でも、智志ちゃん・・・うちの娘にまで「ダイ○ン!」と言われてました・・(汗
ま、少しづつ成長して、いつか大河ドラマとかで
再会できるといいですな・・
>加奈子を振りほどき
一人で赤ちゃんに対面しに行くんだもんな〜。
そうそう!しかも手術したばかりなのに、お外?
この病院小児科病棟まで行くのに外にでなきゃだめなの?産後は大切にしなきゃ〜なのに〜
7. Posted by きこり→めいままさん   2006年12月15日 15:56
>それ、(前半)3話くらいで終わってて欲しい会話でした
智志ちゃん、なかなか本音の言えない子なのョ〜
実際に見ちゃって初めて気づいたんだろうね〜
>まぁ反町さんが”満を持して”出て来たことだし、大丈夫だと思うんですけどね
そっか〜!そのための反町先生か〜(笑
反町先生がいるから、死ぬわけないかな?
このドラマの予告編けっこう思わせぶりなことするから〜どんなふうにラストを決めるのか・・
楽しみですよ〜
8. Posted by きこり→ミマムさん   2006年12月15日 16:01
>熱い男・反町がいたんですね(笑)
いや〜反町先生の周りだけ温度が違ってたわ〜(笑
それに比べて志田未来ちゃんの演技のナチュラルなこと!
やっぱこの子うまいな〜と感心しました。
>このドラマ、大事なことを伝え忘れたままになっちゃうのかしら?(^^;)
ここに来て、私もちょっとわけわかんなくなってきちゃったというか・・軸がずれてきちゃってる感じなんですよ〜
だから、よくわからない記事になっちゃいました。

9. Posted by きこり→ikasama4さん   2006年12月15日 16:04
>そして学校の面々の気持ちがひとつになって
丸く収まった感がありますねぇ。
何か強い流れでみんなで一致団結って感じですよね〜
私はヒネクレ者なんで、そうなっちゃうと逆らいたくなりますよ。
こんなに出産に時間を割くとは・・・
その後の方をもっとじっくりやって欲しかったな〜

10. Posted by きこり→mariさん   2006年12月15日 16:08
>正論吐いていた静香まで手紙を残して消えて、
う〜ん、何のために静香を破産させて、
そして誓約書を破らせて、そして消えさせたのか・・よくわからない・・・
>シニカルな波多野が、転向したら、もう向かう所
敵無しですね。
波多野は何を思って書き上げたのか、どうしてそこまでしたのか・・いろんな謎を最終回では
解明してくれるのかな?


11. Posted by 半蔵   2006年12月16日 00:00
なんだか水曜出かけてることが多く全然見れてませんが
こんなことに!!子供産まれたんですね!
はー。なんだかな〜〜
最終回…これまた録画でもしないと見れません!
きこりさんの記事で最終回を迎えそうな私です(^^;
12. Posted by きこり→半蔵さん   2006年12月16日 13:17
>こんなことに!!子供産まれたんですね!
はー。なんだかな〜〜
そうなんですよ〜
でも、出産でひっぱりすぎだよ〜
何か「出産物語」みたいになってるけど・・
これで終わりってのもね〜
いろんな問題があっちこっちに散らばってるというか・・・
最終回どう決着着けるのかね〜?
13. Posted by キッド   2006年12月18日 15:35
きこり様、遅いレスですみません。
今週で最終回で良かったのになぁ。
キリちゃんは
男っていうか、男の子の本音(半分ですけど)
に肉薄しているのでキッドは
いい演技だったと思います。
もうひとつの本音(残りの半分)は
「うれしくて飛び上がり
産院の天井に手形が残った」(梅宮辰夫・談)
のようなもので
それは裏表みたいなことなのですが・・・。
最後は未婚の母・未希が我が子と対面して
「空」と書いて「くう」と読む名付け。
でENDで問題なかったのに。
視聴率が良すぎて
一回増えたのが残念・・・ということに
ならないように祈っているキッドです。
14. Posted by きこり→キッドさん   2006年12月18日 22:01
>今週で最終回で良かったのになぁ。
そういう意見もけっこうありましたね〜
でも、私は出産は通過地点で、そのあとのことを
描いて欲しかったんで、
もっとさっさ〜と行ってほしかったかな〜
未希はまだ産んだばかりで母親にはなっていない。
題名どおりの「14才の母」になっていく姿を
見たいのです。
キリちゃんに関しては・・普通の十代の男の子の本音でしょうが、当たりまえすぎるかな〜
この一連のできごとが桐ちゃんをどんなふうに変えて、変わろうとしていくのか・・が見たいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「のだめカンタービレ」第九回「嫌われ松子の一生」第十回