「嫌われ松子の一生」第八回「ウォーカーズ 迷子の大人たち」最終回

2006年12月02日

「家族」第七回

 ついに亮平(竹野内豊)、離婚を認めてしまいました。
んで、急に迷い始める理美(石田ゆり子)。
 離婚を言い出した事を後悔していない?と聞いた詩織(木村多恵)に
「悠斗がいるから我慢できた。悠斗がいるからがんばれた。
でも、悠斗が大人になって離れてから、新しい人生を見つけようとしても遅い。
だから後悔していない」と応えた理美。

 ん〜結局は自分の将来のために今別れておくっていう・・・
逆の意味で保険をかけたったいうか・・
気持ちはわかるけどね〜
じゃあ、それほど亮平のこと嫌なわけじゃないんじゃ・・って気も。
 でも、亮平は自分の為じゃなく悠斗の事を考えて、そして理美のためになるように別れようと決断した。
そこが違いなんでしょうね〜

 離婚後の手続きに来た詩織は亮平に
「理美は妻として母としてとかじゃなくて、一人の人間として女として見て欲しかったんじゃないかな・・」

 これって、具体的にどうして欲しかったんでしょうかね〜
仕事よりも私を見るのよお〜!って事なんでしょうか?



 晋ちゃん(渡哲也)に離婚の報告に行った亮平。
そこに津久野(劇団ひとり)から、さやか(星野真里)に30万円騙し取られたとの通報が。
 一応、晋ちゃんの耳に入れて注意を促す亮平だが、
「初めからそんなことだろうと思っていました。
でも、妻のために何とか助けてやりたいと思った。
あの子は妻にとっての心の支えのようなものだったんです」
夫にも言えずに、養子にしたかったさやかと連絡を取り続けていた妻の
悲しみをわかってあげられなかったと。

 も〜、晋ちゃん、そんなに自分を責めないで〜
おまけにさやかにポンと30万渡しちゃったりして・・・年金暮らしなんじゃないの?(あ、でも保険金入ったか・・)
母親の気持ちは父親にははかりしれないものがあるのかもしれないけど、
だからって不幸だったって訳じゃないんだからさ〜

 さて、フランスに転勤することになった亮平は理美を誘って
家族三人で過ごす。
 前日見つけた悠斗の写真が入ったディスクを渡して、
大きくなってからの悠斗の写真には自分がまるっきり写っていないことに気づき、
改めて「完全に父親不在だった」と詫びて、
自分の判を押してある離婚届けを渡す。

 それにしても、悠斗のために何度も的当てにチャレンジする亮平・・
いったいいくらつぎ込んだんだ?
しかもあのギャラリーの多さは・・?
まあ〜、うちもUFOキャッチャーにはかなりつぎ込んだからね〜
気持ちはわかるよ・・・
 「パパー!」と呼ぶ悠斗の声にも振り向かず去っていった亮平・・
(T-T*)背中が泣いてらあ・・・

 しかし・・・
視聴者の呪いが届いてしまったのでしょうか・・
理美が建築現場から落下・・・
(何でたった一人で現場に?)
(スカートなんかはいてるから危ないな〜と思ったのよ)
せっかく亮平が新しい生活に飛び立とうとしたのに・・・
また邪魔する気ね〜
病気が元で復縁ってのはナシよ・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「家族〜妻の不在・夫の存在〜」第7回  [ 気ままにいきましょう! ]   2006年12月02日 19:24
『夫から妻へ…最後のプレゼント!!』
2. 家族〜妻の不在・夫の存在〜 第7話 『夫から妻へ…最後のプレゼント』  [ Kのドラマ依存症的ぶろぐ ]   2006年12月02日 20:24
この展開できたか〜(苦笑) 予想通り、亮平から離婚に応じると話があり、離婚ということに。 決まってからと言うものの、理美は何だかやっと亮平を見つめなおしたようだが、結局はもう戻れない。 亮平が仕事でフランスへと行くその日、佐伯に挨拶をしに来てたのだが....
3. 家族〜妻の不在・夫の存在〜 第7話  [ ドラマの話をしてみよう ]   2006年12月02日 20:39
えぇーっ!!!( ̄□ ̄;)!! 理美(石田ゆり子)転落って、そんな展開なのかよっ!? しかも次が最終回って!!( ̄□ ̄;)!! 知らなかった・・・_| ̄|○ 結構楽しみにしてたんですけどねぇ・・・。 元々全8話だったようですが、セーラー服と機関銃の全7話といい...
4. 家族??妻の存在・夫の存在??第7回  [ 日々雑用 ]   2006年12月02日 21:25
夫から妻へ・・・最後のプレゼント:さあ、亮平(竹野内豊)
5. 家族 第7話  [ 塩ひとつまみ ]   2006年12月02日 21:36
いよいよ離婚することになって、初めて亮平のことを思う理美。 こんなことになってから気がついた亮平の姿をどう感じたんでしょう。 パパとは別々に暮らすことを理美から聞かされた悠斗くん。 「ボク、男の子だからマ
6. 家族☆第7回  [ せるふぉん☆こだわりの日記 ]   2006年12月02日 23:35
なんというか今回はなんだかスッキリした気持ちで見れましたね??(笑) 離婚する方
7. 《家族??妻の不在・夫の存在》 #07  [ まぁ、お茶でも ]   2006年12月03日 00:18
理美が、詩織に真情を語っている部分がありました。悠斗が大きくなるまで待ってから離婚しても、今より可能性が少なくなると。何で離婚が前提なんでしょうね。初めからわからずじまいです。
8. 《家族??妻の不在・夫の存在》 #07  [ まぁ、お茶でも ]   2006年12月03日 00:21
理美が、詩織に真情を語っている部分がありました。悠斗が大きくなるまで待ってから離婚しても、今より可能性が少なくなると。何で離婚が前提なんでしょうね。初めからわからずじまいです。
9. 家族 第7回 評価“悠斗パパぁ~~、星4.8”  [ ハマリもん ]   2006年12月03日 01:34
そして一組の夫婦は別れた。だけど家族はそれで終わりじゃない。
10. 家族〜妻の不在・夫の存在〜 第7話:夫から妻へ…最後のプレゼント  [ あるがまま・・・ ]   2006年12月03日 11:18
オーw( ̄Д ̄*)マイ(* ̄Д ̄)∂ガット!! 理美、何やってんだか!!!これじゃ亮平さんが安心しておフランスに行けないざます。 とは言いつつ、予告でも理美の安否を一切見せないのが気になって、 公式で次回のあらすじ読んじまったよ・・・{/hiyo_oro/} 結局はあ〜なって、...
11. ドラマ『家族〜妻の不在・夫の存在〜』第7話H18.12.1  [ 〜みんなでしあわせになろうよ〜 ]   2006年12月03日 23:51
◆スタッフ脚本:清水有生チーフプロデューサー:五十嵐文郎(tvasahi)プロデューサー:中込卓也(tvasahi)、深沢義啓(ABC)、里内英司(5年D組)演出:唐木希浩・池添博(5年D組)、木内麻由美(tvasahi)制作協力:5年D組制作:ABC・/tvasahi音楽:渡辺俊幸主題歌:...
12. 家族 第7回  [ Cafe Tsumire ]   2006年12月05日 23:09
家族 第7回(12月1日放映)。前回、詩織(木村多江)に悠斗(宇都秀星)のためにも醜く争わずに離婚したらどうかと言われて離婚を決意した亮平(竹野内豊)。おフランスへの長期出張が決まり、引越しのための整理をしていたら引き??V H
13. 家族〜妻の不在・夫の存在〜(7)  [ ドラ☆カフェ ]   2006年12月07日 14:15
〜夫から妻へ・・・最後のプレゼント〜 今頃のアップです(^^ゞ

この記事へのコメント

1. Posted by ウルトラセブン   2006年12月02日 21:25
きこりさん、TB・コメントありがとう、オーラの泉は家内が好きで私もとりこに、で録画してDVD化して2回分を焼きます、そしてお茶の間で好みの番組が無い時に二人で観ております、最近は言葉使い「日本語」がデテラメでエゴによる解釈で変な下品な言語が横行し過ぎます、だからこのドラマの表か裏か「ALWAYS 三丁目の夕日」が昭和のノスタルジックなイメージ、失われた言語が雰囲気がヒットを生んだのだと思います、ゲーム機もパソコンも日の目を見ないよき時代でした、最近はデジタル化になりましたが、薄っぺらい内容の番組ばかりで「見てくれの時代」かなと思いました、このドラマも最初は良かったのですが、8話完結ですので焦って少しドタバタしてきましたね!?
2. Posted by ミマム   2006年12月02日 21:37
こんばんは。
理美、あの格好で現場はないよねーと私も思ってましたよ。しかも一人だし(^_^;)
離婚届けは出してないから、やっぱり復縁ってことも考えられますよねー。あ、それは今言っちゃいけないかな?(苦笑)
さて、どんな結末を迎えることやら…。
3. Posted by ドラミッタム   2006年12月03日 01:08
>視聴者の呪いが届いてしまったのでしょうか・・
理美が建築現場から落下・・・
100%呪いでしょうな(笑
でないとあんな格好で現場に行くこと自体おかしいし
4. Posted by mari   2006年12月03日 01:17
う、消えた!
コメントが!!!

初めから、離婚の動機が理解できずに居ましたが、
きっとラストでも判らないのでしょうね。亮平はあんなに努力したのに!

佐伯とさやかのエピは、混乱するだけだから
要りませんね。
5. Posted by まりりん   2006年12月03日 02:16
きこりさん、こんばんは!

>そこが違いなんでしょうね〜
理美が結局は自分本位だったということを強調したようなセリフでしたよね〜。亮平との人間的な差が開く一方だわね。

>仕事よりも私を見るのよお〜!って事なんでしょうか?
まあ、たまにでもいいから ていうか、理美の話ではその「たま」もないみたいでしたから、やっぱりあまりに極端だったということかなと私は解釈しました。

>視聴者の呪いが届いてしまったのでしょうか・・
ぎゃはははは!!(超笑)こんな夜中に笑わせないで〜〜〜!!!(笑)思わず声に出して笑ってしまったわ、真夜中に怖ゎ〜〜〜〜〜!!
その発想に、3000ポイントさしあげま〜〜す!(笑)

では、またよろしくお願いします〜!
6. Posted by まこ   2006年12月03日 11:43
呪い!∵ゞ(≧ε≦; )プッ
でも、その事で余計に亮平に負担をかける事になっちゃった。
安易な気持ちで呪いなどかけちゃいけまへんなぁ〜←呪った視聴者のうちの一人?(笑)

結局離婚の原因は、仕事に没頭する夫が家族をないがしろにしたって思い込みと、自分を女として見てくれなかったという風にしか思えないんですけど…
亭主元気で留守がいい←理美はこの言葉を知らんのか(笑)。
7. Posted by きこり→ウルトラセブンさん   2006年12月03日 16:43
>「ALWAYS 三丁目の夕日」が昭和のノスタルジックなイメージ、失われた言語が雰囲気がヒットを生んだのだと思います、
いや〜映画館でも見ましたが、何回見てもおもしろかった「3丁目」。
続編が創られるんですね〜楽しみです。
みんなが心の中にちゃんと大事なものを持っていた。
そして、それをお互いにちゃんと認め合っていた、
そんな時代だったんでしょうかね。
ところで、「家族」の方は、何だか理美の怪我で思わぬ方向へ行っちゃいそうですね。
なんだかな〜
8. Posted by きこり→ミマムさん   2006年12月03日 16:46
>理美、あの格好で現場はないよねーと私も思ってましたよ。しかも一人だし
そうそう!やる気なんのか、ごうるああ〜!!
ズボンにかかとナシの靴を履いてこんか!
>やっぱり復縁ってことも考えられますよねー。あ、それは今言っちゃいけないかな?(苦笑)
やっぱこの流れだと復縁ですかね〜?
ああ〜亮平にはもっといい女が待ってるはずよ・・
思い切ってフランスに行っちゃって欲しいわ。
でも、優しい亮平のこと・・ラストは見えたね・・
9. Posted by きこり→ドラミッタムさん   2006年12月03日 16:48
100%呪いでしょうな(笑
でないとあんな格好で現場に行くこと自体おかしいし
やっぱり?!
白状します・・亮平可愛さのあまり私も理美を呪いました・・・・
でも、新天地へ飛び立とうとする亮平の足をひっぱっちゃったわ〜
復縁してもまたあらたな呪いがふりかかると思うぞ〜
10. Posted by きこり→mariさん   2006年12月03日 16:50
>初めから、離婚の動機が理解できずに居ましたが、きっとラストでも判らないのでしょうね。亮平はあんなに努力したのに!
私も、最後まで理解できませんでした・・
つーか、理解する気なくしたぞ〜!
そんな中途半端な思いで亮平と悠斗を振り回すな〜!!
家も売っちゃったし・・どうするのかな〜?

11. Posted by きこり→まりりんさん   2006年12月03日 16:55
>理美が結局は自分本位だったということを強調したようなセリフでしたよね〜
何かね〜そう聞こえちゃいましたよ〜
この時間帯のドラマ・・何故か女性のキャラクターに共感できないんですよね〜
別に共感しなくてもいいんだけど、理解不能な感じなんだよな〜
>やっぱりあまりに極端だったということかなと私は解釈しました。
亮平が仕事人間で家庭を顧みないっていうのが
ピアノの発表会に遅れたとか日曜でも仕事に夢中ってエピソードだけじゃ弱いですよね〜
もっと非情なぐらい仕事に打ち込んでたってとこ見せてくれないと、理美が虚言癖あるみたいになっちゃいますよ〜
12. Posted by きこり→まこさん   2006年12月03日 17:01
>安易な気持ちで呪いなどかけちゃいけまへんなぁ〜←呪った視聴者のうちの一人?(笑)
ええ、私も呪った一人です。
このドラマを見ているほとんどの人が
竹野内兄貴の側についてると思われ・・・
でも、復縁したらしたで視聴者の新たな怒りも買うと思われ・・・どっちに転んでも・・
>亭主元気で留守がいい←理美はこの言葉を知らんのか(笑)。
ホントだよね〜
私は女を捨てたおじさんおばさん(ん?)だから
こういう「生涯現役女張ってます!」的な女性はすごいな〜とは思うけど、人騒がせだよな〜とも思うぞ。
まあ、恋人の時だったら「愛いやつよ」ってなるのかもしれないけどね〜

13. Posted by minnadesiawase   2006年12月03日 23:48
 こんにちは。TBありがとうございます。
 視聴者の呪いには大笑いです^^;ヘルメットは被っていたと思いましたが、ひとりきりでなにしに行ったんでしょうね。建築具合の確認など、なんでしょうけど…。妥協しまくりの亮平に要望を通しきった理美。熟年離婚まで考えての今回の離婚のようですが、それほどまで耐え難い結婚生活だったということなのかな〜?と。ちょっと理解し難いところです。
14. Posted by きこり→minnadeshiawaseさん   2006年12月04日 05:54
>ヘルメットは被っていたと思いましたが、ひとりきりでなにしに行ったんでしょうね。
ドラマの中にあんまり細かいリアリティを求めてもアレなんですが・・・建築現場で働いている人もいなかったような・・?
設計者ってああいうところに一人で行くもんなんでしょうか?
>熟年離婚まで考えての今回の離婚のようですが、
先々を考えての離婚っていうのも・・
あんなに短期間で変わった亮平だから、
これからも努力しだいでどんどん変わるかと思われるんですが・・・
最終回はスッキリしたいですね〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「嫌われ松子の一生」第八回「ウォーカーズ 迷子の大人たち」最終回