「吾輩は主婦である」1話〜3話「プリマダム」第七回

2006年05月24日

「ブスの瞳に恋してる」第七回

 美也子(井川遥)とおさむ(稲垣吾郎)が抱き合う場面に遭遇し
ショックで立ち去る美幸(中島知子)。
せっかく編み上げたサマーニットもどすこいラーメンのロッカーに仕舞い込む。
翔子(MEGUMI)と弥生(滝沢沙織)も気づくがそっと見守る。

 行き場をなくしたプレゼントほど哀しいものはありません。
手作りならなおのこと。
こういう時はどうしたらいいんだ〜ジューシー中島〜!!

 さらに事務所の社長(佐藤二朗)からクビを言い渡される美幸。
「君の努力を別の所に向けた方がいいんじゃないかな?
あきらめる勇気も必要だよ」
「こんなに辛いと人間ってリアルに笑うしかないんだな・・
お世話になりました」

 芽が出ないのに希望を捨てずにずっと夢を追い続けて枯れていった人たちを見てきた社長なりの愛情でした。
誰かがきっぱりと引導を渡さないと、もしかしたら無駄に時間を重ねてしまうことになるかもしれない。今ならまだ別の道に行ってもやっていく気力が十分残っている。
辛い役目ですね。

 美也子が偶然どすこいにやって来る。
日野用心(こんな字?)さんと話す様子を見て性格も良く、
美しくて才能にも溢れている美也子の姿を目の当たりにして敗北を実感してしまう美幸。

 辛すぎです。
美也子相手じゃ勝ち目はないっす・・って思いますよね。
 でも、もっと辛いのは海老ちゃん?まるっきり忘れられてるじゃないですか・・
「会いたい」っていじらしいメールを送ったのに返信したのかい?
 竹田(大森南朋)から「愛情があるんなら最後はけじめをつけなきゃな」と
言われ、どすこいへ向かうおさむ。
 でも、これって普通は付き合ってる子に向けられる台詞では?
まず順番として海老ちゃんのとこへ行きなさいよ〜

 「何度も忘れようとしたけれど、いつもどこかに彼女がいた。
もう一度彼女と付き合おうと思ってる」とはっきり美幸に伝えるおさむ。
 仕事中も美也子とメールのやり取りをして、すっかり美也子色のおさむ。
でも、仕事も一生懸命やりながら
「またこうやっておさむの仕事を隣で見れたらいいのにな・・」と
自分の気持ちを素直に表現する美也子はやはり魅力的ですよね〜

 かなり落ち込んでる様子の美幸を見ておばちゃん(室井滋)は
乱暴な言葉ながらも思いやりを示す。
おばちゃんの言う通り、落ちるとこまで落ちないとね・・・
落ちちゃえば後は上がるだけですから。

 翔子と弥生に手紙を書いて実家に帰ることにした美幸。
「夢をあきらめることは失恋よりも辛いこと」せつないですね。
 しかし、美幸、バスの中なのにラジオを聴いているふうだったが
イヤホンもなしだったような・・・それはちょっとどうでしょう。

 突然帰ってきた美幸をびっくりしながらも暖かく迎えてくれた家族。
父親(渡辺哲)は、美幸が何も言わなくてもわかったのか
だまってビールをついで渡す。
「東京から逃げてきたんだ・・全部なくなっちゃった・・・」涙
「もういい、美幸。嫌なことがあれば帰ってくればいい。
ここはお前の家なんだから・・」

 うえ〜ん!いいお父さんだね〜
いいね、戻れる家があるってことは。
何もかも失った美幸。何をどうしたらいいのか・・・考える気力すらないでしょう。
 どうなるんだ〜?もう7回目なんですけど〜
美也子は仕事に生きるのかい?こんなにラブラブな二人なのに何が起こるというの?話の流れが無理やりにならなきゃいいが・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【テレビ】ブスの瞳に恋してる(第7話)  [ まぁ、お茶でも ]   2006年05月25日 18:54
悲しいな、また保存ボタンを押したら、記事が消えていました(泣く)再度チャレンジ。 おさむと美也子の再開場面でしっかと抱き合っているのを
2. フジテレビ「ブスの瞳に恋してる」第7話:愛と夢を失う日  [ 伊達でございます! ]   2006年05月26日 09:14
折り返し地点を過ぎましたが、美幸には逆風が吹くばかり。美也子も現われ、この先、どのような展開をたどっておさむと結ばれるのか、ちょっと想像がつかなくなってきました。

この記事へのコメント

1. Posted by ドラミッタム   2006年05月25日 01:06
話が飛躍しすぎて修正できないんじゃないのって思う
ここまでなると大変じゃないの??
ただ、ドラマより原作の方が面白かった
2. Posted by きこり→ドラミッタムさん   2006年05月25日 05:49
ドラミッタムさんは原作読んだんですね〜
そもそも女優志望の段階で、えっ?って感じですが、これって原作ともちろん違うんですよね〜?
お笑いからも離れてるし、おさむとも決別しちゃったし・・・合ってるのはブスってとこだけ?
それじゃ、ドラマ的につまらなさすぎる。
乗りかかった船で見てますが、お笑いを目指す変わった女の子への愛情だと思っていたから、こっちも路線変更大変ですよ〜
3. Posted by mari   2006年05月25日 18:29
きこりさん、コンニチワ。
おさむと美幸の場合、どう見ても、このままは梨が進むのがおかしい設定ですよ。
原作を知らないのですが、付き合って1日で結婚したとか。実は、凄い2人なのかも!
4. Posted by きこり→mariさん   2006年05月26日 05:19
私もなれそめを本人と村上がTVで話しているのを
見ただけですが、おさむの方からけっこうプッシュされて結婚したって言ってたような・・・
だからそういうゲテモノ好きの(おっと)男の人の話ならおもしろそうだな〜と思って見始めたんですが・・・何かこの展開にはがっかりです。
しかし、一日で決めるってすごいですね〜!
5. Posted by 半蔵   2006年05月26日 10:40
わたくし…お父さんの優しい言葉のところで泣いてしまいました〜( ̄∇ ̄;私も実家を離れて約10年、いろいろあって帰りたいなと思ったことも…ははは!
ってエビちゃんものすごくほったらかし!!
そしてホントにどうやって美幸とおさむがくっつくわけ〜??!なぞです…
6. Posted by きこり→半蔵さん   2006年05月26日 13:27
ああいう挫折ってきっと誰もが経験したことあるよね〜私もじ〜んとしましたよ〜
海老ちゃん、このドラマでたこと後悔してるかもね〜放置プレイもいいとこですよ〜
しかし、マジでどうしたら美幸に行くんだ?
美也子はおさむにラブだから他に恋人作るわけもないし〜悪霊が取りつくとかオカルト的な事件でも起こらないと・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「吾輩は主婦である」1話〜3話「プリマダム」第七回