少しづつ庭に色が・・「てるてるあした」第四回

2006年05月05日

「弁護士のくず」第四回

 今回はけっこう普通の法廷ものっぽかったんじゃないですか〜
今回の依頼人は山村真介(斉藤慶太)。
16歳の女子高生猪狩蕾(小町桃子)の殺人容疑。
蕾と真介は交際していて彼女は妊娠していた。

 斉藤慶太君、ワルに挑戦していましたが
鼻ピアスするとか髪の毛染めてるのに中途半端に色が変わってるとか
いろんなもんジャラジャラ付けてるとか、
ヴィジュアル面でもうちょっとがんばって欲しかったですね〜

 今回のもう一人のゲスト、佐藤二朗さん。
パチンコ屋のホール係としていい味出してましたよ〜
最後に実は指名手配犯だった(しかも恋愛詐欺)というオチもついて、
出番ちょっとなのに印象的でしたね〜
 佐藤二朗さんが出るとラーメンに煮卵のトッピング付って感じでお徳感が。

 国光さん(モト冬樹)とくず(豊川悦司)の夜のお遊びは。
「ニュークラブ ニューヨーク」
男子はガウンにシャワーキャップ、女子は胸までバスタオルに頭もタオルで巻き巻き。
水着とか制服ならわかるけど、こういうのに萌えるかね・・?
 また社長の知り合いの太った女の子が武田(伊藤英明)の隣に。
くずが手品を始めたらすごい食いついて来てましたね〜
しかも、武田3万取られたのに、最初普通に「スゲ〜〜!!」って・・・
こういうシーンホント上手。

←このお方ががくず?










 さて、態度の悪い山村に武田はどうやって進めていったらいいか見当がつかない。
白石(山村総一郎)からも「冤罪の可能性は常にあるんだから」と指摘される。
自分は悩んでいると言うのに、別室でAVを見ていた(資料としてね)くずに
武田はキレる。
 徹子ちゃん(高島礼子)と飲んで「もう、あのくずにはついていけません!
決めた!白石先生に直談判します!金輪際アイツと組むのはごめんです!」
(でも次の日には憶えちゃいない)
 酔っ払って家まで連れてきてくれた徹子ちゃんに愛読書(「女をくどくテクニック」的な本)を見られた武田。
「酔うなら飲むな 飲むなら酔うな」徹子ちゃん
「あ〜〜!!しもた〜〜〜!!」
恥ずかち〜〜!
この手のHOW TOものとか自己啓発ものを読んでるって知られるのって
すごい恥ずかしいですよね〜これならまだエロ本見られた方がマシ?

 「あのバカにまかせるには今回の案件はちょっとやっかい」と見たくずは
けっこう積極的に動き出す。現場に行ったり、遺族に話を聞いたり。
公園で一息ついていると、またいつものワンちゃんが
子供達と遊んでいましたわ〜

「一つだけ手品の基本を教えてやるよ。
隠したいものがあれば、よそに意識を向けさせることだ。
逆に言えば答えそうな言葉を並べる奴には気をつけろってことだ」
「あの3万返してくださいね!」
「せっかく俺が人生に真理を教えてやってるのに、バカ!」

 真面目さんは頭が固いから、なかなかくずの言葉が入ってこない。
しかし、山村の「ホント、やってねーんだって!嘘じゃねーよ!信じてくれよ!」
の言葉が頭に引っかかっているが突破口が見つからない。
「作ればいいんじゃない?真犯人。
こっちは警察じゃないんだから、他に真犯人がいる可能性を示すだけでいいんだよ」と被害者の父親があやしいと指摘するくず。
「裁判はゲームじゃありません!」
「裁判は勝ちゃーいいんだ!」
大喧嘩になる二人。

 結局犯人だった訳ですが〜
平田満さん、「白夜行」についでいやらしい父親役か〜
こういう役って続くのよね〜
佐野史郎も冬彦さんやってから変態男っぽい役けっこうやってたもんね〜
 「熱海殺人事件」の舞台で金ちゃん役やってたのがつい昨日のようなのに・・
時は流れてるね〜

 裁判の結果に落ち込む武田。
「何だかむなしくて・・蕾さんもお母さんもかわいそうすぎる・・・」
「真実も時には残酷なものよ。
いちいち引きずってたら弁護士なんて続けられない。
次の依頼人が待ってるわよ!まあ、そういう所が武田君のいいところ」徹子ちゃん

 くずとの会話で
「あんなに食らいついてくる人いました?あんなに一生懸命な人も」
と言っていたように、一途な武田。
でも、一生懸命さがクサくならない不思議な人ですね。
実は見せ方をちゃんとわかってる人なのかも。

 最後に調子に乗ってる山村に喝も入ったし・・・
斉藤君、損な役・・・。

 ところで、オープニングで今まで足しか写らなかった女性の顔が判明しましたね。
あれは・・hitomiさん?すんごいキレイな足!長い!美しい!
何かこのオープニング、毎回少しずつ違ってるような気がするんだけど
勘違い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

 弁護士のくず(第4話/全12回)「死者の声!冤罪の真犯人」◇高校の体育館で妊娠中の女子生徒が殺され、交際していた山村(斉藤慶太)が容疑者として連行された。九頭(豊川悦司)と武田(伊藤英明)は国選弁護人として事件を担当。だが無実を主張する山村の証言は曖昧で、ふざけ...
2. ・TBS「弁護士のくず」第4話  [ たまちゃんのてーげー日記 ]   2006年05月05日 17:27
TBS系列「弁護士のくず」(第4話「死者の声!冤罪の真犯人」)。 さて、今日は第4話です。「平田満さんと、斉藤慶太さんと、小町桃子さん」がゲスト出演!以下、ほーんの少し、感想を。ネタバレ含むので、ご注意下さい。あと、記憶で、間違っている部分があるかも知れない...
3. 「弁護士のくず」ぁ岨犲圓寮!冤罪の真犯人〜  [ アンナdiary ]   2006年05月05日 20:18
高校の体育館で妊娠中の女子生徒が殺され、交際していた山村(斉藤慶太)が容疑者として連行された。九頭(豊川悦司)と武田(伊藤英明)は国選弁護人として事件を担当。うーん、オチが最初から見えてて、今ひつかな?アダルトビデオのうめき声も、ひとりで見るにはいいけど家族と...
4. 『弁護士のくず』 第4回感想?  [ つれづれなる・・・日記? ]   2006年05月05日 23:27
冤罪ってタイトルはなしにしてほしかったなぁ。 最初から、オチが見えそうな気がして。
5. モト冬樹  [ AWKEL ]   2006年05月06日 06:39
モト冬樹に関するblog:【今日は何の日】5月5日 The.夜もヒッパレ 5月5日が誕生日の人々
6. 弁護士のくず 第4回  [ Cafe Tsumire ]   2006年05月06日 11:41
弁護士のくず 第4回(5月4日放映)。今回は「あのバカ(武田・伊藤英明)にまかせるには今回の事件はやっかい」なせいか、割と最初の方から腰を上げてそれなりの裏付けを取っていた九??
7. 【テレビ】弁護士のくず 四話  [ まぁ、お茶でも ]   2006年05月07日 05:17
おや、金四郎さんが、パチンコ屋に! 今日の始まりは、パチンコですった九頭を急いでいるからと自転車に二人乗りをしていたら、ミニパトの婦警に叱られた
8. 『弁護士のくず』 case4 「死者の声!冤罪の真犯人」  [ 老舗ワタクシ本舗 ]   2006年05月10日 17:50
高校の体育館で妊娠中の女子生徒が殺され、交際していた山村(斉藤慶太)が容疑者として連行された。九頭(豊川悦司)と武田(伊藤英明)は国選弁護人として事件を担当。だが無実を主張する山村の証言はあいまいで、ふざけた態度で言い逃れをしているとしか思えない。武田は弁護方...

この記事へのコメント

1. Posted by アンナ   2006年05月05日 20:25
きこりさん こんばんは!

オープニングの女性はhitomiさん?そうなんだ〜いまさら(汗)真面目に見なきゃ。

平田さん、毎度大変な役ですね。
今回、真犯人は平田さんでしたけど山村も同罪ぐらいにいけません(苦笑)
2. Posted by きこり→アンナさん   2006年05月06日 05:54
そうそう!山村にもっと痛い目を見せて欲しかったですよ。ぜんぜん、懲りてなかったですもんね。
今回白石先生の普段着が見られなくて残念でした・・(笑
ところで、事務所の掛け軸も毎週違ってるんですね。私、今回やっと気づきました・・・(汗
3. Posted by ヨーコ   2006年05月06日 06:05
5 あの役者さんは佐藤二朗さんって言うのか!
色んなドラマにかなり強烈な脇役で出てるよね(笑。
今回の芸人枠は、毎度お馴染グレチキと今回初登場のノッチだったね。気付いた〜?
きこりさん、hitomiのスタイルは非の打ち所がないよ!
私は生まれ変わったらあんな体型になりたいよ〜!!
4. Posted by きこり→ヨーコさん   2006年05月06日 06:24
そうそう!
佐藤二朗さん、しょっちゅう出てるから!
生瀬と同じぐらいちょい役で見るよね〜
私、けっこう好きなのよ〜
ノッチ気づかんかったよ〜
hitomiは同じ人類とは思えんよ・・・完璧。
5. Posted by mari   2006年05月07日 02:43
きこりさん、こんばんは。
私はつい、”金四郎”さんと呼んでしまいます。
とぼけたところがいいですね。
6. Posted by きこり→mariさん   2006年05月07日 09:00
mariさんの中では金四郎さんなんですね〜(笑
この人が出てくるとつい期待してしまいます。
外見はすごく平凡な人なのにね。
脚本家の人も、ついオチを用意してあげたくなるような俳優さんなのでしょうか。
7. Posted by かえる猫   2006年05月07日 20:33
今回はじめてみたのよ、くず。
オリジナル(雑誌)では前から見てたんだけど、このキャラがトヨエツていうのが何かしっくりこなかったんだけど。
でもなかなかやるね、トヨエツ。
しかも今回は、愛しの佐藤二朗さまが出てたのよね。
お得感倍増!!て感じでした。
ヨコさんも佐藤二朗さんをチェックしてね〜!!
8. Posted by きこり→かえる猫さん   2006年05月08日 05:58
私は後から原作のほう知ったから
この表紙の人がトヨエツ〜?
何かぜんぜん違うじゃん・・という感じで
原作を読む気をなくしてしまった・・
あまりにもトヨエツのイメージが強烈だったんで。
今週は佐藤二朗ウィークか?ってぐらいあちこちに
出てたよ〜
9. Posted by 凛太郎   2006年05月11日 09:29
今回はちょっと仕事が忙しいので、ちゃんと見ているドラマは「弁護士のくず」と「巧妙が辻」だけになってしまいました。
カッコを付け過ぎないトヨエツの演技には好感が持てますが、「探偵物語」の松田優作を意識しすぎた衣装はちょっと余計な気がします。
いつもと違うイトウ君の役どころも新鮮で、イトウ君も新境地を見出したのではないでしょうか。
10. Posted by きこり→凛太郎さん   2006年05月11日 17:46
あ〜確かに松田優作を意識してるのでしょうか・・
スクリーンに出たときから自分の外見を持て余していたような優作と長身と美しさばかりがもてはやされがちなトヨエツはちょっと似ているのかもしれませんね。
でも、「探偵物語」は永遠です。
誰にも超えることはできないっす!
凛太郎さんもいつも心に優作を・・でしょうか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
少しづつ庭に色が・・「てるてるあした」第四回