「女王の教室」エピソード1「小早川伸木の恋」第十回

2006年03月19日

「女王の教室」エピソード2

 2006年4月、真矢(天海祐希)は、息子の墓まいりをして
教師としての自分の気持ちを確認する。
 そこを由介が現れ、友達と大変なことになっていると訴える。
顔には絆創膏、足をひきずっている。
先生に不満を感じた友達と由介は職員室でいたずらをしようとしたが、
友達の方がエキサイトしてとんでもないことになってしまったのだ。
友達を裏切るか、自分の良心に従うべきか相談する由介。

 教職員再教育センターでは、真矢の作文を読んだ指導主事(石原良純)が
「あなたの指導法は理想論です。あなたが担任になったのはかなり問題のあるクラスだったようですね。いったい何があったんですか?」

 過去の自分を思い出す真矢。

 いや〜今回のゲストは由介ですか?
声変わりもして、すっかり男の子らしくなっていましたね。
 でも、和美といい、今となっては鬼教師となってしまった現在の
真矢の気持ちの説明と過去へと導入する役として登場。
それに、あんなにみんなで語り合ったのに、由介全然目覚めてないような・・・

女王の教室 DVD-BOX


女王の教室 ザ・ブック エピソード1&2



 2002年11月
真矢が気持ちも新たに担任になったクラスは奇妙な統制のとれた
クラスだった。
一人の男子宮内が仕切っており、どこか不自然にきちんとしている生徒達。
その中でたった一人だけ里中という男の子だけがおどおどとしている。
真矢は何か違和感を感じる。
 まだ、真矢は気づいていないが里中はずっと宮内を中心とするグループにいじめられていた。クラス全員そのことを知っているが、宮内怖さに従っているのだった。
巧妙な宮内は教師達の評判も良く、誰も疑っていない様子。

 しかし、この宮内役をやってる子には悪いんですけど・・・
いや〜良くこんな憎たらしい感じの子見つけてきたね。
それだけ演技力があるってことなんだろうけど、
宮内の悪行の数々・・・まさに悪魔降臨ですよ。
見ていて、私もぶったたたいてやりたくなったわ。
 里中君もうまいわ。いじめられる側の方が難しいと思うけど、
おどおど加減がすごくいい感じ。

 いじめの中心が宮内だと気づいた真矢の態度に反応したのか、
クラスで里中を犯人にしたてようとする盗難事件が起こる。
「犯人に罰を与えて下さい」という宮内に対して
真矢は全員での屋上掃除を言いつける。
 そこに宮内グループの母親達が現れて真矢に抗議。
教頭たちは宮内の父親の権力を恐れて真野矢に謝罪をさせようとする。
次の日、調子こいて「僕達に謝ってください」という宮内に真矢は
「私は自分のやり方を変える気はありません。
この教室で起こってることが本当にわかるまで」
真矢VS宮内の戦争が始まった。

 本当に真矢は変わりました。
もう生徒達に嫌われることを恐れません。
根底にある愛を力に自分を変えていこうとどういうやり方が子供達のためになるのか
ぎりぎりまで、自分追い詰めながら探っていきます。
まだ、「鬼教師」のスタイルはできあがっていません。
宮内との戦いは、真矢自身との戦いでもあるのです。
 でも、真矢の戦う相手は自分以外にも、
事なかれ主義の他の教師達、
自分の子のことしか考えようとしない利己主義な親達、
厚い壁にかこまれているような状況、突破口はあるのか・・・
 由介に教えたように第三の道は見つかるのでしょうか。
 
 今までの教師とは違う反応にいらいらを募らせた宮内はさらに里中君
いじめに拍車をかける。ついに耐えられなくなった里中君は学校に来なくなる。
里中の家に行って、里中といじめのことを話し合おうとする真矢。
「あなた自身が強くなって変わるしかないじゃないの!
あなたを助けたいの!私が全力で守るから!」
 いじめの事実を確認した真矢は体育器具室に宮内を呼び出す。
「里中君をいじめるのはやめてくんない!」
ズバッと言った真矢に対して宮内はあくまで否定、
誤解されたかわいそうな子を演じ泣き出す。
さらにズボンを脱ぎだし「こうすればいいんでしょ・・」とセクハラを演出。
そこにタイミングよく現れた教頭に助けを求める宮内・・・にやり。

 ムキャーーー!!なんだこのガキ!お、恐ろしい・・・
しかし、またしても生徒に陥れられる真矢。
そして同じように弁解の余地もなく親と他の教師に真矢のせいに
されて、担任をはずされてしまう。
 里中君が休んでいるため宮内のイライラ発散のために、今度は一緒にいじめていた
グループの男子が標的となってしまう。
その現場に現れ宮内を問い詰める真矢。
 最初はすっとぼけようとするが「だいいち、なんで僕が掃除なんてしなきゃならないんですか?僕はこんなところにいる人間じゃないんです」と
間違った選民意識を語りだす宮内。

 真矢と和美たちのクラスの中での会話。
日本人の何パーセントしか幸せになることはできないというのは宮内の言葉だったんですね。そして、真矢はあの時の和美と同じく
「幸せの形はたくさんあると思う。だから、ここにいる全員が幸せになると思う」
と言ったんですね。
 
 真矢に均衡を破られてきた追い詰められた宮内は登校してきた里中を
橋の上にむりやりひっぱって行って
「君はどうせ生きてたって幸せになんてなれないだから死ねば。
死ね、死ね、死ね」と追い詰める。
 里中の母からの電話によって里中を探しに行く真矢。
橋の上には里中のランドセル。下を見ると川の中に里中君が・・
狂ったように川の中に入り里中を救い上げ人工呼吸を続ける真矢。
「お願いだから、もう誰も殺さないで!!
もう教師を辞めるなんていいませんから!
どんなことをしても子供達を守りますから!!」
 奇跡的に息を吹き返す里中君。抱きしめる真矢。

 もう許せない!真矢は授業中のクラスに入っていって体育器具室に連れて行く。
何で、体育器具室?
ここでいじめが行われていたからだけど、密室はまた変なこと誤解されるから
やばいじゃん!と思ったのですが・・・
ここには武器になるものがたくさん揃ってるからだったのね〜
 真矢と宮内とのタイマンが始まる。

 里中が死のうとしたこと(宮内に落とされたんじゃ・・・)と伝えて
責任を感じないの?!と責める真矢に大して、平然と
「どうして人を殺しちゃいけないんですか?
里中君だってもしかしたら死んだほうが幸せかもしれませんよ。
彼みたいな人は生きてたっていいことは一つもないんだから」
殴ろうと手を振り上げた真矢に
「殴るんですか?そんなことしたらどうなるか」びしっ!びしっ!
殴り続ける真矢。
 しかし、反撃に出る宮内。
「バカにしやがって!一年だぶっただけで、もうだめな奴とか見下してんじゃねーよ!」初めて心の中を吐き出す宮内。
「もしかして、お父様にそう言われたの・・・?」
逆上してエスカレートする宮内。
(しかし、何で誰も来ないんだ?)
カッターで真矢の胸元を切りつける。ここから血みどろの闘いに。
思いっきり真矢の首を絞める宮内、意識が遠ざかる真矢。
そんな二人の周りを白い蝶がひらひら・・・

 この白い蝶、和美たちのドラマの時にも現れましたが、
人間の心の中にある善なる部分、正しい心の象徴でしょうか。
親からの扱いや兄へのコンプレックスからストレスで悪魔のようになっていた
宮内の心の中にも純真な心はあったはず。
それを黒くして見えなくさせてしまったのは周りの大人たち。
 
 ショウのことを思い出し力を得、今度は宮内の首をしめる真矢。
「教えてあげる、何で人を殺したらいけないか。
死ぬ時は苦しいから、痛いからよ。
死にたくないって叫びたくなるからよ。
これが痛みなの。あなたがいままで他の人に与えてきたものなの。
 人は死んだらもう家族にも会えないの。友達にも会えないの。
その人の大切な夢や希望、思い出まで消えてなくなってしまうの。
この世に生きている人の未来を奪う権利なんて誰にもないの。
だから人を殺しちゃいけないの」

 真矢の心の底から出た搾り出すような言葉でした。
憎しみから出た暴力ではない。
やり方は間違っているかもしれませんが、愛情からでた暴力で痛みをわからせようとした真矢。締めている手も心も痛かったはずです。
宮内の心には届いたでしょうか。

 入院している真矢の元へ校長がやってくる。
真矢の処分は宮内の父の差し金で教職員再教育センターに送られることになった。
そこの送られた教師はみんな耐えられずに辞めていくという。
 「あなたには教師を辞めないでもらいたい。
現場に戻って欲しい。
あなたのような教師が必要なんです。今の子供達には」

 しかし、再教育センター通いは思っていたよりもつらかった。
塾の講師募集の張り紙を見て、面接をうけようと歩き出した真矢の元へ
里中君が現れる。
すっかり元気になった里中は、クラスの近況を伝える。
 何か変わってしまった宮内は今では逆にいじめられる立場となっており、
私立に転校することになったと。心配する里中。

 やっぱり根っからの教師なんですね。
今後の事がどうとかというよりもほっとけない。
体のほうが先に動いてしまう。
 
 母親にひっぱられて小学校を去るところに現れた真矢。
昔の真矢と同じように間違った愛情を息子に注ごうとする母親(西田尚美)
「愛するのと甘やかすのは違います!」と叱り、
宮内に本当の強さを持った里中と共にここでがんばるよう伝える真矢。
息子をがっちり抱え込む母親の手から歩き出す宮内。
「俺、ばかだった。先生がいい先生だって初めてわかった。
ごめんなさい。俺のせいで・・・」
「許さない。罰としてこれ(宮内のペン)もらっておく。
返して欲しかったらいつでも取りに来て」

 真矢は6年3組の女の子を救うため、戦って男の足を刺したのはこのペンでだったんですね〜
意外と鋭利なのね〜こわか〜

 過去の話を聞き終わって
「むなしくなりませんか?結局あなたは又、教職員再教育センターに来てるじゃないですか」とマイナス思考の指導主事。
しかし、はっきりと
「教師をしている限り、自分では想像も出来ない奇跡に出会えますから」
と応える真矢。

 2005年2月、
教職につく準備がすっかりできている真矢の元を一人の校長(泉谷しげる)
が訪れる。
「もし、現場に戻られることがあったら、今度はどうされるんですか?」
「鬼になります。
子供達に何と思われようと私自身が壁となって徹底的に厳しくやります。
そんなやり方をすれば、保護者から大変な苦情が出てくるでしょうが
全て受けてたつつもりです。
 その代わり、子供達の家庭環境からや友人関係、本人が何を考えているかまですべて調べます。何か問題を起こしそうな子がいたら寝ないで監視するつもりです」
「そこまでしてもですよ、
子供達に先生の本当の気持ちはわかってもらえないかも知れないじゃないですか」
「かまいません。それが教師という仕事だから」
「先生、うちの学校に来てもらえませんか」

 再教育センターでの二年間の苦しみの中で、真矢の心には自分が目指す教師像が
見えたようすね。もう真矢の心はゆるぎません。
 6年3組の子供達全員を事前に徹底的にリサーチして、問題が起こったときの
対応もシュミレーション済み。そして、一番精神的に強そうな子を標的にして
クラスを作っていこうと選んだのが和美でした。

 登校の日、ショウのお墓に報告に行った後、考えて鬼教師にふさわしい
ユニフォームを選んで教室へ向かう真矢。
「どうか私のやり方が間違っていませんように。
23人全員が卒業できますように。
どんなことをしても私の子供達を守りますから」
 そして、真矢の新たな闘いが始まった。

 いや〜おもしろかった。
真矢の心の葛藤がきちんと描かれていて、教師という仕事がよくわかっていなかった
新任の頃から、試練を得てどんどん変わっていく、変わっていこうとする
強い意志がすばらしかったと思います。
 天海祐希さんあっての企画ですね。
教師という仕事への情熱、子供達への愛情がしっかり伝わってきました。

 ただ、CMが多すぎた。
エンドレスなCMとドラマとのサンドイッチ状態に怒りすら覚えて
その怒りがスポンサーに向かいそうになりました。
 
 ますます天海祐希さんが好きになりましたという方、ポチッとお願いします。
    人気blogランキングへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 12:32│Comments(6)TrackBack(10)「女王の教室」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 女王の教室 EP2〜悪魔降臨〜  [ 自己満族 ]   2006年03月19日 13:19
守りますからぁーーー!! 僕は死にましぇん!!ってのを思い出しました(笑) あんな河川敷で、あんな状況で叫んでたら変だって(笑)と・・、緊迫した中でこのシーンだけは笑って観ることが出来ました。 しかし、中盤までは観てて何とも言えない感覚でしたよ・・。前半....
2. 女王SP  [ (株)カプロラクタム−blog ]   2006年03月19日 13:45
いやー女王の教室SP、見ごたえがありました。 鬼教師になった理由、全ての「真矢金言」の根拠、教師・子ども・保護者の「社会問題」とも言える現状などなど、まさに痒い所に手が届くスペシャルでした。彼女の行動や発言は、全て原体験に基づくものだったわけですね。6年...
3. 女王の教室  エピソード2 〜悪魔降臨〜  [ くつろぎ日記 ]   2006年03月19日 14:50
真矢はこの学校で、今後の方針をしっかり固めていったということですね。 しかし宮内のボールペンがあの最終話での戦いににつながるとは!みなさんは、 宮内の両親のような人がこの世にいるということ自体が信じられないでしょう? 多少脚本を誇張して面白くしたかもとは...
4. これにて完結(女王の教室 エピソード2〜悪魔降臨〜)  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2006年03月19日 16:35
DoCoMo、コカコーラはスペシャルで提供クレジットを復活させた。腰抜け企業は花王、日産、積水ハウス、Canonの4社明治製菓はレギュラーから引き続き、提供クレジットを表示皆さんキシリッシュ、カール、イソジンをバンバン買いましょう|チョコレートは明治|∇ ̄●)ο
5. 女王の教室 エピソード2〜悪魔降臨〜  [ あるがまま・・・ ]   2006年03月19日 20:37
エピソード2〜悪魔降臨〜 今夜完結!!子供の命を守るため人生の全てを捧げた女教師の愛と哀しみの記録…こうして彼女は鬼になる道を選んだ 連続ドラマ「女王の教室」の特別版の後編。 なぜ冷酷な教師になったのか。小学校教師の真矢の過去が明かされる。 真矢(天海祐希)は、児...
6. 女王の教室 エピソード2 〜悪魔降臨〜 メモ  [ つれづれなる・・・日記? ]   2006年03月19日 22:37
1話の方がよかった?というかインパクトはあったと思う。
7. 女王の教室SP エピソード2〜悪魔降臨〜  [ あいりぶろぐ ]   2006年03月20日 00:39
 昨日に引き続き、「女王の教室SP」を見ました。  昨日の「エピソード1〜堕天使〜」では、優しい頃の真矢の様子が描かれ、結婚、出産、息子の死を経て、再び教壇に戻るまでが描かれていました。  そして、今日の「エピソード2〜悪魔降臨〜」では、以前よりは厳....
8. 【テレビ】女王の教室 エピソード2  [ まぁ、お茶でも ]   2006年03月20日 01:50
昨夜は、ビデオが撮れていなくて、残念でした。 クラスには、根強くはびこったいじめの根が張っていた。母親達が学校へ乗り込めば
9. 【テレビ】女王の教室 エピソード2  [ まぁ、お茶でも ]   2006年03月20日 01:52
昨夜は、ビデオが撮れていなくて、残念でした。 クラスには、根強くはびこったいじめの根が張っていた。母親達が学校へ乗り込めば
10. 女王の教室  [ Akira's VOICE ]   2008年06月14日 17:57
未見でずっと気になっていたドラマ。 レンタルで一気見!! 

この記事へのコメント

1. Posted by ランナーなし   2006年03月19日 13:41
白い蝶は息子のショウくんだべ。「強くなってママを守ってあげる」って言ってたじゃん。
ママがピンチになったら現れて、ママを助けているんだべ。
いいドラマだったね。
2. Posted by まこ   2006年03月19日 21:28
そうそう!真矢が教室から宮内を連れ出した際、あのまま追ってきても良さそうなものなのに・・・もっと早く誰かかけつけてくれてたら、ケガは少なかっただろうに。でもそれだと見せ場のバトルが・・・(笑)。
あのバトルの前後で大きく表情が変わった宮内くん。そしてイジメられてた時とその後でやはり顔付きが違ってた翼くん。主要な子役さんが演技派で凄く良かった!
3. Posted by きこり→ランナーなしさん   2006年03月20日 06:14
いいドラマでしたよね〜
単発だったら戻ってきて欲しいな〜と
思います。
4. Posted by きこり→まこさん   2006年03月20日 06:19
そう、見せ場をたっぷりと作らなきゃならないから(笑
ホント、二人ともうまかった!
すごく難しい役なのに・・この子達がうまくなきゃ成立しないですもんね〜
天海さんもすばらしかったわ〜
5. Posted by ななか   2011年10月01日 16:08
1 面白いかったなーーーーーー
6. Posted by きこり→ななかさん   2011年10月01日 22:35
コメントありがとうございます。
おもしろいドラマでしたよね。
今の天海さんで見てみたいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「女王の教室」エピソード1「小早川伸木の恋」第十回