「キッチンの穴」たけだみりこつまんにゃ〜い・・・

2006年03月16日

「神はサイコロを振らない」最終回

 ええ〜〜!うっそ〜ん!戻ってこなかったよ〜そんな〜
がっかりだよ!みんな戻ってくると思っていたのに・・・
原作もこんな感じなのでしょうか・・・
それとも、飛行機の場面を撮るお金がなかったのでしょうか・・・
はぁ〜
 ちょっと振り返ってみましょう・・・

 航星(中村友也)のところへ行った哲也(山本太郎)は
「10年前に引き戻された時に向かって何らかのSOS信号を送って、
それが受信できればブラックホールを避けられるかも」と提案する。
航星もその案は考えていたが、残り一日ではその発信機を作ることができないと
あきらめたのだった。

 素人の哲也がちょっと勉強しただけで、こんなことを思いつくとは・・・
ちょっとデキスギ君ですが・・・
過去に電波が送れるとは・・・すごい発想だし、
成功すれば助かるかもしれません。

 亮の父(鶴見辰吾)誉は亮がいなくなる不安をヤス子(小林聡美)に訴える。
「本当に10年前に引き戻されるのでしょうか?」
「もし、そうなったとしてもあきらめないでいようと思っています。
神様ではないので全ての人の運命を変えることはできませんが、
私は最後まで、せめて自分自身に対しては何があっても
最期まであきらめないでいようと思っています」
 母親の元へ行くという亮に誉は
「これからは亮には恥ずかしくない生き方をする。
それがおまえに会えた証だから」と伝える。

 最後まで前向きなヤス子、いいですね〜完全復活ですね。
誉さんも、この10日間と亮に会えた事によって、
立ち直ることができたようです。

 亜紀(ともさかりえ)と菊介(武田真治)が哲也達の結婚式を
企画してくれた。恥ずかしがるだろうと思っていたヤス子は
「亜紀が考えてくれたことなら、その気持ちに応えなきゃ」
いつものように屋台にラーメンを食べに行く四人。
『私にできることは最後のその瞬間まで笑顔でいること』

 泣くことは簡単なことですが、最後まで笑顔で笑って過ごすことに
決めた四人。時は流れてもこの一瞬は永遠です。

 さて、残り少ない時間、ヤス子の家で結婚式の準備がちゃくちゃくと
勧められ402便の乗客たちも集まってくる。
しかし、甲斐(尾美としのり)は哲也に先進波の通信機を渡して
「これを使って402便にメッセージを発信すれば、マイクロブラックホールに入る前の402便に届くかもしれません。長崎空港へ行ってくれませんか?」
と頼む。

 これは・・・哲也じゃなきゃだめなんでしょうか?
他の人が発信してもいいんじゃないの?
何かストーリー上、ヤス子と引き離すためにって感じですが・・

 この十日間で心がかなり近づいた亜紀と菊介。
別れの時間がせまってきて菊介は亜紀に
「僕の事は忘れてください。思い出さないでください。
次に会う時に恋に落ちるためです。
次に会う時は、きっと僕は今よりずっと、きっと楽しい日々を送る男になっています。
 それまで、ありがとうって言葉も亜紀さんと過ごした時間が大好きだって
ことも、口が裂けても言いませんから。
さよならもいいませんし・・」
「次に会う時、今よりずっといい男になっている菊坊に会えるなんて楽しみだな〜
消えちゃうのが怖くなくなったよ」
涙を流して抱きつく亜紀。

 菊坊、成長したじゃないですか〜かっちょいいじゃ〜あ〜りませんか。
亜紀というキャラクターも本当に素敵でしたね。
あったかくってかわいくて、情があるのに軽くって綿あめみたいな女の子でした。
ともさかりえさんじゃなきゃ演じられなかったかも。
 武田真治さんも、「めちゃイケ」で見てる時よりもよかったわ〜
甘えん坊でほっとけなくて、繊細だけれども底に強いものを秘めている
おもしろい役でしたね〜

 「ヤッチとテツを囲む会」が始まろうとするが哲也はみんなに長崎へ行くことを
伝える。
「無駄なことかもしれない。でも、やれるだけのことはやってみようと思います。
最後まであきらめたくないんです」
何も言わず送り出すヤス子。

 タクシーに乗って出発したテツが戻ってくる。
「肝心なこと言い忘れた。
オレはお前が好きだ。10年前のお前じゃなくて今のお前が好きだ」
「ありがとう。
会えて良かった。一緒にすごせて良かったよ。
神様がサイコロを振らなくても自分の運命は自分で選び取ることができる、
この10日間で私そう思ったから、きっと何か変えられるよ。
運命は変わる。変えることができると信じてる」
「俺も会えて良かった。
10年後のお前を好きになれて良かった。また会おうな」
指輪を出すテツ。「消えちゃうんでしょ〜」と言いながらつけてもらうヤス子。
「さよなら〜!!」
「さよなら!」

 結婚式は戻ってからやりなおし〜?
そのためのお別れよね、と思っていたのに〜

 そして、亜紀と最後の散歩に出て、亜紀が行ってみたかったと言った
ネイルサロンを探しに行こうとしたら・・その時が来て亜紀は消えてしまいました。
そして、みんないなくなってしまった。

亜紀の残した手紙。
「もしかしたら、402便の乗客はどこか別の世界で別の人生を
生きていないとも限りません。
そこでは私は、5人ぐらいの子供を抱えひ弱な亭主の尻を叩きながら元気に
生きているのです。
 だから黛様も、どうか平成の今、その時代のその世界でどうか元気に生きていってくださいませ。それが私たちの出会いと別れを輝かしいものにするのですから」

 最後までやさしい亜紀でしたね。
自分がいなくなった後、死んだのではなく別の世界で生きているかも・・と書くことによってヤス子たちに救いを与えました。
この10日間の亜紀の存在は、ヤス子の心の中に希望の種を確実に植えたし、
死んでいたヤス子の心を生き返らせしっかり歩いていく力を与えました。
 それは、ヤス子にだけでなく、他の402便の家族達も
事故の時、喪失してしまったものが再生された
奇跡のような10日間だったと言えるかも知れません。
 神様からのプレゼントと言ってもいいでしょうか。

 ラストに甲斐さんと加藤教授が
「受信記録は残っていなかった。失敗したようだ」
「しかし、機体の残骸が見つかっていない。と言う事は、我々と別の次元、
時間の世界で生きているのかもしれない・・・」
と言っていましたね〜
 いつかその時間が一致することはないんでしょうかね〜お互いにそうとは
わからなくてもめぐり合えたらいいのに。

 この10日間の思い出を胸に前向きに生きていこうとするヤス子と菊坊。
えらいぞ!と思いながらも・・・どうして戻ってこなかったんだよ〜!
何かすっきりできません・・・うう。

 加藤教授、ヤス子をなぐさめてあげて!という方ポチッとお願いします。
    人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 神はサイコロを振らない 最終回  [ アンナdiary ]   2006年03月16日 16:44
良かったよ。 やっちとテツとあっちと菊坊はね(苦笑) 昨日は感想アップしようと思ったけど 書くことなくて。。。 でも、最終回なので思ったことを少し。。。 402便がやってきて一番変わったのは菊坊だと思う。 菊坊バンザイ!(笑)
2. 「神はサイコロを振らない」の話9  [ のらさんのうだうだ日和 ]   2006年03月16日 17:12
「神はサイコロを振らない」 Last day 〜最終回〜(視聴率9.1%、平均視聴率9.64%)を観ました。この物語は愛する人を失って止まった時計が、再び動き始めるまでの奇跡の記録なのではないでしょうか。 お決まりの冒頭でのコント!哲也「結婚式?嘘...
3. 神はサイコロを振らない  [ どらま・のーと ]   2006年03月16日 17:29
『最後の一日 運命は変えられる!』 最後の日に、亜紀(ともさかりえ)と菊介(武田真治)が、 ヤス子(小林聡美)とテツ(山本太郎)のために結婚式をしようと 盛り上がっている。 だが亜紀の気持ちを加藤教授の落書きで知り、 最後の時間は二人で過ごそうと、ヤス子に言われ...
4. 神はサイコロを振らない 最終話:最後の一日運命は変えられる!  [ あるがまま・・・ ]   2006年03月16日 17:32
行っちゃった・・・。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!! 何だか呆気無い気もするけど、そこが又良かったよぉ〜!{/face_naki/} 甲斐さんてば、何でギリギリになってテツにそんな事頼むんだよぉー{/hiyo_shock2/} 何でヤッチはテツと一緒に長崎に行かないんだよぉ...
5. 【テレビ】神はサイコロを振らない??the lastday??(最終回)  [ まぁ、お茶でも ]   2006年03月16日 19:48
テツは、航星に会いにホテルへ行った。2人とも同じことを考えていたが、実現できないと航星は諦めていた。今は一日を大切に過ごそうとおもう、と言われ、足取りも重く帰ってきた。待ち伏せしていたのは、アッチで、テツと
6. 『神はサイコロを振らない』最終回感想  [ つれづれなる・・・日記? ]   2006年03月17日 00:40
ちょっと期待しすぎたかも。 でも、いいしめかたではないでしょうか。
7. すっごぃアクセス上がったよ!!  [ 上原ココア ]   2006年04月20日 17:39
SpeedBlogランキングってのに登録したらすっごいアクセス上がりまくりだよ!しかもマヂ爆笑できる面白いブログがいっぱぃあって、こんな面白いブログがいっぱぃあるんだぁってなんか不思議な感じだった!!

この記事へのコメント

1. Posted by mari   2006年03月16日 19:31
私にとっては中々余韻の残る終わり方だったと思います。ジンワリしましたよ。
4灯地は、最高でしたが、残念なのは、乗客の方。
もう少しシミジミ話があるともっと最盛り上がりましたね。
2. Posted by きこり→mariさん   2006年03月17日 06:11
やっぱり一回省略されたのかな〜という感じが・・
乗客たちの最期が急がされてしまったように
思いました。
何かすごくいいドラマだったので残念です。
小林聡美さん、ラストの笑顔が素敵でしたね。
3. Posted by ヨーコ   2006年03月18日 07:35
5 やっぱり、めでたしめでたしにはならなかったね(泣。
消えちゃう方と残される方どっち?って選べるなら、私は消えちゃう方でお願い!
残された方はず〜っと引きずるよね(泣。
4. Posted by きこり→ヨーコさん   2006年03月18日 10:54
前向きに生きようとする黛兄弟・・・
という余韻を残した大人っぽいラストでしたが
やっぱり戻ってきて欲しかったな〜
私は命根性きたないんで(笑)残るほうで。
5. Posted by 凛太郎妻   2006年03月18日 17:45
最初は「あるわけ無いじゃんこんな話」と
バカにしていたのですが、だんだんはまってしまって・・・凛太郎はハッピーエンドだよ、と言っていたのに戻ってこないなんて!
でも悲しい終わり方じゃなくちょっと希望があってよかった
6. Posted by まこ   2006年03月18日 18:14
大満足〜
確かに、今後もこの楽しい生活が続けばどんなにか良いかとも思ってたのですが、こんな終わり方もあったのね〜とうれしい誤算でした!
この余韻の残る終わり方もおかげで、あたしの妄想の中で都合良くその後のストーリーを展開できるんですもの!
えぇ、みんな元気で頑張っていますわよ〜〜〜ってか
7. Posted by きこり→凛太郎妻さん   2006年03月18日 23:08
私の場合は最初はあるかも・・から入ったのですが
戻ってきたらうそっぽくなっちゃいますもんね。
でも、戻ってきて欲しかったけど(まだ言っている)ドラマ的にはすごくいいラストでしたよね。
その後のこともドラマにして欲しいな〜
8. Posted by きこり→まこさん   2006年03月18日 23:12
脚本家の方も考えましたよね〜(原作もそうなのかな?)
まこさんの頭の中ではハッピーな妄想世界が繰り広げられてる訳ですね〜
別の次元の別の世界では、キャラクター達の設定も少しずつ違ってたりしてね。
9. Posted by やまちゃん   2015年05月01日 03:18
5 数年前のドラマを1ヶ月ほど前に知って見ました。

さっき最終回を見て「まじかぁぁぁぁ」ってなってネットで調べたらこちらに辿り着きました。

スタッフロールが流れる中、「10年前にもどれたらこの時代に突然現れるんだろうか?そうなったら現代に生きるみんなの10年の記憶はどうなるんだろうか?402便が消息不明になってない感じが突然来るのか?そうなればこのドラマのここまではどうなるのか?」と不安を感じてる間に教授と甲斐さんが出てきて結論。。。。

原作のように残骸が見つからず良かったけど、出会えなくて残念すぎるけど、あああああああああ!!!!!!と雄叫びをあげそうです。

幸い、現代に残った?人の記憶から消えなかったこと、手紙やスーツやパソコンのメッセージや色紙など痕跡がちゃんと残ったところはよかったかなぁと。

「番外編」で、ちゃんと10年前にもどれて積乱雲を回避て。。。の続きが出ればいいのになぁ
10. Posted by きこり→やまちゃん   2015年05月01日 18:40
コメントありがとうございます。
これは何年も前のドラマですが今でも印象に残っています。
やっぱりみんなには戻ってきて欲しかったですよね。
そりゃ10日間で大切なものをもらったけどさ〜
>原作のように残骸が見つからず良かったけど、出会えなくて残念すぎるけど
なんと?!原作では残骸が見つかるのですね・・・
ドラマでは別の次元で生きているかも・・という救いがあったけど・・・
残された家族や恋人にとってはどちらがいいんでしょうね。
>人の記憶から消えなかったこと、手紙やスーツやパソコンのメッセージや色紙など痕跡がちゃんと残ったところはよかったかなぁと。
そうですよね。タイムスリップもののルールとして痕跡が消えるのかと心配しましたが残っていて良かったですよ〜
不思議な設定のドラマでしたが人間の繊細な心と繋がりを描いてくれたいいドラマでしたよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「キッチンの穴」たけだみりこつまんにゃ〜い・・・