「神はサイコロを振らない」第五回「小早川伸木の恋」第六回

2006年02月17日

「白夜行」第六回

 笹垣(武田鉄矢)と共に弥生子(麻生祐未)の元を訪ねた古賀は
亮(山田孝之)のことを問い詰める。
 「本当は産みたくなかった。一番の被害者は私よ」とうそぶく弥生子に
「亮司君はそんな父親と母親の被害者だと思わないんですか?!」

 悪態をついてどうしようもない母親を演じることが亮への愛情なのでしょう。
ねじれてしまった親子の愛を真面目でまともそうな古賀に理解できるわけもないのです。しかし、抑えていた愛情を古賀によって刺激された弥生子は
耐えられず、興信所に松浦(渡部篤郎)の居所を探すよう頼む。

 雪穂(綾瀬はるか)の写真とネガを松浦から買い取ろうとするが断られる亮。
「もうあの女のために何もする気ないから」
「じゃあ俺が何をしてもいいの?」
「いいけど、そしたら自首するよ。あんたもあの女も全員道連れに」
「今度はオマエ榎本に殺されるな」

 泥沼ですな・・・殺すか殺されるか・・暗闇の中で足の引っ張り合い。

「亮ちゃんさぁ・・・白夜って知ってる?
夜なのに太陽が出ててさ・・夜が昼みたいになってさ・・
だらだらぐずぐず人生は続くって話・・・」

 松浦はもう一人の亮なのかもしれません。

『なあ、雪穂
白夜って奪われた夜なのかな・・
与えられた昼なのかな・・・
夜を昼だとみせかける太陽は悪意なのか善意なのか・・』

 亮にはもう何もかもがわからなくなっていた。
雪穂との別れで信じるものも無くしてしまった。

 図書館の谷口さん(余貴美子)に自分の状況を友達のこととして話して
相談する雪穂。

 でも〜普通の幸せな主婦の谷口さんとあなたでは、あまりにも状況が違いすぎて
置き換えられないのでは?

 松浦と亮司の関係に疑問をもった園村(小出恵介)は松浦のことをがぎまわったのがばれてボコボコにされてしまう。
しかし、それがきっかけになって亮は松浦の昔なじみから松浦の過去を聞かされる。
 松浦は母親が浮気して出来た子供で、家族の中で孤独に育ち母親と兄を刺して刑務所に入ったことがあるらしい。
 
 でも、事情を知ったところで、亮にとっての松浦がダニのようであることに
変りはないわけで・・・
そして自分のいる場所が逃げ場のない袋小路であることも変わらない。
しかし、事情がわからないなりにも亮司の力になりたいと思っている
園村の存在は一瞬の間でも救いとなったようです。

 一方、松浦は雪穂の学校にまで現われて亮司とよりを戻すよう脅迫じみた
態度をとる。殺意をつのらせる雪穂は篠塚(柏原崇)から睡眠薬を入手させて
バッグにはハサミ(生け花用)をしのばせて松浦の元へと向かう。

 松浦の家に弥生子が現われ、ネガと写真を要求する。
勝手に部屋中を探し回る弥生子ともみ合いになってるところへ
弥生子をつけていた古賀が止めに入る。もみ合っているうちに古賀を刺す松浦。
倒れている古賀に
「俺、何も悪くないよね・・・俺のせいじゃないよね」と言いながらとどめをさす。

 そこに現われた亮は弥生子の服の乱れから誤解をし、松浦を刺してしまう。
「マジ?何で・・?」
「俺、ホントはずっとあんたを殺したかった。
あんたが来てからおかしくなったんだ、親も俺も・・死んで、もう」
「俺、オマエが親父を刺した時、こいつ俺に似てると思った。
だから誰にも言わなかったじゃん・・あのことだけは・・ひどいよ、亮ちゃん」

 子供の頃、母を奪い、父親を狂わせ亮の家庭をめちゃくちゃにした松浦のことを
亮はずっと憎み続けてきたのですね。そして、自分の人生が狂ったのも松浦に出会ったからだと。
 松浦を殺すことによって全てをリセットできると思ったのでしょうか。
しかし、殺してみて初めて愛着がわいたのか、死に顔にサングラスをかける
亮が悲しかったです。
 弥生子だって亮がかわいくてやったことなのに、さらに亮を深い泥沼に落とすような結果になってしまった。自分自身を呪ったことでしょう。
せめてネガをと、そっと置いて去る弥生子。
もうこの親子が会うことはないのかもしれません。

 そして、腐りきったどうしようもない男を演じた渡部篤郎さん。
やっぱりうまいというか、独特の雰囲気で自分のものにしていましたね〜
死に際の印象的なつぶやきで、この虫ケラに一気に同情が沸いてきました。
 もう松浦に会えないと思うと寂しいわ〜

 帰り道、雪穂に会った亮はネガを渡す。
「これでもう、ホントに全部終わるんだよな。俺も雪穂も何にも縛られない」
はさみを亮のくび元にあてて
「やろうと思ったらやっちゃうんだもん。
私だってあんな男死ねばいいと思ってた。だからやったのは私だよ」
「お返しに亮を太陽の下にもう一度帰してあげるからさ」
抱き合って泣き続ける2人。

 この2人はどうしようもなくひとつなんですね。
無理に存在を消そうと思ったら相手を殺すしかないのかもしれません。
 この2人の恐ろしい部分、醜い部分を全てわかっていた松浦。
その松浦を消したことによって、生まれ変われるのでしょうか。

 『あなたは俺の太陽だった。
白夜に浮かぶ太陽だった。俺のたった一つの救いだった』

 亡くなった古賀の妻から、古賀は笹垣のことを父のように慕っていたと
聞かされた笹垣は「すまんのう・・古賀、すまんの・・」

 何を言ってるんじゃい!全部オマエが悪いんじゃ〜!
古賀君を巻き込んでからに。も〜!
でも、これでますます笹垣の執念を燃え上がらせてしまったわ・・

 部屋も引き払って、また別の人生を始めようとする亮。
相手にしなかった先輩に急に愛想をふりまく雪穂・・何をたくらんでいるんでしょうか。

 このドラマって全11話あるのね・・・やっと半分か〜
見てるだけで消耗するよ〜という方、ポチッとお願いします。人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:15│Comments(10)TrackBack(11)「白夜行」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「白夜行」#6  [ 風の便り ]   2006年02月17日 15:48
松浦が殺されることは先週の予告でもわかっていましたが、まさか古賀まで。とは予想外でした。 …っていうか、古賀って今まではチョイ役かと思っていたのに先週から突然動き始めたんでおかしいなぁ。とは思っていたんですけどね。
2. 白夜行 第6話  [ Happy☆Lucky ]   2006年02月17日 15:56
またしても新たな殺人を犯してしまった第6話。
3. 白夜行 第6話  [ uranus planet world ]   2006年02月17日 16:34
今日は、松浦の行動が亮司と雪穂に別々に一触触発の状態を作ってはいたものの事件は起こらず淡々と物語が進んでいた。。前半までは。でもそこは白夜行。穏やかなまま進むわけがない後半は、ジョーズの音楽かけたくなるほど、じわじわとこわくなっていく。。雪穂は篠塚に睡眠...
4. 白夜行  [ 私の趣味日記 ]   2006年02月17日 17:08
 第6話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  ぐぬ〜!雪穂何食わぬ顔してえりこに近づきやがって{/ee_1/}{/hiyo_ang1/}あっ!松浦が出てきた{/ee_1/}{/kaeru_shock2/}何を言うかと思えば「亮司とヨリ戻してくんない?」って、雪穂どうするの{/eq_1/}{/hiyo_oro/}  そしてま...
5. 白夜行 第六話 おまけ  [ uranus planet world ]   2006年02月17日 20:18
笹垣刑事が古賀刑事を殺した犯人・松浦について、「逃走中」と言っていたことについてとてもこわいことを思いついてしまったので、おまけで書き足します。。「松浦は死んでいる」と仮定してみて、(いや、あの映像では死んでると思うんだけどね)死体は勝手に動き回らないの...
6. 「白夜行」Α’鯡襪僚わり  [ アンナdiary ]   2006年02月17日 21:00
亮司が松浦を刺した。。。不覚にも私は松浦の言葉に涙が出た。 「俺さお前オヤジ刺した時さ、こいつ俺に似てると思ってだからさ、誰にも言わなかったじゃんあのことだけは。もう、ヒドイよ亮ちゃん」松浦は母親が浮気して出来ちゃった子。 お兄さんにお前なんか生まれてく...
7. 白夜行 第6話  [ 日々御気楽也 ]   2006年02月17日 21:18
今回は渡部篤郎、この人に尽きる。個人的には一番見入ってしまった回でした。
8. 白夜行 第六話  [ どらま・のーと ]   2006年02月17日 21:35
『白夜の終わり』 「11歳の時、俺たちは出会った。 俺は雪穂を守るため、父親を殺した。 その俺をかばうため、雪穂は母親を殺した。 俺たちは、その罪を隠すために、他人でいることを約束し、 別れた。 だけど、7年後、俺たちは再会し、 いつの日かもう一度、二人で....
9. 『白夜行』第6回 感想&山田さん隠し子騒動  [ つれづれなる・・・日記? ]   2006年02月18日 09:25
VS 松浦 完結編、次回、新章突入?
10. 【テレビ】白夜行(第6話)  [ まぁ、お茶でも ]   2006年02月18日 16:17
ねじれて行く論理、正当化される犯罪、罪だけが重ねられるドロ沼に、2人でいると、沈み込んで行きそうなことに気付いた亮司。 「恩を着せられているように思う。」雪穂から、預金通帳が返されてきた。それで、始めの罪の原因となった、父親のネガを買
11. 白夜行「白夜の終わり  [ あるがまま・・・ ]   2006年02月18日 20:37
太陽の下を歩きたい・・・ そう思ってるのは亮司だけじゃないと思うよ。 いわゆる日陰の身と称される山田くんの隠し子ちゃんとそのお母さんも きっとそう願ってるよ。バレちゃったんだから、この際入籍しちまえばいいのに! と、思うんですがどうでしょう?{/face_ase2/}山田...

この記事へのコメント

1. Posted by ヨーコ   2006年02月17日 16:20
私、松浦は死んだもんだと解釈してたんだけど、J姉が言うには生きてて逃げてるって言うのよぉ〜!
正解はどっち(汗?
次回から表に出るんだよね、亮ちゃん。どうなるんだろう?
あのお人よしの友達の男の子の事も心配なんだけど〜。
あの子は殺さないで欲しいなぁ〜。
2. Posted by uranus-planet   2006年02月17日 19:41
こんにちは。
TB&コメントありがとうございました。

笹垣が古賀奥さんには「犯人は松浦で逃走中」と伝えたので
松浦(の死体?)は残っていなかったんだと思います。
あの映像では死んだ!と思ったのですが、
ホントは生きてるのかな?
隠してくれるような人、いないんだけど。。。
(雪穂だってそこまではしないよね?)
ひっそりと生きててくれれば、亮ちゃんは傷害罪だけで済むんだけど。
3. Posted by mari   2006年02月18日 14:46
同じ悪でも、確かに渡部さんの松浦は
別格(笑)でした。
こそこそ、トンデモナイコトしている亮司たち
とは違いましたね。
4. Posted by きこり→ヨーコさん   2006年02月18日 17:44
何かね、「犯人は松浦、逃走中」って笹垣が言ったらしいよ。多分、亮が死体を隠したんだと思うけど・・・
私は死んだんだと思ってたよ〜
雪穂の家の庭に埋められてるってブログに書いてる人もいたよ・・・
でも、実はしぶとく生きてたりして・・・?
何か予告編の亮ちゃん、ずいぶんとこざっぱりしてたよね
5. Posted by きこり→uranus-planetさん   2006年02月18日 17:46
いや〜てっきり死んであの場所に放置かと思ってましたよ〜
でも、雪穂と二人で死体運ぶのもよく考えたら大変かも・・・車も持ってないし・・・
実は生きてるんでしょうか?
だとしたらおもしろい展開になりそうですよね〜
6. Posted by きこり→mariさん   2006年02月18日 17:48
あの松浦の死に方はけっこう良かったですね〜
貴重なキャラがまた一人消えてしまいました。
今考えたら雪穂や亮に比べたら普通のワルでしたね。
たった一人のさわやか系の古賀君も死んじゃったし・・
7. Posted by まこ   2006年02月18日 21:26
初回から出てる割には印象が薄かった古賀くん。
前回当たりからやたら出番が増えたというのに
転勤かよっ!とがっかりしてたら・・・・・・
そげなぁぁぁ〜〜〜!!!(T_T)
でもね、おっしゃる通り松浦の最期の言葉が
印象的過ぎて、今までの悪事を全部チャラに
してあげたくなっちゃいました(ーー;)
8. Posted by きこり→まこさん   2006年02月19日 10:10
さわやか青年が死んでしまった〜
あんまりや〜
とんがらし入りのカップ麺を食べても
古賀さんは浮かばれないよ〜!!
でも、これでますます笹垣にターボかかっちゃいますね〜
松浦やっぱり死んじゃったのかな〜
しぶとく生きてくれてたらおもしろいのに〜
9. Posted by まりこ(^▽^)   2006年02月21日 12:09
こんにちは
古賀の死と松浦の死。
どちらも衝撃的でした。
もうあの渡部さんに会えないと思うと
生きている間は、嫌なヤツと思っていても
不思議と悲しさが・・。
ほんとに見るだけで、どっと消耗するドラマですよね(苦笑)
10. Posted by きこり←まりこ   2006年02月21日 20:21
一気に二人も消えちゃいましたね〜
どんどん減っていく〜
最後に生き残るのは・・・
やっぱり雪穂でしょうか・・・
毎回、このドラマを集中して見るだけで
二歳は年とりますね・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「神はサイコロを振らない」第五回「小早川伸木の恋」第六回