「美味い話にゃ肴あり」「大江戸酒道楽」ラズウェル細木「リンカーン」おぎやはぎ企画

2006年02月07日

「くりぃむナントカ」芸能界ビンカン選手権

 「芸能界ビンカン選手けーん」有田、小木
「始まりましたね〜」有田
「やっと来ましたね〜」小木
「大好評ビンカン選手権」有田
「これは一番人気のあるコーナーですからね〜」小木
「早速、じゃあメンバー紹介しましょうか」有田
「普通に始めるな!大木ちゃんは?」上田
「大木ちゃん、また「題名のない音楽会」のロケへ。題名がないにもかかわらずです」有田
「また、小木ちゃんなの?今日」上田
「それならまだ、グラビアアイドルの女の子の方がいいだろ。コイツじゃなくて」
「グラビアアイドルも皆さん売れてますから・・」小木

 今日は大木ちゃん、お休みか〜ガッカリ・・・
大木ちゃんが休みの時は小木って・・もう、決まってるのでしょうか?
「くりぃむナントカ」の中ではベストスリーに入るこの企画。
今回もゆうたろうは出るのでしょうか?

(矢作に)「どうなんですか?ビンカンなんですか?」有田
「車の運転にけっこうビンカンじゃないかな〜と思うんですよ」矢作
「基本的にみんなそうでしょ」上田
「一回もぶつけたことないですから」矢作
「免許取ってから?」上田
「一回だけちょっと・・・人をちょっとはねたことあるんですけど・・」矢作
「みんなない。人をはねたことなんか」上田

 こえ〜はねたって・・・大丈夫だったのか?

 「安ちゃんは?」有田
「臭いにはビンカンですね。この人ちょっとお疲れめの臭いだな・・とか」安
「上田さん、ちょっと(見てもらえば?)」有田
(上田の臭いをかいで)「あ、今日は好調」
 
 ホントかよ!吉川ひなのの耳の裏の臭い占いに通じるものが・・・

 「間島さん、とうとう「くりぃむナントカ」に初めて・・どうぞよろしくお願いします」有田
「僕はね、体の方はけっこうビンカンね。
ダンサーだから。
いつも踊ってるから。
ただね、寒さには弱いんですよ・・・探し物の方はドンカンだと思うの」間島
「お引取り願えますかね。ドンカンだっておっしゃってるし」上田
「よろしくお願いします!」有田
「オイ、適当に片付けるな!」上田

 マジー、バラエティに普通に出てるな〜
しかも「くりぃむナントカ」にまで。ついてこられるのかな?

 「土田さんは、もうね、この企画にはね」有田
「ビンカンですよ。間島さんの話も長い割には内容がないと」土田

 やっぱりスパイシー土田がいないと寂しいですからね。
でも、土田って最初の頃はソフトな辛らつってイメージだったんだけど
最近そうでもないような・・・

 ファーストステージはTV朝日の1Fアトリウム。

 すっかりおなじみの場所ですが、ごちゃごちゃといつもいろんなものが展示してあるので、変なものがまぎれやすいんですよね。
 さっそくHG仕様の帽子とサングラスをつける有田と小木。
「ファーストステージ、用意フォー!!」
「押しちゃおうかな〜」土田

 ゆっくりと歩きながら探すメンバー達。
ワールドカップの出場選手のパネルを見ながら、何か発見?
「ちくしょう!アイツ、ワールドカップ出るのか〜」土田
ショップのほうへ行くと、ドラマ「弟」の宣伝パネル?
しかし、その写真はよく拝見する上田によく似たお方。
「でもな〜コレ・・嘘じゃないんだよな〜兄なんだよな〜」土田
「確かに嘘ではない」上田

 さて、残り時間10秒というところで、土田が
「クロアチア代表の背番号2番なんですけど〜プライムワン所属の〜
アリタッチ・テッペイ・・なんていない!」
「ビンカーン!」
(言いたくなさそうに)「あの〜どらえもんのぬいぐるみの中身が・・・ヒロ君」矢作
安ちゃんも
(有田と小木を見て)「2人がへん!」
「答えが変!」上田
「2人がおかしい!」安
「セイセイセイ・・・」有田
「2人がHGさん!」
「ビンカーン!」

マジーも?
「あのさ、弟と兄と弟っていうのはさ・・・アレは誰なんですか?」
「そりゃ間島さんはしょーがねーだろ」上田
「えっ、何ですって?耳打ちしてください。あそこにいるのが上田圭介。ビンカーン!」有田
「あんな写真いつ撮ったんだよ」上田

 最後に上田が
「勘だけど、ここの上で(二階に人が座っている)ゆうたろうリサイタルが
行われている!」
「会議やってるように見えてるけど、ゆうたろうリサイタルが行われてると」有田
「だって、あそこだけ開いてるんだも。他全部しまってるのに、カーテンみたいのが」上田
「ドンカーーーン!!」
「あ〜〜」上田
「フォーー!!ただ、上田さんすごいですよ。ゆうたろうさんがいるんだったら
何かヒントがあるはずですよね?どんなサインを送ってると?」有田
「まあ、何かこう・・シャッターが(隙間から覗くアクションを)」上田
「一階上を見てください」有田
「うわ〜!!うわ〜!!何で気づかなかったんだろ〜!!」上田
三階の窓のブラインドの隙間からゆうたろうが・・・
「見てる〜!うわ〜見てる!」矢作
顔まで出して訴えるゆうたろう。

 これで、仕事終わりかい?

 セカンドすてーじ メイド喫茶たにま 

 店の前で
「メイド喫茶を体験しながらおかしなところを見つけていきましょう!
さあ、小木ちゃん、おかしなところは?」
「6つです」小木
「さあ、小木ちゃんの仕事、セカンドすてーじは全て終わりました」有田

 中に入ると猫耳でメイドのかっこうをしたお姉ちゃん達が
「お帰りなさい!ご主人様!お待ちしておりましたにゃん!」
目頭をおさえる上田。
「こちらがご主人様の御席になります。どうぞ」
「有田さん、あの子をひっぱたいてはいけないんですか?」
席の真後ろに岡本夏生がメイドのコスプレをしたポスターが貼ってあるが
もちろんみんな見ないふり。
「ご主人様、おしぼりでございますにゃん!」
(有田に)『叩いてもいい?』
「だめです!土田さん、喜んでください」有田
「すいません、どSなんで」

 いや〜一度は行って見たいですね〜メイド喫茶。
ホントにこんな感じなのかな〜ここまで作ってるんなら
逆に普通の喫茶店よりも働きやすいかも・・・
東京にいて若くてかわいかったら(三重に違ってるし)やってたな〜

 離れた席に座っている別の客がメイドと「じゃんけんにゃん!あっち向いてにゃん!」とやっているのを見て
「やっべ〜この店楽しいよ」上田
「矢作さん、ちょっとやってみたいんじゃないですか?」有田
「やりたいかなぁ〜ちょっとメニューいただけますか?」矢作
「お待たせしました、ご主人様。オアシズ星から来ましたカヨコリンだにゃん!」
「何だよ、コイツ〜!」上田
「さっきの人と違う〜」矢作
「カヨコリンのお勧めメニューミックスジュースをご注文いただきますと
じゃんけんにゃんゲームができまして、勝ちますとスペシャルサービスを
プレゼントだにゃん!!」大久保
「やるしかないだろ」上田
で、あっちむいてにゃんであっさりと負ける大久保さん。
「やったー矢作!はい、サービス、サービス!」有田
「ご主人様、強いんだにゃん!スペシャルサービスに入りますにゃん!」
矢作の口にぶちゅっ!
「うわ〜〜!!うわ〜〜!!え〜〜!!何これ?!すごい気持ちワルイ!
うわ〜気持ちワルイ!!」矢作
「サービスでしょ!」有田
「あ〜びっくりした〜」矢作

 こちらも「ビンカン」レギュラーの大久保さん。
私、わりかし好きなんですよね〜
ぎりぎりの感じが・・素人とプロのはざまにいる感じで。

 さて、いちおう飲み物の注文が入りましたので
「店長〜!ホットコーヒー注文です〜!店長〜!!」大久保
なぜか茶トラの猫を抱っこしてくる大久保。店長?
でも、店長は嫌がって脱走してしまいました。
「すいませんね、本番中に。(コーヒーを飲んで)コーヒーがぬるいよ!」有田
「どうしたんすか?急に三文芝居で」上田
「ちょっと店長呼んで!店長!」有田
「いや、店長呼んでも話しにならないよ」上田
店長を連れてくる大久保。
「店長、ぬるいんじゃないの?コレ」有田
テーブルにすりすりやって話を聞こうとしない店長。
「店長!」大久保
今度は大久保さんにすりすり。
「店長とできてんじゃないの?」上田
「もう!火曜日だけって言ってたのに!」大久保
店長と奥へ消えてしまった。

 きゃ〜!店長に萌え〜
どうしてあんなにすりするするんだろ?またたびかなんか塗ってるの?

 さて、ビンカン選手権のほうは・・・
「この店は・・・メイド喫茶じゃない!」土田
「トリック」の主題曲が流れる中、土田の推理が。
実はここは普通の喫茶店タニマだった。

 次に上田が
「あのね、最初に出てきた店長とここに(テーブルに)来た店長が違う!」
「店長って猫ですよ」有田
「あの猫がね」上田
「あれ自体わけわかんないにもかかわらず、その店長を入れ替えてると。
ビンカーーン!」有田

 「あそこの2人が並んで座ってるでしょ?何で並んで座ってんのかがわからない。それだけなんですけど・・・ごめんなさい」マジー
「ドンカン!」有田
(また嫌そうに)「も〜大久保さん!!」矢作
「何ですか?」有田
「メイドが大久保さん!」
「ビンカーン!」
「も〜ヤダよ〜」矢作
「ポイントはこちら!1P!」
「そりゃそうでしょ。わかってますよ。1だって言うのは・・」矢作

(後ろのポスターを指さして)「この人!ねぇ、コレ、何て言えばいいの?」安
「アレ?」上田
「さっき間島さんもやっちゃいましたけど、コレが違うのはわかるけど・・
誰かわからないみたいな・・」有田
「東ちづるさん!」安
「ドンカーン!」
「東さん、やらないだろ」上田

 んー、安ちゃんは癒し系で行こうと思ってるのかな?
まだ、いいよ。まだ許されるよ。

 サードステージ アイススケートリンク

「懐かしいね〜小木ちゃん」有田
「懐かしいですね〜」小木
「どう懐かしいのか言え!何か思い出あるなら!」上田
「小木ちゃんの仕事、終了でございます」有田
「お疲れした!」

 サードステージについては特筆することはなかったです。
今回ネタは凝ってたんだけど、いまいち笑えなかったな〜
お金かけてる雰囲気は伝わってきたんだけど〜
 やっぱり大木ちゃんの抜けがでかかったのかしら〜
次回は土田が企画するほうに回るって言ってましたが
実現して欲しいわ。いったいどんな感じになるのか楽しみよ。

 土田、自宅のローン返済のためがんばれ!という方 ポチッとお願いします。
    人気blogランキングへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヨーコ   2006年02月08日 07:42
大木ちゃんがお休みだとこんなにつまんないのか〜。
ショボ〜ンだよ〜(泣。
土田のビンカンっぷりは相変わらず凄いけど、盛り上がりがもうひとつ。
やっぱり大木ちゃんの楽しそうな笑顔が、この番組には必要なのね。
ところで岡本夏生ってさ、デビュー当時はかなり年上だったのに、時々年下になったり、同じ年になったり・・・本当の年は幾つなんだろう(笑?
2. Posted by きこり→ヨーコさん   2006年02月08日 10:20
そうなんだよね〜灯りが消えたよう・・・って大げさか。
でも、大木ちゃんのいない寂しさは有田も感じてるかも〜
そうそう、岡本夏生、2,3年前に何か40過ぎとかって
いわれてたから、50近かったりして・・・
45は絶対いってるよね〜
ところで、今夜の「オーラの泉」三谷幸喜だよね〜!
3. Posted by ヨーコ   2006年02月08日 14:09
そ〜なのっ!見逃しちゃダメよ〜!!
この前の「トップランナー」がリリーさんだったのは見たかな?
本上まなみと仲良しらしくて、なかなか面白かったよ♪
4. Posted by きこり→ヨーコさん   2006年02月08日 14:59
うっそ〜ん!見逃したよ〜
ショック!!
本上まなみと仲良しですって〜!ニクイわ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「美味い話にゃ肴あり」「大江戸酒道楽」ラズウェル細木「リンカーン」おぎやはぎ企画