サロマ湖旅行  シゲチャンランド「大奥’83」ついに終焉

2005年05月05日

5月3日の「くりぃむナントカ ナントカ1ミニッツ、ナントカ告知」

 5月3日の「くりぃむナントカ」は、まず「ナントカ1ミニッツ」。
ゲストの体内時計のみで芸をして、それが一分だったら100万円もらえるというコーナー。
チャレンジに失敗すると罰が待っています。

 今回のゲストは安田大サーカス。
hiroが一生懸命カウントしながら芸をしたにもかかわらず、1分21秒7と大幅にオーバー。
罰の音声のメノちゃんのビンタに、黒ちゃんは
「むしろありがたいぐらいですよ」と言いつつかなり痛そう。
こんなにビンタがうまく決まる人初めて見ました。

 「ナントカ告知」のゲストは北陽
自分の身内の書いた自分のいい所を当てると言うゲームだが・・・

 回答者はおぎやはぎ大好きマネージャー、担当スタイリスト、相方。
虻川の回では、
  ・華があるとも、・着こなし上手とも、・おもしろいとも思ってもらえず、
回答は、
  ・現場まで電車で来る → 天狗になっていない
  ・メンズサイズの服が着られる → 図体がデカイ
  ・ソフトボールがうまい
としか思ってもらえないという結果に。

 虻ちゃんもなー、むずかしい時期ですよね〜。
はねとび」では、いじめられキャラとか、山田邦子の流れをくむ
女性らしさを排除したような女のキャラをやっていて、
見ていて苦しいものがあったが、バラエティでも意外と使えないしなー

 CMでやっている男の子のキャラが虻ちゃんの限界を現しているのかも・・・
中性的に生きていくしかないのでしょうか。
女芸人は、おしゃれでは成立しないのかもしれんが、
ただ汚れてるのもね〜、見ていて悲しいわ。
今後どうしていったらいいか、悩むところだよね〜。

 伊藤ちゃんよりはましだが・・・・
伊藤ちゃんの回は、
  ・オモシロくもなく、・乙葉よりカワイくもなく、・気が利くいい人でもない、
  ・もちろん恋の達人とも思ってもらえない・・・

 回答は、
  ・帰りのタクシーに一緒に乗るかいつも聞いてくれる。
  ・衣装の買取が多い、でも1万以上のは買わない。
  ・怒られたことを憶えていない・・・でした。

 伊藤ちゃんこそ、あぶないよなー、
中途半端に、年取っててかわいいというか、
いとうまいこのブサイク版のような・・・・
「はねとび」(11時代になってからは、おもしろくなくなったので、
見ていないから、変わっているのかもしれないが)でネットアイドルの役とかやってた時は
よかったんだけどねえ・・・なかなかそんな風にうまくはまる役もないしな。
「笑っていいとも」でも活躍しないし、周りもどう扱っていいやら
というのが見えるのが、苦しいわ。

 女芸人としては、いちおう成功したレベルにいる彼女達の今後が心配です。  




このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. すっごぃアクセス上がったよ!!  [ 上原ココア ]   2006年04月20日 17:17
SpeedBlogランキングってのに登録したらすっごいアクセス上がりまくりだよ!しかもマヂ爆笑できる面白いブログがいっぱぃあって、こんな面白いブログがいっぱぃあるんだぁってなんか不思議な感じだった!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サロマ湖旅行  シゲチャンランド「大奥’83」ついに終焉