「赤い疑惑」第一夜猫の一日

2005年06月17日

「汚れた舌」第十回

 千夏(飯島直子)の花屋にやって来た杏梨(牧瀬里穂)。
店内の花を一本ずつ折っていく。ぽき、ぽき、ぽき・・・
「死にぞこなったんだってね。よく恥ずかしくなく帰って来たじゃない?」

 一本一本ちぎるのはけっこう手間ですよ。

「この色狂いの毒虫!!」

うーむ、泥棒猫とかならよく聞くが、毒虫とは・・・
選び抜かれたワードですな〜。

 「この花全部いただくから包んで頂戴」
床をはいつくばって花を拾う千夏。そこに一万円札がぱらぱら〜
「おつりはいらないわ。二度と人を自殺騒動なんかに巻き込まないように
しっかり食べるんだわね」

 ここまでお下品になれるとは・・・
しかし、憎い相手の前に金をばらまくとかって昔のドラマでは
よくあったような。
でも、二万とは普通すぎます。
どうせなら、もっと豪勢にまいて欲しかったです。

 家へ帰った杏梨は豪華な料理を作って耕平とディナーを。
「千夏さんのふたたびの命にカンパーイ!!」

 このテンションの高さがコワイです。
絵に描いたような張り付いた笑顔。
牧瀬里穂も撮影の後は顔のマッサージとかしないと
日常生活には戻れないでしょう。
あからさまにうんざりした耕平の表情も気にならないとは・・・
行くところまで行っちゃいましたか。

 千夏は『あの部屋に一人でいたくありません』と夜にランニングを開始。

 この発想がすごいです。
プラスなのかマイナスなのか訳わかんなくなってます。

 そして、寝室のベッドに千夏のところで買った花をちりばめて
その上に鎮座、耕平にむかって手をひろげる杏梨。

 いや〜こうなるともうホラーの領域です。
こんな状態でも加藤は夫の義務がはたせるのでしょうか?
さすが狂犬です。

 耕平、光哉(田中圭)、弘子(森口遥子)は三人でげんなり。
「あー、結婚なんて、しても地獄しなくても地獄。一番の天国は
私みたいにお金と子供を残して死んでくれる夫よね〜」

 出ました、弘子語録。本当に心から思って言っているのが気持ちいいです。

 杏梨の夜は眠らない。
家を抜け出して千夏の店へ行き花をしまってある
冷蔵庫のコンセントを引き抜くという裏技を・・・。
 朝、出勤してきて枯れた花を見てショックを受けた千夏は
ついに耐えられなくなって泣き崩れる。
夜、ジョギング出かけようとしたところに杏梨にあいそをつかして、
家を出る決心をした耕平がやってくる。
 「もう家に帰らない」「愛してるわ」
『うそではありません。もう一人でいなくていいのだと思ったとき
耕平を一番愛していました』

 やっぱりねー。都合のいい男ですよ。
勝手に借金払ったり(218万という中途半端な金額)するから
とことん利用されることになるのです。
倒れた先にひいてあったマットレスみたいなもんです。
最終回、一番みじめな人候補癸韻蝋綿燭任靴腓Δ。

 耕平の家では杏梨VS弘子の最終戦争が勃発していました。
「その曲がった根性って貧しく育ったせいですか?」
「アンタなんて一人で食べることのできないハンパ者じゃないの!」
エスカレートする戦いに、弘子は「お店をやめさせていただきます」
さらに「赤坂ヒルズの契約、利益は全部私のところに入ってくることに
なってるのよ」と切り札を・・・。
 まあ、弘子ならこれぐらいはやるでしょう。
世の中は弱肉強食、強いものが生き残るのです。
このまま逃げ切れるか、弘子。
 最後に笑うのは誰だ? 



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:35│Comments(3)TrackBack(3)「汚れた舌」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 汚れた舌 第十話  [ てれび日和 ]   2005年06月17日 20:56
『色狂いの毒虫』千夏(飯島直子)の店で杏梨(牧瀬里穂)は千夏を罵り、床に自分が折って散らかした花を拾わせて買い取った。弘子(森口瑶子)は千夏を心配して家に訪ねて行くが、空元気を振りまく千夏のことが余計に心配になった。耕平(加藤浩次)もそれを聞い...「気ままなNotes...」へコメントいただきありがとうございました。 放送前のリタイア候補から(飯島さん苦手なんで)、一気に上位にランクされてしまったこのドラマ。 すべて森口瑤子さんのおかげです(^^; 訳分からなさ過ぎる展開も、なんでもアリの言動も、ぜーーんぶ楽しんでました。 でも森口さんには、以前のような「頼りになる主人公の友人」役で復帰して欲しいなぁ。
2. 【ドラマ雑感】 汚れた舌 (第10回/全11回) 「色狂いの毒虫」  [ 気ままなNotes... ]   2005年06月17日 22:16
 さーーーて、このありえないバカバカしさ全開の、ドロドロドラマもついに来週が最終回。しかしながら、江田千夏(飯島直子)の母・典子(松原智恵子)が死んでからが停滞してしまった気がするなぁ(まるで『あいくるしい』のよう)。ちょっとやそっとの演出じゃあ、期待の方が「気ままなNotes...」へコメントいただきありがとうございました。 放送前のリタイア候補から(飯島さん苦手なんで)、一気に上位にランクされてしまったこのドラマ。 すべて森口瑤子さんのおかげです(^^; 訳分からなさ過ぎる展開も、なんでもアリの言動も、ぜーーんぶ楽しんでました。 でも森口さんには、以前のような「頼りになる主人公の友人」役で復帰して欲しいなぁ。
3. すっごぃアクセス上がったよ!!  [ 上原ココア ]   2006年04月20日 17:51
SpeedBlogランキングってのに登録したらすっごいアクセス上がりまくりだよ!しかもマヂ爆笑できる面白いブログがいっぱぃあって、こんな面白いブログがいっぱぃあるんだぁってなんか不思議な感じだった!!

この記事へのコメント

1. Posted by みんと   2005年06月17日 21:06
こんばんわ。
千夏の逃避がジョギングだったのには、私も
「へ?なんで?」でした(笑)
弘子節は今週も凄かったですよね。
2. Posted by きこり   2005年06月18日 06:16
みんとさま、
今期のドラマで一番濃かったこのドラマも
来週最終回。
やっぱ、一番印象に残ったのは弘子ですかねえ。
一度こういうドラマに出ると、またどろどろ系の出演の
依頼とか来るかも・・・次はフジTVの昼ドラとか・・・。
3. Posted by pixy_japan   2005年06月18日 17:27
「気ままなNotes...」へコメントいただきありがとうございました。
 放送前のリタイア候補から(飯島さん苦手なんで)、一気に上位にランクされてしまったこのドラマ。
 すべて森口瑤子さんのおかげです(^^;
 訳分からなさ過ぎる展開も、なんでもアリの言動も、ぜーーんぶ楽しんでました。
 でも森口さんには、以前のような「頼りになる主人公の友人」役で復帰して欲しいなぁ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「赤い疑惑」第一夜猫の一日