「ドラゴン桜」第九回「コドモのコドモ」第三巻 さそうあきら

2005年09月05日

「はるか17」第八回

 ドラマを途中降板した形になったはるか(平山あや)は、栃木の実家へ戻る。
落ち込んでいる遥に父親(ガッツ石松)は、
「どこの世界でもあることだ。まっすぐに歩いていけば必ずわかってもらえる。一度や二度のつまづき人生にはあることだ」となにげに伝える。

 いいお父さんじゃないですか。ガッツ石松さんって演技してんのかどうか
わからないとこがありますが。このドラマの出演者たち、ほどんどが微妙なので
こういう素朴な色のひとがいるとほっとしますね。

 崎谷(杉本哲太)が童夢企画にやってくる。
福原(古田新太)は、はるかの降板劇は全部ファインプロのさしがねだったと気づく。さらに、崎谷ははるかをファインプロに移籍させないと本気でつぶすと脅しをかける。はっきりと断る福原だったが迷いが・・・。

 いまいち崎谷の考えが読めませんねぇ。
ファインプロでの位置も、力があるんだかないんだかあるんだか・・・。
それに、はるかがそんなに会社を賭けてつぶすような相手なのかという
根本的な問題ももちろんあるんだが、
やっぱりただ単に福原に嫌がらせをしたいだけなのか?

 ファインプロ社長に競技場に呼び出されたユリ。
ヘリコプターから飛び降りて着地した社長は「ドラマは体力だ」と言ってユリを鍛えようとする。

 出ました。謎の金がかかっている場面。
何なんだろう・・・・これって・・・。
まるで予算が余ってるから使うのに困って金がかかりそうなものを出してるように
見えるんですが・・・。
2人でトラックを走ったり、少林サッカーをパロったりしてるけど、
笑えないという・・・何を意図してるんだろうか。
 いつも冷たい目で社長を見下しているユリと社長のプレイ?の説明?

 実家でだらだらと過ごしていた遥は、家の近所で、
ドラマで知り合った助監督の森山と偶然会う。
森山から代役はユリがやっていることを知り、またしても自信をうしなう遥。

 今回の韓国ドラマ
主演女優が「私みたいな女の子があなたに好かれるわけが・・・」とか言ってたけど
けっこうふけてるじゃん!女の子じゃないじゃん!

 童夢プロでは桃田(金子貴俊)が福原と崎谷の関係を幸子に聞いていた。
どうやら昔、オグちゃん(深沢敦)と取り合ってもめたらしい。
その尾倉はファインプロの社長とチビにユリのメイクを担当するように
頼まれるが断る。間に挟まれたプロデューサーの伊賀崎(佐藤二朗)はお疲れ気味。

 まあ、腕のいいメイクアップアーティストを取り合ったということなのでしょうが・・「卒業」とはベタベタですねー。
 伊賀崎さん、クマがくっきり・・・
だんだんこのドラマ、何もかもがコントふうになってきたのでは・・・?
 尾倉さん、相手が誰であろうと毅然としてかっちょいいですね。ステキです。

 森山にお祭りに誘われた遥はいそいそ、うきうき・・・
自分を訪ねてきた桃田の存在にも気がつかない。そんな遥をつけている不審な男が・・。
 一方童夢企画では福原が尾倉に相談中。
はるかを守ってやれなかったと悔やむ福原に
「あのこは自分を必要としてくれるところで輝けるのよ。
愛情をもって育てていけるかが大事じゃないの。
それに、あの子の笑顔を引き出したのはあなたじゃないの」と。

 いいこと言うじゃないか、オグちゃん。
やっぱり福原にとって大事なパートナーですよ。

 お祭りにきた森山と遥はいいムード。
森山は、実ははるかを追って栃木までやってきたことを告白。
盛り上がってきた2人はチュ・・・しかし、そんな場面を撮らえる者が・・・。

 何か、意外と簡単におちるね・・・遥。
しかも、チューのお口が微妙にずれてるとこ写ってるし・・・。
やるんならきちんとやってほしいなあ・・・こんなとこまでが中途半端とは。

 来週もロケ、金がかかっていそうですよ。
かなり見る気力が失せてきましたが・・・オグちゃんと伊賀崎さん目当てで見ます。


マンガのオグちゃんと伊賀崎さんはどんなだろ・・・

はるか17 (Volume7)
はるか17 (Volume6)



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:11│Comments(3)TrackBack(5)「はるか17」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. はるか17Act.8を見た!(と”はるかパス”のまとめ〜Act.8)  [ 『日々見聞きしたもの…。』 ]   2005年09月05日 22:03
はるか17 Act.8 の感想です。 今週号のザテレビジョンは”はるか”が表紙、前回ドラマ中で取材&撮影してましたからね!本当に表紙を飾ってます。こんなコラボも面白いで〈ちーずさん、そうですか〜、私はドラマよりもコミックの方に興味が移りそうですよ。漫画のほうはもっとまじめな感じなのでしょうか?どんなふうに違うのか見てみたいわ。ブックマートで立ち読みしてこようかな。健太郎さんこのドラマの根本である遥が宝石の原石・・・という設定自体、いまいち納得がいかないような・・・。それとも時間をかければ輝くのかな〜?脚本家も遥を育てることより遊びのほうに夢中になってるような・・・
2. はるか17 第8話  [ どらま・のーと ]   2005年09月07日 09:33
『ドラマ降板・・・さらなる悲劇』 崎谷の策略で、東和テレビのスペシャルドラマ「お父と…」を降板させられた遥は、 やり切れない思いを抱えたまま帰省する。 その頃ファインプロでは、崎谷がユリに脅迫まがいの圧力をかけ、遥の代役として ドラマに出演することを命じてし...ちーずさん、そうですか〜、私はドラマよりもコミックの方に興味が移りそうですよ。漫画のほうはもっとまじめな感じなのでしょうか?どんなふうに違うのか見てみたいわ。ブックマートで立ち読みしてこようかな。健太郎さんこのドラマの根本である遥が宝石の原石・・・という設定自体、いまいち納得がいかないような・・・。それとも時間をかければ輝くのかな〜?脚本家も遥を育てることより遊びのほうに夢中になってるような・・・
3. 『はるか17』 第8話  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2005年09月07日 22:54
『はるか17』第8話 9/2(金)放送先週のファインプロの陰謀でドラマを降板したはるか(平山あや)。実家に帰ってしばらく休養をとる事に。実家でのんびりと過ごしてます。はるかの事務所、夢導企画にファインプロのマネージャー(杉本哲太)が訪れドラマの降板....ちーずさん、そうですか〜、私はドラマよりもコミックの方に興味が移りそうですよ。漫画のほうはもっとまじめな感じなのでしょうか?どんなふうに違うのか見てみたいわ。ブックマートで立ち読みしてこようかな。健太郎さんこのドラマの根本である遥が宝石の原石・・・という設定自体、いまいち納得がいかないような・・・。それとも時間をかければ輝くのかな〜?脚本家も遥を育てることより遊びのほうに夢中になってるような・・・
4. テレビ朝日「はるか17」第8話:ドラマ降板…さらなる悲劇  [ 伊達でございます! ]   2005年09月22日 04:33
崎谷の策略が着々と進む一方で、実家に戻ったはるかは、訪問を受けた森山とデート。そんなことをしていていいのか? カメラが狙っているぞ。一難去ってまた一難の予感。ちーずさん、そうですか〜、私はドラマよりもコミックの方に興味が移りそうですよ。漫画のほうはもっとまじめな感じなのでしょうか?どんなふうに違うのか見てみたいわ。ブックマートで立ち読みしてこようかな。健太郎さんこのドラマの根本である遥が宝石の原石・・・という設定自体、いまいち納得がいかないような・・・。それとも時間をかければ輝くのかな〜?脚本家も遥を育てることより遊びのほうに夢中になってるような・・・
5. すっごぃアクセス上がったよ!!  [ 上原ココア ]   2006年04月20日 17:49
SpeedBlogランキングってのに登録したらすっごいアクセス上がりまくりだよ!しかもマヂ爆笑できる面白いブログがいっぱぃあって、こんな面白いブログがいっぱぃあるんだぁってなんか不思議な感じだった!!

この記事へのコメント

1. Posted by ちーず   2005年09月07日 09:36
こんにちは!
時々このコミックを読んでいるんですが、私はオリジナルにない
コミカルさを割り切って楽しんじゃってます。(笑)
オグちゃんと伊賀崎さん、いい味出していらっしゃいますよね!!
2. Posted by 健太郎   2005年09月07日 23:10
はじめまして。
だんだんとネタドラマになりつつあるように感じるのですが大丈夫なのでしょうか?
面白いことは面白いのですが、ネタで面白いのは本末転倒な気がします。
『ミステリー民俗学八雲樹』の時の平山あやはすごく可愛かったんですけど、『はるか17』の平山あやはどうも素の時の野暮ったさが影響してかあんまし可愛くないです。
あと2回で挽回できるかどうか…
3. Posted by きこり   2005年09月08日 06:05
ちーずさん、
そうですか〜、私はドラマよりもコミックの方に興味が移りそうですよ。漫画のほうはもっとまじめな感じなのでしょうか?どんなふうに違うのか見てみたいわ。
ブックマートで立ち読みしてこようかな。
健太郎さん
このドラマの根本である遥が宝石の原石・・・という設定
自体、いまいち納得がいかないような・・・。
それとも時間をかければ輝くのかな〜?
脚本家も遥を育てることより遊びのほうに夢中になってるような・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ドラゴン桜」第九回「コドモのコドモ」第三巻 さそうあきら