「オーラの泉」 オダギリジョーの回「小早川伸木の恋」第一回

2006年01月13日

「白夜行」第一回

 ゴージャスな服に身を包んだ美しい女が歩いている。
ふと、見ると歩道橋の上から男が「亮!」と叫んでいる。
目線の方を見てみると、サンタクロースの衣装の男が血を流して倒れている。
駆け寄ろうとするがやめる。
 『俺たちの上に太陽などなかった。
だけど、暗くはなかった。太陽に代わるものがあったから』(男の声)
 『夜を昼だと思って生きることができた。
明るくはないけど、歩いていくには十分だった』(女の声)
 『あなたは俺の太陽だった。まがいものの太陽だった・
だけど、明日へと昇ることをやめない俺のたった一つの希望だった』
「りょう・・・」でも、前には進まない。
『あなたは私の太陽だった。偽者の太陽だった。
だけど、その身を焦がし道を照らす私のたったひとつの光だった』
 そのまま去っていく女。涙が流れるがそのままに・・。
血まみれのサンタの上には雪が舞っている。

 オープニングからぐいぐい引き込まれました。
この最初の言葉は原作にあるのでしょうか?
だとしたら、原作を読んでみたいと思いました。

 1991年秋小学生の亮司(泉澤祐希)の家は質屋。
母親は店の従業員の松浦(渡部篤郎)と納戸で
情事を楽しむ毎日。父は気づいていない。
 そんな家で不満を抱きながら、自分の部屋でひっそりと切り紙細工を
しながら生息している。
 雪穂(福田麻由子)の家は母一人子一人。
母親はいつも飲んだくれて、その世話を雪穂がしている。
 そんな2人が図書館で出会った。
積極的に話しかける亮を最初は無視していた雪穂だったが・・
「この前、橋のところで何していたの?」
「どぶに咲く花があるっていうから探してただけ」

 その言葉から辞典で調べ、それが蓮の花だと知った亮は
雪穂のために紙で蓮の花を作って川に浮かべる。
流れていく蓮を追いかけていく雪穂。
「すごいきれいだった。あんなの初めて見た。こんなことってあるんだね・・」
泣きながら話す雪穂。
「何で親切にしてくれんの?」
「ぼくと似ているような気がして・・」
川に写った月を指差して「花みたいに見えない?」

 孤独な少年の亮と何か秘密と悲しみを秘めている雪穂が出会って
親しくなっていく。美しくて自然な場面でした。
しかし、進藤さん(福田麻由子)はうまいです。
この年齢で目で訴える演技ができるとは・・・将来が楽しみです。
 この2人を見守る図書館で働く谷口さん(余 喜美子)が今後どのように
関わってくるのでしょうか。まさか悪い人になったりしないよね?

 2人が仲良く手をつないで歩いていると、亮の父親(平田満)と出会う。
その顔を見た雪穂は手を振り払って逃げていく。
家に帰った亮は父親から「あの子とは二度と会うな」と怒鳴られる。
その日から図書館にも現われず雪穂に嫌われたと思って悩む亮司。

 雪穂がアパートに帰ると、ケーキの箱が置いてある。
それを見た途端逃げ出そうとする雪穂。
「私、もうやだ!」
むりやり母親に連れ戻され、
「200万もらったのよ!私だって、お父さんが死んでから同じことをしてきたのよ!何でそんなわがままばかり言うの!」
ひっぱられてある場所につれて行かれる雪穂。

 と、ここで録画状態が悪くなり見ることができなくなりました・・・
オー、マイガーーー!!
困った時の「どらま・のーと」さんと「どらまにあ」さんのブログで・・
それと「白夜行」のホームページへ行って内容を確認させていただきました。
こんな重要な場面が見られなかったとは・・・

 ところで、福田麻由子ちゃんが綾瀬はるかさんの子供時代を演じると
知った時は、あ〜合ってるかも・・・と思っていたのですが、
実際見てみると、少女の頃の雪穂の印象がかなり強く
成長した雪穂はもっと硬質な感じの美少女になっているのでは?と思いました。
ちょっと、綾瀬はるかさんでは線が細いように感じました。
 でも、綾瀬さんのもつ繊細で危うい雰囲気、ガラス細工のような美しさは
この主人公らしいとも言えるので今後に期待したいと思います。

 山田孝之さん、このあまりにも辛い愛をどうやって表現してくれるのか
すごく楽しみです。
 渡部篤郎さん・・きっとこの松浦って男はとんでもない腐りきった男で
のちのち亮を苦しめそうですが・・・そんな張り付いたら離れないような
どうしようもない男がぴったり。気になりますね〜

 武田鉄矢さん、オープニングで出てきた時、
金八さん何叫んでんだ?と思ってしまいました。
どうかこのドラマで、私の中の金八さんを消してください。

 来週が待ちどうしいです〜

 思いもかけない再放送で全部見ることができました。(1月15日)
福田麻由子ちゃん、泉澤祐希くんの演技すばらしかったです。
少女ながらも、したたかに強くスカーレットのように生き抜いてやると誓った目、
亮司を見つめる優しい目、はかなげな面と野生的な面の両方を感じさせて
印象に残る演技でした。
 泉澤君も、雪穂に対する父親の仕打ちを知った時の悲しみと憎しみ、
その後の後悔を素直に演じて、初恋の切なさを感じさせました。
父殺しと母殺し、お互いのために犯した罪を背負いながらどうやって生きていくのか
それは許されないことなのか・・・考えさせられるドラマになりそうです。

 それにしても・・・武田鉄矢の関西弁・・・どうよ?
博多弁でいんじゃねーの?原作がそうなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:31│Comments(16)TrackBack(10)「白夜行」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「白夜行」  [ アンナdiary ]   2006年01月13日 19:54
東野圭吾記念碑的名作奇跡のドラマ化!!少年はなぜ父と?少女はなぜ母を?14年間の壮大な愛と絶望の物語。脚本・演出・プロデューサー&主演全て「世界の中心で、愛をさけぶ」のメンバー。切ないの通り越して、重かった〜〜〜〜〜重過ぎて重過ぎて。この重さがずっと続くの...
 白夜行(新番組)「東野圭吾記念碑的名作奇跡のドラマ化!!少年はなぜ父を?少女はなぜ母を?14年間の壮大な愛と絶望の物語」◇幼いころに親を殺した男女2人が手を取り合って生きてきた14年間を描く。東野圭吾原作、森下佳子脚本、平川雄一朗ほか演出。亮司(山田孝之)と雪...
3. 白夜行 第一話  [ どらま・のーと ]   2006年01月13日 22:49
=2005年 12月24日= クリスマスのイルミネーションが輝く夜の街。 美しく着飾った唐沢雪穂(綾瀬はるか)は、自分の為に集まってくれた人々に 感謝の言葉を述べながら見送っていた。 雪穂の薬指のリングに雪が舞い落ちる。 ふと、振り返る雪穂。 歩道橋の上から男(武田鉄也....
4. 白夜行 第一話  [ どらまにあ ]   2006年01月14日 21:00
2005年、クリスマスイブ。 歩道橋の下にサンタクロースの服を着た男が倒れている。桐原亮司(山田孝之)。 その胸元には外国製のハサミが刺さっていた。
5. 白夜行 第1話  [ あるがまま・・・ ]   2006年01月15日 15:39
切な過ぎる…。・゚・{/namida/}(ノД`){/namida/}・゚・。 うえええん 東野圭吾記念碑的名作奇跡のドラマ化!! 少年はなぜ父を?少女はなぜ母を?14年間の壮大な愛と絶望の物語 初回は2時間かぁ・・・内容も重たそうだしなぁ・・・ と、あまり気乗りして無かったのです...
6. 【テレビ】白夜行(第1回)  [ まぁ、お茶でも ]   2006年01月15日 21:14
初めから丹念に悲劇の主人公達の日常が描かれていました。これは、しっかり見なくてはいけないと、当日アップは、出来ませんでした
7. 白夜行 第1話  [ みんなのうた♪ ]   2006年01月16日 00:29
セカチューコンビが、再びドラマで共演!セカチューは毎週見てました映画は見てないけど、ドラマはなかなかでした今回はドラマのストーリーが、面白そうだなと思ったので見てみました。 簡単なストーリはこちら。2005年のクリスマスイブ。歩道橋の下でサンタクロースの服を...
8. 白夜行 第1話  [ みんなのうた♪ ]   2006年01月16日 00:29
セカチューコンビが、再びドラマで共演!セカチューは毎週見てました映画は見てないけど、ドラマはなかなかでした今回はドラマのストーリーが、面白そうだなと思ったので見てみました。 簡単なストーリはこちら。2005年のクリスマスイブ。歩道橋の下でサンタクロースの服を...
9. 白夜行 1  [ 思い立ったが吉日 ]   2006年01月16日 14:58
体調を崩しておりまして、ようやく回復しました。ドラマ感想アップのエンジンをかけて行きたいと思いますので、今クールもよろしくお願いします!皆様も体調にはお気をつけて下さい。{/hiyos/}{/hiyos/} 『第一話』 初回の感想は、チャレンジ精神を感じたドラマ。 原作の...
10. 白夜行・第1話  [ あずスタ ]   2006年01月17日 21:31
作家・東野圭吾さんの名作小説「白夜行」が、このたびTBS系でドラマ化されました。メインキャストの山田孝之くんと綾瀬はるかさん、プロデューサーの石丸彰彦さん、脚本の森下佳子さん、演出の平川雄一朗さんや石

この記事へのコメント

1. Posted by アンナ   2006年01月13日 19:53
こんばんは

昨夜はあまりにも衝撃的な始まりで、どう受け止めていいのか戸惑いました。あまりにも重くて、重くて、重くて(苦笑)重いけど、2人がどんな人生を歩んでいくのか見守りたいと思います。

福田麻由子ちゃんの横顔が綾瀬はるかさんによく似てましたね。
2. Posted by ちーず   2006年01月13日 22:39
こんばんは。
やっと後半部分を書き終えることが出来ました。
録画状態が悪かったとのこと、再放送などがあると
いいですね。

とにかく子役が素晴らしかったです。
綾瀬さんは、まだほんわかした雰囲気しか見せてくれて
いないけど、これから子ども時代の強さを
魅せてくれるかな?
武田さんが怖いです!!
3. Posted by きこり→アンナさん   2006年01月14日 06:51
本当に。
自ら重いものを背負ってしまった幼い子たちが
どんなふうに生きていくのか、
どんなふうに愛をつらぬくのか・・・
そしてそれは許されることなのか、
見つめたいです。
4. Posted by ヨーコ   2006年01月14日 08:24
こっちを見たのね!
私はこっちを録画して、けものみち見ちゃった(笑。
だから、まだ見てないのよね〜。
だからきこりさんの記事はビデオ見るまで読まないわっ!
ちらっと見た所、内容はおもしろそうなのに武田鉄矢の関西弁が変だった・・・いっそ博多弁にしちゃえばいいのになぁ〜。
5. Posted by きこり→ちーずさん   2006年01月14日 09:42
そうですね。
綾瀬さんが繊細な美しさだけでなく
強く激しいものを見せてくれることを
期待します。
それにしても、福田麻由子ちゃん女優だわ〜!
すっかりファンです。
6. Posted by きこり→ヨーコさん   2006年01月14日 09:48
今回は録画状況が厳しい中、
「白夜行」をビデオで、「けものみち」と「小早川」を
DVDで、しかも「小早川」が「けものみち」と重なる時間があったんで、5分遅れで見たよ。
 なのに、ビデオ録画が半分映像がみだれちゃってさ・・・
娘と見ててすごいストレスたまったよ〜
こっちをDVDにすればよかったーーー
7. Posted by まりこ(^▽^)   2006年01月14日 22:13
こんばんは
武田さんは、金八先生の印象が強いですね・・
私も、言葉の言い回しこそ違えど
背後に金八先生が見えてしまいました(笑)

重い物語ですが、ストーリーに引き込まれそうです。
8. Posted by きこり→まりこさん   2006年01月15日 08:23
あの髪型をどうにかすればいいと
思うんですけどね〜
また金八先生が始まった時のために伸ばしてるのでしょうか?気になります。
ドラマはかなり惹かれました。
9. Posted by まこ   2006年01月15日 15:51
マジでおぉ〜まいが〜!録画の失敗残念でしたねー(T_T)
4本もある木曜ドラマ。他の曜日に分散してくれれば
助かるんですけどねー。ぶつぶつ・・・
最初は暗そうだし重そうだしと、腰がひけてたんですけど、
麻由子ちゃんの熱演に思わず画面に惹き込まれちゃいました!
キャリアといい演技力といい、
もはや子役というには失礼なくらいに立派な女優さん♪
あまりに子供時代の二人が素晴らしかったので
成長した二人にも感情移入出来るかが心配(笑)。
10. Posted by きこり→まこさん   2006年01月15日 17:41
ショックを受けていたら、なんと今日まさかの再放送が。
もちろんかぶりついて見ましたよ!
いや〜重いけど、子役の演技がすばらしかった!
ホント福田麻由子ちゃんの演技力にはびっくりです。
雰囲気のあるステキな女優さんになるでしょうね〜
私は福田麻由子ちゃん→綾瀬はるかさんに
ちょっと違和感感じてるけど、見ているうちに消えるかな〜
11. Posted by mari   2006年01月15日 21:03
きこりさん、こんばんわ〜。
暗くて重たくて、記事アップできなくて、
2回も見ました。
出口も無い2人に、光明は指しませんね。
心が痛くなりました。
12. Posted by あい   2006年01月15日 22:16
武田鉄矢の関西弁は不自然すぎますよね
博多弁でよかったのでは?(笑)
でもこのドラマは重く切ないドラマですね〜
来週も目が離せません!!
来週はちゃんと録画してくださいね!(笑)
13. Posted by きこり→mariさん   2006年01月16日 06:35
ホントに、見ていて苦しかったけど
生き抜いてやろうという雪穂の強い意志に
惹かれました。対する山田孝之のぬけがら顔にも。
まだ渡部篤郎と付き合ってるし・・・だめじゃん!
14. Posted by きこり→あいさん   2006年01月16日 06:37
そうですよね〜
もう、どこの言葉でもいいじゃん!って感じです。(笑
昨日再放送が見られてさらに感動というか
うーむ、すごいドラマ&原作だ・・と実感。
今週は大丈夫・・と思うけど、
木曜は録画ラッシュだからなあ・・・
15. Posted by lavish   2006年01月16日 15:05
こんにちは。
TB有難うございました!

武田さんの関西弁、確かにちょっと不自然でしたねぇ。
ただ原作では、執拗に追いかける刑事は、亮司と雪穂と同じ大阪出身になっているので、それを大切にしたのかもしれません。
私的見解では、このドラマで「大阪」という設定は結構大切にしている感じがあったので、武田さんにはもっと関西弁を勉強するのがベストの気がしました・・・。

しかし子役2人は素晴らしかったです!本当に驚きました。
彼らの11歳のときの事件が、これからの彼らの人生を左右するものなので、大切に表現されておりよかったと思います。
暗く重たい話ですが、次回からの展開が楽しみです。
16. Posted by きこり→lavishさん   2006年01月16日 16:30
この第一回のお互いが殺人を犯す場面が始まりですから、
そこをすごく丁寧に描いていて好感を持ちましたし、
見ごたえ十分でした。
とにかく印象に残る子役の2人、演じきりましたね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「オーラの泉」 オダギリジョーの回「小早川伸木の恋」第一回