「曲がり角の彼女」第4回今月の「猫の宝もの」

2005年05月13日

「汚れた舌」第五回

 いや〜今週は飛ばしたね〜内舘ドラマっぽくなってきたね。
純真な子と思っていた田中圭・・・
やっぱり森口遥子の息子ね。
あちこちで、「僕は兄さんの味方だから」「姉さんの味方だから」連発。
泣いてすがりつく牧瀬里穂を抱きとめながらも、しらけた顔を・・・

 金沢へ行った松原智恵子、白川の工房を訪ねて盗んだ包丁で
切り付けるも失敗。
こら!やる気あんのか!
あんなに「殺す、殺す」と叫んでいたのにあんなへっぴり腰じゃだめじゃん!
殺せなかったらせめて壷を割って暴れてくるとかせんと・・・
説得されてるようじゃ来た意味ないじゃん!
金沢から憔悴して帰って来た松原・・・一気に老けたね。

 すっかり根性抜かれた松原、包丁恐怖症に・・・
「白川の話は止めて!」
うーーん、所詮世間知らずのおばさんの恨み言だったか・・・・
もっとはじけてくれると思ったのに。

 千夏(飯島直子)と会って夜遅く帰って来た耕平(加藤浩次)に
田中圭の悪魔の声が・・・・
「姉さんにもう愛情ないだろ」
「女って責任感と愛情の区別がつかないんだよな」
「飽きた女より別のおんな。飽きた女より仕事の方がおもしろいよね」
まるで、人格障害のような豹変振り・・・・
やはり血は争えないのでしょうか。
今後が楽しみなキャラクター登場です。

 白川と話せなくてもんもんとする千夏、
ふうせんをたくさん買って耕平のもとへ。
こんな女絶対やばいっすよ。
耕平の心の非常ベルは鳴らなかったのでしょうか。
「つらい時にはおいで」と腕を広げる耕平。
似たもの同士でしょうか?
しかし、突然ふうせんを割り始める千夏。
エキセントリックな、危険な女を表現?

 白川と知り合った耕平は、何も知らずに千夏の前で耕平をべた褒め。
『同姓が憧れる白川の女は私よ、と快感がつらぬきました』
でた、今日の一言。
こういうのがあるから千夏は白川との付き合いが止められないのです。

 森口遥子は、ののしられた仕返しに耕平を
千夏と一緒にいる農園呼び出した。
楽しみにしていた友達の結婚式の二次会を抜けられた
牧瀬里穂、怒り狂って農園へ登場。
つけていたのね・・・・・キョワイ・・・・
第二の富田靖子・・・でしょうか。

来週も荒れそうですね。楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 12:58│Comments(0)TrackBack(3)「汚れた舌」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【ドラマ雑感】 汚れた舌 (第5回/全11回) 「母の罪・娘の罰」  [ 気ままなNotes... ]   2005年05月13日 22:28
 前回の最後の2つのエピソード、涼野耕平(加藤浩次)と江田千夏(飯島直子)のキスと、白川隆一郎(藤竜也)の家に乗り込んだ母・典子(松原智恵子)の話から。  耕平と千夏は、結局キスどまり。  キスしたことで、千夏にも多少の心境の変化が出てきたかな。  白川といては得
2. 『汚れた舌』  [ 今日の注目商品: 『汚れた舌』 ]   2005年05月15日 22:51
汚れた舌汚れた舌(けがれたした)は、東京放送(TBS)系列で2005年4月14日から毎週木曜日の22:00〜22:54(日本時間)に放送される連続テレビドラマ。原作・脚本は内舘牧子。主演は飯島直子。「週末婚」、「昔の男」、「年下の男」と続いた、男性と女性の複雑な恋愛関係
3. すっごぃアクセス上がったよ!!  [ 上原ココア ]   2006年04月20日 17:51
SpeedBlogランキングってのに登録したらすっごいアクセス上がりまくりだよ!しかもマヂ爆笑できる面白いブログがいっぱぃあって、こんな面白いブログがいっぱぃあるんだぁってなんか不思議な感じだった!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「曲がり角の彼女」第4回今月の「猫の宝もの」